経済, 企業・産業

経済, 企業・産業

SBI社長、新生銀行を猛烈批判 「金を返さないのは泥棒と一緒」 | 毎日新聞

SBI社長、新生銀行を猛烈批判 「金を返さないのは泥棒と一緒」 「(注入を受けた公的資金約3500億円の)金を返さないのはありえない。泥棒と一緒」と厳しく批判。新生銀側が求めている買い付け価格の引き上げには応じない考えを示しました。

2021/10/28 14:40:00

SBI社長、新生銀行を猛烈批判 「金を返さないのは泥棒と一緒」 「(注入を受けた公的資金約3500億円の)金を返さないのはありえない。泥棒と一緒」と厳しく批判。新生銀側が求めている買い付け価格の引き上げには応じない考えを示しました。

インターネット金融大手SBIホールディングス(HD)の北尾吉孝社長は28日、同社が株式の公開買い付け(TOB)を実施している新生銀行の経営について「(注入を受けた公的資金約3500億円の)金を返さないのはありえない。泥棒と一緒」と厳しく批判。新生銀側が求めている買い付け価格の引き上げには応じない考

SBIの2021年9月中間連結決算の記者会見で発言した。TOB開始後、北尾氏が直接、新生銀について言及するのは初めて。新生銀は同日、買収防衛策の発動を諮る議案を盛り込んだ臨時株主総会の招集通知を公表するなど対抗姿勢を強めており、TOBをめぐる両社のあつれきは一層激しくなりそうだ。会見で北尾氏は、新生銀の買収に成功すれば、証券と銀行の口座連携など相乗効果が期待できると説明。「新生銀買収に何の魅力があるのと言われるが、我々なら変えられる」と自信を示した。買い付け価格引き上げ、応じない姿勢新生銀が検討する買収防衛策について「やられたらいい」と突き放し、新生銀がTOBに賛成する条件としている買い付け価格引き上げについても「びた一文も増やすつもりはない」と応じない姿勢を示した。

新生銀は株主に新株予約権を割り当て、SBIの持ち株割合を下げるポイズンピル(毒薬条項)と呼ばれる買収防衛策の検討を進めているほか、SBIに代わるホワイトナイト(友好的な出資企業)探しを続けている。北尾氏は「(SBI以上の価格で)ホワイトナイトが買うならどうぞ、お譲りします」と述べ、新生銀側を挑発した。【加藤美穂子、釣田祐喜、池田美欧】 続きを読む: 毎日新聞 »

“理容師発”の校則改革 髪型の校則で悩んだら“プロ”に相談を! - みんなでプラス - NHK

【NHK】取材班のもとに届いた1通のメッセージ。髪型の校則を巡る理容師からの戸惑いがつづられていました。

選挙の「公認」「推薦」「支持」、それぞれの事情【#あなたの衆院選】(毎日新聞) - Yahoo!ニュース選挙になると政党の「公認」「推薦」「支持」という言葉が登場します。それぞれ、どのような意味を持ちどう違うのでしょうか。ワードに着目すれば政党間の駆け引きや地域事情が垣間見えることもあります。 あなたの衆院選 毎日新聞 Yahooニュース

コロナでひきこもるがん患者の方へ 無料相談のすすめ | 医療プレミア特集 | 永山悦子 | 毎日新聞「医療プレミア」がんの影響を受けても、また自分の力で歩んでいけるように――。そんなサポートに取り組むのが、東京・豊洲にある相談施設「マギーズ東京」(※)だ。オープンから5年、誰でもいつでも無料で相談を受けられる場として、これまでに約2万8000人が利用した。新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けたが、感染

非常口トンネルの上部岩盤が崩落か 岐阜・リニア工事2人死傷 | 毎日新聞岐阜県中津川市瀬戸のリニア中央新幹線「瀬戸トンネル」の工事現場で27日に起きた崩落事故で、掘削中の非常口トンネル上部の岩盤が崩落したとみられることが関係者への取材で判明した。県警中津川署は詳しい事故状況を調べている。 中止して下さい 新幹線で十分です 労働災害ですね。安全意識の薄い受注ゼネコンの公表どうぞ

常夏通信:その117 戦没者遺骨の戦後史(63) 「門前払い」された遺族の願い | 毎日新聞戦時中に海で亡くなった兵士たちの遺体や遺骨について、政府は「水葬という風習がある」という理屈で、原則として収容してこなかった。しかし昨年この方針を変え、原則として収容することとした。これを受けて9月、ある遺族が収容とDNA鑑定を希望した。潜水艦「伊361」に乗っていた近藤誠一さんの遺子、安間妙子さ 좋아요 😂🤣😅 収容する?なら、いいじゃん。 遺骨が誰なのか特定しないということか?国のために一命を捧げた人への感謝の気持ちがあるのであればこの様な馬鹿な判断はしないはず。収容する遺体や遺骨を単に物としか考えていないのでは?こんな連中が国の中心にいるとは命を何と考えているのか?

「日本酒名乗れない」 相次ぐ若手の挑戦阻む、あの壁 | 毎日新聞「日本酒名乗れない」 相次ぐ若手の挑戦阻む、あの壁 ほぼ日本酒の製法なのに日本酒ではない。そんな酒を手掛ける若手が醸造の世界に登場しています。背景を探ると、60年以上も新規参入者が認められておらず、日本酒を造りたくても造れない実態が浮かび上がります。

北京五輪を語る:ヒントは脳波? ジャンプ・伊藤有希が「自分のために飛ぶ」意味 | 毎日新聞「今まで、自分のために飛ぶ意味が分からなかった」――。北京冬季五輪で3大会連続の五輪出場を目指す、ノルディックスキー・ジャンプ女子の伊藤有希(27)=土屋ホーム=は心境の変化があったという。「周りの人のために」と考え続けた23年の競技生活で、初めて「自分も幸せになっていい」と思えた理由を聞いた。【