“五輪代表の妹”対決実現 張本美和が平野亜子下し8強 平野は脱帽「圧倒的に強い」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

2022/01/26 10:15:00

“五輪代表の妹”対決が実現、張本美和が平野亜子を下して8強 #卓球

卓球

“五輪代表の妹”対決が実現、張本美和が平野亜子を下して8強 卓球

「卓球・全日本選手権」(26日、東京体育館)\n\n “五輪代表の妹”同士の対決が実現した。ジュニア女子5回戦が行われ、東京五輪男子団体銅メダルの張本智和(木下グループ)を兄に持つ、中学1年の張本美和

「卓球・全日本選手権」(26日、東京体育館) “五輪代表の妹”同士の対決が実現した。ジュニア女子5回戦が行われ、東京五輪男子団体銅メダルの張本智和(木下グループ)を兄に持つ、中学1年の張本美和(木下アカデミー)が、同五輪女子団体銀メダルの平野美宇(日本生命)の妹、高校2年の平野亜子(山梨・甲府西高)と対戦し、11-3、11-9、11-8で退けて準々決勝に進んだ。 張本は13歳ながら、世界ユース選手権の15歳以下の部で4冠を達成している世代最強選手。ピッチの速い攻撃で得点を重ね、ストレート勝ちで8強入りを果たした。 平野は敗れたものの、得意のサーブを効かせながら、ラリーにつないで応戦。ただ、日本代表入りもうかがうホープの強さに触れ、「やっぱりすごい。サーブも取るのが難しくて、他の技術もすごくうまかった。圧倒的に強いと思いました」と脱帽した。 平野は3姉妹の末っ子で、五輪で活躍した姉美宇に刺激も受けて臨んだ今大会、全日本初勝利を挙げるなど躍進した。強豪ぞろいのトーナメントでベスト16と健闘し、「自分の中ではすごく満足している。5年間、全国大会に勝てなかったので、こういう場でやっと勝つことができてすごくうれしかった」と声を弾ませた。

続きを読む: スポーツナビ »

大谷翔平27号2ランでメジャー通算120号 3年ぶりの1試合4安打もエンゼルスは敗れる - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(28)が、4試合ぶりの27号2ランを放った。「2番DH」で出場。9回1死二塁の第5打席、右腕フェスタのスライダーを捉え、左中間へ運んだ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

平野美宇の妹・亜子が全日本初勝利「すごく自信になった」姉の東京五輪活躍から刺激(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース「卓球・全日本選手権」(24日、東京体育館)\n\n ジュニア女子1回戦が行われ、東京五輪女子団体銀メダルの平野美宇(21)=日本生命=を姉に持つ高校2年の平野亜子(山梨・甲府西高)が、田中なつみ(宮

全柔連、中学生の絞め技を禁止 成長期の失神懸念「総合的に判断」45年ぶり見直し(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース全日本柔道連盟(全柔連)は24日、理事会で、国内大会における少年大会特別規定を変更し、中学生の絞め技を全面禁止することを決めた。従来は三角絞め以外の絞め技は認められていたが、全国レベルの大会でも選

風を読めば的中率アップ!?競馬と風について取材してみた(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース皆さんは競馬と風について、考えたことはあるだろうか?以前、高野友和調教師(45)=栗東=が、「スピードスケートや競輪とか、風の影響を受けるスポーツは多いですし、競馬も関係あると思うんですよね」と話

世界銀の張本&早田“はりひなペア”初戦突破もヒヤリ フルゲームで薄氷勝利(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース「卓球・全日本選手権」(25日、東京体育館)\n\n 混合ダブルス2回戦で、世界選手権銀メダルの張本智和(木下グループ)早田ひな(日本生命)組は、出雲卓斗(明大)千葉菜月(東京富士大)組を3-2で下し

御嶽海 伝達式でらしさ「感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし」大関昇進の口上(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース大相撲の関脇御嶽海(29)=出羽海=の大関昇進が正式に決まり、昇進伝達式が26日、都内の出羽海部屋で行われた。\n\n 協会からの使者、春日野親方(元関脇栃乃和歌)、大鳴戸親方(元大関出島)を緊張の面

コロナ陽性のTBS宇賀神アナ、前日「THE TIME,」で喉がイガイガ/デイリースポーツ onlineTBSの宇賀神メグアナウンサーが、新型コロナウイルスに感染したことが26日、分かった。レギュラーを務める同局の「THE TIME,」で安住紳一郎アナウンサーが伝えた。 番組冒頭で安住アナが自宅からリモートで登場。「番組をご覧のみなさまに報告がございます。宇賀神メグアナウンサーが昨日、新型コロナのPCR検査を受けまして陽性判定が出ました。しばらくお休みをいただきます」と報告した。さらに「スタジオで一緒の時間を過ごしていましたわたくし、安住伸一郎と気象予報士の山下(佳織)さんは自宅からの出演ということになります。ご了承ください」と突然のリモート出演の理由を説明した。

張本美和 「卓球・全日本選手権」(26日、東京体育館) “五輪代表の妹”同士の対決が実現した。ジュニア女子5回戦が行われ、東京五輪男子団体銅メダルの張本智和(木下グループ)を兄に持つ、中学1年の張本美和(木下アカデミー)が、同五輪女子団体銀メダルの平野美宇(日本生命)の妹、高校2年の平野亜子(山梨・甲府西高)と対戦し、11-3、11-9、11-8で退けて準々決勝に進んだ。 張本は13歳ながら、世界ユース選手権の15歳以下の部で4冠を達成している世代最強選手。ピッチの速い攻撃で得点を重ね、ストレート勝ちで8強入りを果たした。 平野は敗れたものの、得意のサーブを効かせながら、ラリーにつないで応戦。ただ、日本代表入りもうかがうホープの強さに触れ、「やっぱりすごい。サーブも取るのが難しくて、他の技術もすごくうまかった。圧倒的に強いと思いました」と脱帽した。 平野は3姉妹の末っ子で、五輪で活躍した姉美宇に刺激も受けて臨んだ今大会、全日本初勝利を挙げるなど躍進した。強豪ぞろいのトーナメントでベスト16と健闘し、「自分の中ではすごく満足している。5年間、全国大会に勝てなかったので、こういう場でやっと勝つことができてすごくうれしかった」と声を弾ませた。 【関連記事】 .平野亜子 「卓球・全日本選手権」(24日、東京体育館) ジュニア女子1回戦が行われ、東京五輪女子団体銀メダルの平野美宇(21)=日本生命=を姉に持つ高校2年の平野亜子(山梨・甲府西高)が、田中なつみ(宮崎・日南学園高)を16-14、11-5、11-6で下し、2度目の出場で大会初勝利を挙げた。 三姉妹の末っ子で、初出場だった昨年は初戦で敗退。この日はベンチに母・真理子さんが入り、最高峰の大会で待望の1勝を挙げると、軽く拳を握って喜んだ。「すごくうれしいです。自分から攻めていけたところがすごくよかった」と声を弾ませ、「まず1勝して(目標は)達成できたので、今日勝てただけでもすごく自信になった。明日からの試合も自分の全力を出し切って、表彰台に上りたい」と語った。 昨夏の東京五輪では長姉の美宇が銀メダルを獲得したが、「素晴らしい試合を見て、自分ももっと頑張ろうと思いました」と、刺激を受けたという亜子。今大会前、美宇からは「頑張って」とエールをもらったといい、「全日本初勝利しましたと(姉に)言いたい。あと、チョコレートケーキをお願いしますと言いたい。大好きなので」と笑わせた。 【関連記事】.手が落ちる(失神)ケースが散見され、ルール変更を検討していたという。取材に応じた高山健事務局長は「絞め技は医科学的にリスクはないが、中学生は体格差が大きく落ちる(失神)場合もある。成長期の脳に一時的にでも血がいかなくなることはよくない。イメージも含め、総合的な判断で禁止にした」と説明した。 全柔連は安全面を考慮し、高校生以下の関節技使用を禁止するなどの少年規定を設けてきた。寝技において相手の頸部(けいぶ)を圧迫する絞め技は、投げ技や、寝技で抑え込むための固め技に並んで「一本」を取るための重要な技術の1つだが、絞められている側が「参った」をしなければ失神する場合もある。昨夏の東京五輪では、女子70キロ級準決勝で新井千鶴がタイマゾワ(ロシア)を絞め落としたシーンが記憶に新しい。成長期の中学生を守る意味で、見直しが俎上(そじょう)に上がった。 ただ、大きなルール変更とあって、連盟内の各専門委員会からも意見を出し合った。世の中に与えるイメージとして「場合によっては30キロ近く体格差がある中学生の試合で、(寝技で)上になった人間が下の人間を絞めるのはどうか」などと懸念する声も。一方で、選手強化の面では、世界カデット選手権などの国際大会では絞め技が認められる中で、国内大会でだけ絞め技を禁止することの是非が論点にもなった。 ただ、全柔連によれば、1977年までは中学生の絞め技は少年規定で禁止されていた。山下泰裕会長(64)らも中学時代は絞め技が禁止だったが、後に寝技の名手となっていることから、絞め技解禁は高校生からでも遅くないのではとの肯定的な意見もあったという。 この日の理事会も1時間近くに及ぶ白熱した議論を行い、熟慮を重ねた上で、中学生の絞め技を45年ぶりに見直すという最終結論に至った。 【関連記事】.していたのを紙面のコラムで取り上げたところ、反響があったので、このテーマを掘り下げたくなった。 確かにスポーツの世界では、特に屋外の場合、風の影響は無視できない。以前担当していたサッカーでも、関係者から「強風だと戦い方が変わる」という趣旨の話を聞いたことがある。ゴルフや野球、スキーのジャンプなど、風と上手に付き合うべき競技は多い。 では、競馬は実際どうなのか。名手・武豊騎手を直撃した。「知り合いの競輪選手にもよく聞かれるんだけど、正直、風が強いから乗り方を変えるということはないかな。ただ、風でペースを計っているから強風のときは惑わされないようにしているね」。馬上で感じる風で的確にペース判断ができるというのは、名手の名手たるゆえんだろう。少なくとも風は意識する要素の一つではあるようだ。 昨年キャリアハイの130勝を挙げ、全国リーディング3位となった松山弘平騎手。彼の場合、「強い向かい風だと明らかにスピードが遅いと感じるときはありますね。馬群で競馬した方がいいと思うこともありますが、それも馬によります。まずはスムーズに走らせることを優先し、その上で、という感じです」と、あくまでも馬に添った形で組み立てるのだという。 「直線が向かい風だと追い込みが利きにくい」と話していたのは藤岡康太騎手だ。普段なら届く感覚で追いだしても、スピードが上がり切らず、前残りを許すケースもあるとのこと。「馬場状態がいいのに時計がかかるときなどは、風の影響が大きいと感じますね。馬に応じて、影響は考慮して競馬はしています」と教えてくれた。 太宰啓介騎手は「馬のリズムが大事ですが、横風はそのリズムが崩れやすいので意識することはありますね」と道中の運び方を工夫するケースもあるとのこと。和田竜二騎手は「向かい風とかだと、気持ち(自分の)姿勢を低くすることはあるかな」と騎乗フォームを風の抵抗を受けにくい“強風仕様”に変えることもあるそうだ。 「コーナー4つのレースだと全方向に向かって競馬しますからね。ただ、追い風、向かい風、横風であおられるようなときは意識したりします」と語っていた藤岡佑介騎手の見解も、興味深かった。 「風とか雨とか、そういう悪条件が重なると、馬は慎重になりやすい動物なので、トップギアに入りにくいときがあります。そうなると、前に行っている方が有利ですね」 直線で各馬が本来の末脚を繰り出せない場合、先行馬が序盤に奪ったリードがものを言うという考え方だ。 競馬と風の関係。取材をすればするほど、面白く、想像以上に奥が深かった。藤岡佑介騎手からは「ぜひ、風の影響を数値化、データ化してくださいよ」という提言もあった。競馬で吹く風の向き、その強さが全レースで記録として残れば、風の適性が高い血統や、馬体重別の成績などに明らかな傾向が出るかもしれない。予想の重要なファクターにもなり得るだろう。 ジョッキーの心理面や、戦略にも影響を及ぼすケースがある「風」。意識して予想すると、的中率はさらに上がる!?かもしれない。今後も競馬と風について取材や研究を続け、発信していければと考えている。じっくり考察するきっかけを与えてくれた高野調教師には、この場を借りて厚く御礼を申し上げたい。(デイリースポーツ・大西修平) 【関連記事】.