NYダウ続落で始まる 小売売上高と銀行決算を嫌気(写真=AP)

2022/01/14 18:11:00

NYダウ続落で始まる 小売売上高と銀行決算を嫌気

NYダウ続落で始まる 小売売上高と銀行決算を嫌気

【NQNニューヨーク=松本清一郎】14日の米ダウ工業株30種平均は続落して始まり、午前10時時点は前日比196ドル46セント安の3万5917ドル16セントで推移している。12月の米小売売上高が市場予想を下回り、消費関連株を中心に売られている。取引開始前に発表した決算内容が嫌気された銀行のJPモルガン・チェースが大幅安となり、金融株に売りが広がったのも相場を押し下げている。12月の米小売売上高は

12月の米小売売上高は前月比1.9%減と市場予想(0.1%減)を大幅に下回った。インフレ加速でネット通販を含めて販売が落ち込み、新型コロナウイルスのオミクロン型のまん延で外食なども振るわなかった。消費関連株の売りにつながり、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや映画・娯楽のウォルト・ディズニー、ホームセンターのホーム・デポの下げが目立つ。JPモルガン・チェースは6%あまり下げる場面があった。朝方に発表した2021年10~12月期決算は売上高、1株利益とも市場予想を上回ったが、貸倒引当金の取り崩しが利益を押し上げたとあって、好感されなかった。人件費などコスト増を理由に、経営陣が「今後1~2年の投下資本利益率は会社の目標を下回る」と述べたのも先行きの業績懸念を誘った。ゴールドマン・サックスなど他の金融株にも売りが波及した。

消費関連や景気敏感株が売られる一方、ハイテク株は総じて上昇している。ソフトウエアのマイクロソフト、と顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが高い。

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

停電の暗がりの中、赤ちゃんの心臓手術 ミサイル攻撃受けたキーウの病院 - BBCニュース

ウクライナ・キーウの病院は先月23日、ロシアのミサイル攻撃を受け、電力を大部分失った。それでも医師たちは、暗がりの中で手術を敢行。手持ちのLEDライトと発電機の電力を使って、赤ちゃんの心臓手術を成功させた。 続きを読む >>

米企業や州、追加接種も義務づけ 旧Facebookなど (写真=AP)【ニューヨーク=山内菜穂子】米国の企業や地方政府の間で新型コロナワクチンの追加接種(ブースター接種)を義務づける動きが相次いでいる。新たな変異型「オミクロン型」がまん延し、1日あたりの新規感染者数(7日移動平均)は70万人を超える。社会経済活動を維持するには追加接種が不可欠との認識が広がりつつある。米メタ(旧フェイスブック)は11日までに、出勤する従業員に追加接種を義務づけると明らかにした。あ

NYダウ下げに転じる、20ドル安で推移 ハイテク株に売り(写真=AP)【NQNニューヨーク=川上純平】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、15時現在は前日比20ドル43セント安の3万6269ドル89セントで推移している。米主要企業の2021年10~12月期決算への期待から買われていたものの、金融政策の正常化が早期に進むとの警戒感からハイテク株を売る流れが強まり、下げに転じた。顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが3%安と下げが目立ち

北朝鮮が飛翔体発射 日韓が確認、今月3回目(写真=AP)【ソウル=恩地洋介】韓国軍合同参謀本部は14日、北朝鮮が東に向けて飛翔(ひしょう)体を発射したと明らかにした。海上保安庁も同日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。北朝鮮は1月に入り、5日と11日にもミサイルを発射している。北朝鮮は5、11両日のミサイルを、音速の5倍以上の速さで飛 日本は「遺憾弾」で反撃📣 撃ち落とすことが出来ないのなら、発射する前に破壊する能力を保有するしかない。 海峡越えて1発でも着弾した時点で世界規模で崩壊する事くらい分かってると思うな… 戦争って弾を撃つことだけじゃないから… 今より軍事能力上げる意味すら分からないわ 敵基地攻撃能力なんて、 命とカネを無駄にするだけだ

豪、ジョコビッチ選手のビザ再度取り消し(写真=AP)【シドニー=松本史】オーストラリア政府は14日、テニスのノバク・ジョコビッチ選手のビザ(査証)を再度取り消した。ホーク移民相が発表した。新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、同国政府は6日に同選手の査証を取り消したが豪裁判所が10日、これを無効とする決定を下し あら。 もうさ、強制送還しろや オージーがブチ切れんのわかるわ なめすぎやろコイツ

アルコ&ピースの平子がコロナPCR検査で陽性に 相方の酒井は陰性 - ライブドアニュース【所属事務所発表】アルピー平子祐希が新型コロナ「陽性」、現在は自宅療養中 「現在保健所の指導を受け自宅にて療養中です」と説明。相方の酒井健太については「保健所からの報告では濃厚接触者にはあたらず念のため受けたPCR検査の結果も陰性でした」と伝えた。 大丈夫かな? 話しは変わるけど 三上悠亜のアダルト動画や 素人系(中出し)の作品が 10円で販売されています。 ブログに記載しました この画像ほんとに平子か?

FC岐阜前監督、安間貴義氏がJ1FC東京のヘッドコーチに就任 | 岐阜新聞WebJ3FC岐阜は13日、昨季監督だった安間貴義氏(52)=写真=がJ1FC東京のヘッドコーチに就任すると発表した。安間前監督は、2015年から20年までFC東京でコーチなどを務めていた。

【NQNニューヨーク=松本清一郎】14日の米ダウ工業株30種平均は続落して始まり、午前10時時点は前日比196ドル46セント安の3万5917ドル16セントで推移している。12月の米小売売上高が市場予想を下回り、消費関連株を中心に売られている。取引開始前に発表した決算内容が嫌気された銀行のJPモルガン・チェースが大幅安となり、金融株に売りが広がったのも相場を押し下げている。 12月の米小売売上高は前月比1.【ニューヨーク=山内菜穂子】米国の企業や地方政府の間で新型コロナワクチンの追加接種(ブースター接種)を義務づける動きが相次いでいる。新たな変異型「オミクロン型」がまん延し、1日あたりの新規感染者数(7日移動平均)は70万人を超える。社会経済活動を維持するには追加接種が不可欠との認識が広がりつつある。 米メタ(旧フェイスブック)は11日までに、出勤する従業員に追加接種を義務づけると明らかにした。あわせて当初は1月末をめざしていたオフィスの再開時期も3月28日に延期した。 同社は「オミクロン型の感染状況を注視し、すべての従業員の安全を最優先にオフィスの再開計画を考えている」と説明する。米金融大手ゴールドマン・サックスなども従業員に追加接種を求める方針を決めている。 米国内の新規感染者数は高水準が続いている。米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると、11日の新規感染者数(7日移動平均)は約75万人。4日連続で70万人を超えた。新規死者数(同)も増加傾向にあり、11日は約1700人だった。1週間前に比べて4割増えた。 東部ペンシルベニア州で9日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種を受ける女性=ロイター 米疾病対策センター(CDC)によると、追加接種を終えた人は11日時点で全人口の36.ウォール街(ニューヨーク)=AP 【NQNニューヨーク=川上純平】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、15時現在は前日比20ドル43セント安の3万6269ドル89セントで推移している。米主要企業の2021年10~12月期決算への期待から買われていたものの、金融政策の正常化が早期に進むとの警戒感からハイテク株を売る流れが強まり、下げに転じた。 顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが3%安と下げが目立ち、ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルの下げも安い。米連邦準備理事会(FRB)が早期に利上げや保有資産の縮小に動くのと見方が強く、高PER(株価収益率)のハイテク株に売りが出ている。FRBのブレイナード理事は13日、米上院の公聴会で「テーパリング(量的緩和の縮小)の完了後、できるだけ早く利上げを開始する準備を整えている」などと述べた。 半面、景気敏感株は買われ、建機のキャタピラーや化学のダウの上昇が高い。航空機のボーイングは4%ほど上昇している。空運のデルタ航空が13日、市場予想を上回る2021年10~12月期決算を発表。空運株が買われた流れを受け、ボーイングにも資金が向かった面がある。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、前日比254.【ソウル=恩地洋介】韓国軍合同参謀本部は14日、北朝鮮が東に向けて飛翔(ひしょう)体を発射したと明らかにした。海上保安庁も同日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。北朝鮮は1月に入り、5日と11日にもミサイルを発射している。 北朝鮮は5、11両日のミサイルを、音速の5倍以上の速さで飛ぶ「極超音速ミサイル」と主張した。11日のミサイル発射は金正恩(キム・ジョンウン)総書記が視察し、最高速度が音速の10倍前後に達するなど、技術力を向上させている。 北朝鮮は2021年1月の党大会で金正恩氏が示した兵器開発5カ年計画に沿って、日米韓の迎撃網を突破できるミサイルの開発に注力しているとみられる。.

9%減と市場予想(0.1%減)を大幅に下回った。インフレ加速でネット通販を含めて販売が落ち込み、新型コロナウイルスのオミクロン型のまん延で外食なども振るわなかった。消費関連株の売りにつながり、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスや映画・娯楽のウォルト・ディズニー、ホームセンターのホーム・デポの下げが目立つ。 JPモルガン・チェースは6%あまり下げる場面があった。朝方に発表した2021年10~12月期決算は売上高、1株利益とも市場予想を上回ったが、貸倒引当金の取り崩しが利益を押し上げたとあって、好感されなかった。人件費などコスト増を理由に、経営陣が「今後1~2年の投下資本利益率は会社の目標を下回る」と述べたのも先行きの業績懸念を誘った。ゴールドマン・サックスなど他の金融株にも売りが波及した。 消費関連や景気敏感株が売られる一方、ハイテク株は総じて上昇している。ソフトウエアのマイクロソフト、と顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムが高い。 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は小幅に上昇して始まった。 .