NASAの火星探査機パーサヴィアランスを支えるのは、1990年代に作られたMac用プロセッサだった

NASAの火星探査機パーサヴィアランスを支えるのは、1990年代に作られたMac用プロセッサだった

2021/03/03 13:06:00

NASAの火星探査機パーサヴィアランスを支えるのは、1990年代に作られたMac用プロセッサだった

昔の親友が活躍してる気分。 人類の希望を乗せたNASAの火星探査車パーサヴィアランス。無事に火星に降り立った姿をひと目見たとき、「きっと最先端の...

RAD750耐放射線性シングルボードコンピュータ(BAEシステムズ製)。20万ラドから100万ラド(2,000シーベルトから1万シーベルト)もの放射線と、摂氏-55〜125度の過酷な環境に耐えることのできる特別仕様です。火星には地球のように地表を守ってくれる大気はなく、ことになりますから、火星探査車が探査活動を始める前に太陽光を浴びてしまえばそこで一巻の終わり。ローバー1機の費用は20万ドル(2,130万円)以上ですから、手厚く守ってあげないと、です。Photo: Henrik Wannheden via Gizmodo US

「あつまれ どうぶつの森」サウンドトラック3種を6月9日に発売 - ライブドアニュース 松山市での聖火リレーを中止すると発表 愛媛県知事 - ライブドアニュース 【セブン】話題の「しまうまバー」に新作が登場!今回はトラ柄だよ~。 - Peachy - ライブドアニュース

Power MacG3のCPUモジュールにオフダイL2キャッシュを搭載したMotorolaPowerPC750プロセッサ。BAEシステムズのジェームズ・ラ・ローザ氏はニューサイエンティストのインタビューで、「銀河を駆け抜ける荷電粒子がデバイスを通過すると、大混乱を引き起こす可能性があります」と話しています。「回路内で電子ノイズや信号のスパイクを引き起こす恐れがあり、電子が文字通り、ノックアウトされてしまうかもしれないのです」。「ベテランの信頼性とタフネス」という強みしかし、1998年といえば宇多田ヒカルや浜崎あゆみがデビューした年なわけで。なぜ今そんな古いプロセッサを使っているのか?やっぱり疑問ですよね。「コストが安いから?」と思ってみたのですが、それは間違い。ひとえに

PC750の信頼性が高いからなのです。まさにベテランの成せる技。思えばスペースシャトルに代わる有人飛行用宇宙船「オリオン」もまた、RAD750プロセッサを使用しています。 続きを読む: ギズモード・ジャパン »

フィリップ殿下死去で「国のおじいさんを失った」ようだと息子アンドリュー王子 - BBCニュース

英王室フィリップ殿下が9日に99歳で死去したのを受け、息子のヨーク公アンドリュー王子は11日、エリザベス女王が自分の生活に「巨大な空白」ができてしまったと感じていると話した。