NASAが次世代超音速機「X-59」の2年にわたる製造工程を追跡するタイムラプスムービーを公開中

NASAが次世代超音速機「X-59」の2年にわたる製造工程を追跡するタイムラプスムービーを公開中

2021/08/05 8:30:00

NASAが次世代超音速機「X-59」の2年にわたる製造工程を追跡するタイムラプスムービーを公開中

アメリカ合衆国による実験用航空機・ロケット「Xプレーン」の1つとして開発が進められている静音型超音速機「X-59」を2年かけて組み立てるタイムラプスムービーを、NASAが公開しています。

NASAの低衝撃波飛行デモンスとレーション(LBFD)技術担当の副プロジェクトマネージャーを務めるデイブ・リッチワイン氏によれば、X-59は記事作成中も建造中で、2022年に初期飛行テストを行うことになっているとのこと。そして、2023年にはカリフォルニア州にあるアームストロング飛行研究センターの試験場で飛行させ、実際に騒音がないか、そして国家空域内で安全に運用できるかを証明する予定。さらに2024年には実際にアメリカの複数地域の上空でX-59を飛行させ、ソニックブームによる「ドン!」という音が地上の人に聞こえるかどうかを確かめる予定となっています。

幸せな3年間 Foorinが活動終了 - Yahoo!ニュース 仁徳天皇陵古墳、10月に発掘調査スタート 世界遺産登録後では初めて - ライブドアニュース 「ピクミン」がほぼ実寸大のグミに 白ピクミンはちょっとレア - ライブドアニュース

X-59はあくまでも一人乗りの戦闘機で、コンコルドのように乗客を乗せて超音速飛行を行うためのものではありません。リッチワイン氏は、「NASAのXプレーン開発計画によって、超音速飛行に関するデータが集まれば、将来的に航空機メーカーが新しい超音速機を開発したり、民間の航空会社が超音速航空便を用意したりできるようになるかもしれません」と述べました。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

「泣き相撲」赤ちゃんの健やかな成長を願う 新潟 新発田の神社 | NHKニュース

【NHK】赤ちゃんの元気な泣き声で邪気をはらい、健やかな成長を願おうという「泣き相撲」が新潟県新発田市の神社で行われました。

SixTONESジェシーと寺脇康文は“相棒”稽古後も駅まで相合い傘 - ジャニーズ : 日刊スポーツSixTONESのジェシーが3日、東京・TBS赤坂ACTシアターで、主演舞台「スタンディングオベーション」の初日公演前にゲネプロを行い、初共演の寺脇康文(59… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)