It, Nasa, 火星, 宇宙

It, Nasa

NASAが初めて火星の大気から酸素の生成に成功 有人調査に大きな期待 - ライブドアニュース

【第一歩】NASAが火星で初めて酸素生成に成功、将来の有人探査に向けた実証実験 専用の機器が1時間に最大10gの酸素を生成可能で、これは飛行士が20分程度呼吸できる量とのこと。約2年の間に、少なくともあと9回は酸素生成を実施する予定。

2021/04/22 8:20:00

【第一歩】 NASA が火星で初めて酸素生成に成功、将来の有人探査に向けた実証実験 専用の機器が1時間に最大10gの酸素を生成可能で、これは飛行士が20分程度呼吸できる量とのこと。約2年の間に、少なくともあと9回は酸素生成を実施する予定。

NASA /JPL-Caltech2月18日に赤い大地に降り立ってから60日が経過した最新の探査ローバーPerseveranseが、火星の大気から酸素を生成することに成功したと、 NASA が発表しました。酸素を生成するのは、トースターほどの

酸素を生成するのは、トースターほどの大きさであるMOXIE(Mars Oxygen In-Situ Resource Utilization Experiment)と称する機器。96%がCO2という火星大気を酸素と一酸化炭素に分離します。将来的にこれを改良した装置が、火星にやってきた飛行士が現地で酸素を手に入れる手段を提供するために重要な役割を果たすことになるかもしれません。「これは火星の二酸化炭素を酸素に変換するための重要な第一歩です。MOXIEにはまだ課題がありますが、今回の技術実証の結果には、人類が火星に降り立つという将来の目標に向け、大きな期待が寄せられます。酸素はわれわれが呼吸するためだけのものではなく、ロケット推進用燃料の燃焼にも必要です。将来の探査機は火星で生成した酸素を使用して地球へ帰還することになるでしょう」とNASA宇宙技術ミッション局の副局長ジム・ロイター氏は述べています。

任天堂の3月期連結決算は純損益4803億円 巣ごもり需要で過去最高に - ライブドアニュース JR東日本 平日の減便 あすは通常ダイヤに 混雑受けて | NHKニュース ウィル・スミスが「史上最低の体型」をInstagramに公開 ダイエットを宣言 - ライブドアニュース 続きを読む: ライブドアニュース »

故郷チェルノブイリを訪ねる旅 35年ぶりの我が家は… - BBCニュース

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では、原発に最も近い人口5万人の街プリピャチを含め、原発を中心とする4000平方キロの地域に住む人々は避難を余儀なくされた。

テラジェネシス実現か テラフォーミングが実現する…?