NetflixやAmazonなどの大企業も導入する「マイクロサービス」の利点とは?

NetflixやAmazonなどの大企業も導入する「マイクロサービス」の利点とは?

2021/12/06 1:00:00

NetflixやAmazonなどの大企業も導入する「マイクロサービス」の利点とは?

AmazonやNetflix、Uber、LINEなどのIT企業が導入している「マイクロサービス」は、現代の開発環境に適合したソフトウェアのアーキテクチャとして近年注目を集めています。そんなマイクロサービスの仕組みやメリット・デメリットについて、クラウドストレージサービスを提供するBackblazeが解説しています。

これに対してマイクロサービスは、アプリケーションを構成する要素を大きな1つのモジュールとしてではなく、独立した小さなサービス群に分割・連携する手法またはアーキテクチャです。マイクロサービスでは各機能を再利用可能な単位に分割し、基本的にスタンドアローンなプロセスとして実行させ、それぞれを連携させて1つのアプリケーションとして提供する仕組みとなっています。マイクロサービスの先駆けとして知られているNetflixは、2008年にデータベースに重大な障害が出てサービスが滞ったことを受けて従来のモノシリックなアプリケーションを再構築し、小さなサービスごとに分割されたアーキテクチャを実装しました。「マイクロサービス」という用語が浸透したのは、2014年に「

ジャニーズWEST小瀧望ら『鹿楓堂』オリジナルコンテンツが登場 初回は“みかんアート”で対決「個性が出るなぁ」

」というブログ記事が公開されて以降のことであり、2008年当時はまだマイクロサービスという用語が存在していなかったとのこと。近年ではUberやAmazon、LINEなどがマイクロサービス環境でサービスを実行しており、大きな注目を集めています。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »