M1搭載&Liquid Retina XDRディスプレイで進化した12.9インチ「iPad Pro」レビュー

M1搭載&Liquid Retina XDRディスプレイで進化した12.9インチ「iPad Pro」レビュー

2021/06/19 17:00:00

M1搭載&Liquid Retina XDRディスプレイで進化した12.9インチ「iPad Pro」レビュー

Appleが2021年4月21日に開催した配信イベントの中で、12.9インチ「iPad Pro」の新モデルが発表されました。この新型12.9インチiPad Proは、2020年11月にMac向けの独自開発プロセッサとして発表されたM1チップを搭載しており、さらにはAppleがMac向けのプロ用ディスプレイとしてリリースしたPro Display XDRと同等の「Liquid Retina XDRディスプレイ」を採用しているというのが特徴です。そんな12.9インチiPad ProがようやくGIGAZINE編集部に届いたので、実際にどんな仕上がりになっているのか使って確かめてみました。

12.9インチiPad Proのディスプレイ解像度は4K以下ですが、画素密度が264ppiと非常に高いため、画面のドットが荒いと感じることは一切なし。同等のディスプレイであるというPro Display XDRの価格が非常に高額(税込58万2780円~)であることを考えると、優れたディスプレイで映像コンテンツを楽しみたいという人には12.9インチiPad Proは最高の選択肢となりそう。ただし、11インチiPad Proも画素密度は同じで、十分きれいなディスプレイを持っています。また、Netflixの場合はHDRムービーを再生するには最も高額な「プレミアム」プランに加入する必要があり、同時に25Mbps以上の安定したインターネット接続速度が必要になるなどの制約があります。そのため、すでにHDRコンテンツの視聴環境が整っている人や、映像コンテンツの視聴を重視している人以外は、「Liquid Retina XDRディスプレイを搭載していること」を理由に12.9インチiPad Proを選ぶ必要はなさそうです。

沖縄で24時間以内に新たな台風発生へ 台風9号、10号と連続発生か - ライブドアニュース 熱帯低気圧が発生中 2つの台風へ発達か 3連休にかけて日本付近への影響も(気象予報士 小野 聡子) ベラルーシからの亡命支援団体トップ、遺体で見つかる ウクライナ - ライブドアニュース 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

帰国拒否のベラルーシ選手をポーランドが保護 冷戦時代を連想する事態 - BBCニュース

東京五輪から帰国を強制させられそうになったベラルーシの選手がポーランド政府に保護された。冷戦時代のオリンピックを連想させる出来事だった。

でか

4K解像度&リフレッシュレート144HzでPS5にも完全対応したAcerの28型ゲーミングモニター「Nitro XV282KKVbmiipruzx」レビューPlayStation 5やXbox Series Xでは、4K解像度で最大120fpsのフレームレートでゲームを遊ぶことができます。しかし、ゲーム機が4K・120fpsのゲームに対応していても、モニターがその出力に対応していなければ意味がありません。Acerが2021年7月2日(金)にリリースする28型ゲーミングモニター「Nitro XV282KKVbmiipruzx」は4K解像度に対応し、リフレッシュレートが144Hz、さらに可変フレームレート対応技術であるAMD FreeSyncテクノロジーを搭載。PlayStation 5にも完全対応しているとのことで、実際にNitro XV282KKVbmiipruzxをPlayStation 5につないで遊んでみました。 この意味不明な型番のおかげでAcerとすぐ分かるけど、欲しくても型番で特定できないのが難点

自動生成される幻想的な世界で詩の断片を集めていくブラウザゲーム「Wayfinder」レビュー素朴で落ち着きを感じる手描きの風景の中を移動し、何千もの組み合わせで生成される「詩」の断片を集めるブラウザゲームが「Wayfinder」です。風景と詩はアルゴリズムで自動生成され、プレイするごとに違った体験をできるというこのゲームを実際にプレイしてみました。