M1チップ搭載のMacで外部ディスプレイがぼやけて表示される問題を解決するソフト「BetterDummy」

M1チップ搭載のMacで外部ディスプレイがぼやけて表示される問題を解決するソフト「BetterDummy」

2021/12/08 11:00:00

M1チップ搭載のMacで外部ディスプレイがぼやけて表示される問題を解決するソフト「BetterDummy」

Appleが2020年11月に発表したSoC「M1」を搭載した「MacBook Air」などの製品は、特定のモニターに映像を出力した際に、適切な解像度で出力されない問題が報告されています。この問題を仮想ディスプレイを利用して解決するソフトウェアが「BetterDummy」です。

BetterDummy開発者のIstván Tóth氏は、Macの問題について「主にmacOSの問題であるため、Appleはこの問題を修正できます。Appleはユーザーがカスタム解像度を選べる機能を提供するべきです」と述べています。この記事のタイトルとURLをコピーする

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

節分を前に“巨大なお多福の面” 商売繁盛願い 長崎 諫早神社 | NHKニュース

【NHK】節分を前に長崎県諫早市の諫早神社では、商売繁盛を願って巨大なお多福の面が鳥居に取り付けられました。 続きを読む >>

そんなソフトがなきゃちゃんと表示できないなんてさすがApple、さすがMacだなあ。 チップの性能がどうとか以前の問題。 なにこれ、知らんかった。家帰ったら試してみよー RT : M1チップ搭載のMacで外部ディスプレイがぼやけて表示される問題を解決するソフト「BetterDummy」