Microsoftが自分で「Surface Laptop SE」をバラす解説ムービーを公開中

Microsoftが自分で「Surface Laptop SE」をバラす解説ムービーを公開中

2022/01/12 10:00:00

Microsoftが自分で「Surface Laptop SE」をバラす解説ムービーを公開中

Microsoftは、XboxやSurfaceの部品をユーザーに提供することを約束したり、修理器具ベンチャー・iFixitと提携して公式修理ツールを開発したりと、近年に入り「修理する権利」の推進を積極的に進めています。そんなMicrosoftが新たに、自社製の教育機関向けノートPCであるSurface Laptop SEを修理するために分解する方法について、動画で解説しました。

ディスプレイモジュールを含む「ABカバー」は、ヒンジ部分のネジをプラスドライバーで外すことで取り外しができます。あとは、バッテリー・マザーボード・スピーカーモジュールの順番で取り外していくというのが、Surface Laptop SEを分解する主な手順です。コール氏は、接着剤を剥離させる必要がないため、非常に簡単に分解・組み立てが可能になっている点を強調しました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

東京スカイツリーきょう開業10年 海老蔵さん 頂上で「にらみ」 | NHK

【NHK】東京スカイツリーが開業して10年を迎えたことを記念して、開業後、初めて公開された地上634メートルの頂上部で歌舞伎俳優の… 続きを読む >>

おさらいすると次の通り。最初に外した、キーボードやトラックパッドがあるパネルは「Cカバー」と呼ばれており、これはマザーボードと接続されている2つのコネクタを外すことで取り外せます。 ディスプレイモジュールを含む「ABカバー」は、ヒンジ部分のネジをプラスドライバーで外すことで取り外しができます。 あとは、バッテリー・マザーボード・スピーカーモジュールの順番で取り外していくというのが、Surface Laptop SEを分解する主な手順です。コール氏は、接着剤を剥離させる必要がないため、非常に簡単に分解・組み立てが可能になっている点を強調しました。 この記事のタイトルとURLをコピーする