JR西社員に懲役6年 北陸道死亡事故で危険運転致死罪 金沢地裁 | 毎日新聞

JR西日本社員に懲役6年 北陸道死亡事故で危険運転致死罪 金沢地裁 裁判長は「安全な通行を妨げる可能性を認識しながら、あえて危険接近行為に及んだことが強く推認できる」と結論づけました。

事件・事故・裁判

2021/12/07 17:30:00

JR西日本社員に懲役6年 北陸道死亡事故で危険運転致死罪 金沢地裁 裁判長は「安全な通行を妨げる可能性を認識しながら、あえて危険接近行為に及んだことが強く推認できる」と結論づけました。

石川県白山市の北陸自動車道で三輪自動車に幅寄せして事故を起こさせ、運転していた男性を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)に問われたJR西日本社員、本松宏一被告(44)の裁判員裁判で、金沢地裁(大村陽一裁判長)は7日、懲役6年(求刑・懲役7年)を言い渡した。

判決で大村裁判長は、ドライブレコーダーの画像解析などから三輪自動車の加速を認めつつ、本松被告の車が被害者の直前に入る危険行為があったと認定。「安全な通行を妨げる可能性を認識しながら、あえて危険接近行為に及んだことが強く推認できる」などとし、危険運転致死罪が成立すると結論づけた。判決によると、本松被告は2019年5月26日、白山市の北陸道上り線で、走行車線にいた大阪府高槻市の会社役員、黒川敦愛(あつよし)さん(当時76歳)の三輪自動車の通行を妨害する目的で著しく接近。黒川さんに急ハンドルを切らせてガードレールに衝突させ、死亡させた。

JR西は「重く受け止めなければならない。深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。【深尾昭寛】

続きを読む: 毎日新聞 »

弾幕とコンボが融合した和風3Dアクション『炎姫』発表、2023年にリリースへ。最強の妖魔払い「炎姫」(ほむらひめ)が妖魔少女に立ち向かう | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

PLAYISMは、情報番組「PLAYISM GAME SHOW 2022(日本語)」にて、3Dアクションゲーム『炎姫』を発表し、2023年にリリースするとした。 続きを読む >>

アホ裁判長アホ---カ---☆

第一発見者の会社員を殺人容疑で逮捕へ 大阪・中央区の男性遺体 | 毎日新聞大阪市中央区のマンション一室で10月、会社社長とみられる男性の遺体が見つかった事件で、男性を殺害した疑いが強まったとして、大阪府警は6日にも、知人で会社員の金歓喜被告(65)=韓国籍=を殺人容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で判明した。金被告は遺体の第一発見者で、男性を日常的に暴行して コナン展開

元白鵬の間垣親方、全日本選手権を初観戦「客席から相撲 わくわく」 | 毎日新聞アマチュア相撲の第70回全日本選手権が5日、東京・両国国技館で行われ、9月の秋場所後に引退した大相撲の元横綱・白鵬の間垣親方が観戦した。現役時代は冬巡業と重なっていたため全日本選手権を観戦するのは初めてだという間垣親方は「客席から相撲を見ることがなかったので新鮮。わくわくしている」と語った。

余録:歌舞伎の始祖とされる… | 毎日新聞歌舞伎の始祖とされる「出雲の阿国(おくに)」の墓は、島根の出雲大社から国引き神話の舞台である稲佐の浜に向かう途中の墓地にある。巫女(みこ)説もあり、出雲大社への寄進を訴えて諸国を巡業したといわれる▲江戸時代までは寺社が興行の拠点で歌舞伎との関係も深かった。初代市川団十郎以来の屋号「成田屋」は千葉の

気候変動と戦う:クライメート・ポリティクス 遠い脱「石炭中毒」 南ア、地元雇用に直結(その2止) | 毎日新聞国の根幹、握る石炭 総発電量の9割近くを石炭火力でまかなう南アフリカでは、石炭が政治、経済、雇用、人種などさまざまな問題に複雑にからんでいる。 「政府が労働者や地域に事前に相談しないまま、国際的な議論に突き進んでいる」。南アフリカ鉱業労働組合(NUM)で、ムプマランガ州など炭鉱地帯がある支部 ぐれたちゃんも中国とかインドとかに行って騒いでくればいいのにね。 中国とか中国とか中国とかね。 温暖化詐欺師はよう騒ぐ

気候変動と戦う:クライメート・ポリティクス 遠い脱「石炭中毒」 南ア、地元雇用に直結(その1) | 毎日新聞豊富な石炭資源を元に電力の9割近くを石炭火力でまかなう南アフリカが、気候変動対策で岐路に立たされている。国際社会からの圧力もあり政府は「脱石炭」を掲げるようになったものの、南アは政財界から労働者までが石炭産業に深く依存している。「石炭中毒」とも呼ばれ、再生可能エネルギーなどへの転換に向けた道のりは

風知草:共産党、政権参加なら=山田孝男 | 毎日新聞総選挙の野党共闘には自公与党を追い詰める歴史的意義があった――というのが、日本共産党中央委員会総会(11月27、28日)の衆院選総括である。 総会の討論で異論は出なかったのか? 志位和夫委員長に尋ねると、「ありません」と答えた。 毎日新聞も同意見なんでしょうね。なにしろ赤旗には頭が上がらないから。 毎日新聞さん、5年前の日本会議の特集素晴らしかったです!自民党を知る上で欠かせない情報ですし、なぜ彼らが改憲に拘るのかよく分かりますよね。なぜ最近消しちゃったのですか?もったいない! キョウサントウに失敗はあり得ません。