IT人材不足にあえぐ「ひとり情シス」企業のDXを支援。バッファロー、法人ネットワーク事業強化

2022/06/03 9:05:00

パソコン周辺機器大手のバッファローが、法人向けネットワーク事業を強化すると発表しました。情報システム担当者がごくわずかしかいない、いわゆる「ひとり情シス」状態にある中小企業の支援に力を入れる考えです。

Tech Insider, ネットワーク

DXが必要なのは分かっているけど、 人手不足 で手が回らない。 そんな「ひとり情シス」企業の課題解決を狙い、バッファローが体制を刷新、商品・サービスの拡充を進めています。 ▶ IT人材 不足にあえぐ「ひとり情シス」企業のDXを支援。バッファロー、法人 ネットワーク 事業強化

パソコン周辺機器大手のバッファローが、法人向け ネットワーク 事業を強化すると発表しました。情報システム担当者がごくわずかしかいない、いわゆる「ひとり情シス」状態にある 中小企業 の支援に力を入れる考えです。

例えば、すでに約5200社が登録しているリモート管理サービス「キキNavi」では、遠隔地にある機器をネット経由で保守・管理が行えるため、保守・管理負担の軽減、情報システム担当者の働き方改革にもつながるという。「キキNaviは簡易操作機能を有しており、通常であれば現地訪問での対応が必要な再起動やファームウェアアップデートについて、現地訪問せず、キキNaviからリモート対応できるため、訪問工数・訪問費用が不要になる」(バッファロー)【図3】IT人材不足の解消、BCP対策、インフラ構築を中心に、中小企業のDXをサポートする。

出所:バッファロー発表資料さらに、機器を開梱することなく登録・設定ができる「キキNavi クラウドタッチ」を今年の冬に提供開始すると発表。BCP対策に関しても、2022年2月に開始した「キキNavi クラウドバックアップ」について、同じく今年の冬にサブスクリプションメニューの提供を始める。一方、懸念される半導体不足の影響について、石丸氏は相当厳しい状況にあるとしながらも次のように語った。「部品メーカー、サプライヤーと非常に強い関係性を築いているが、それでも調達できない部品もある。しかし、我々には自社設計をしている強みがある。目的の部品ではないが、近い部品を入手できれば回路変更して使えるようにできる。また、その性能品質を自社でしっかりと評価する体制もある」(石丸氏)

続きを読む: Business Insider Japan »

カルト教団を率いる子羊になって信者を集めるローグライクアクションゲーム『Cult of the Lamb』発売開始。キュートなビジュアルとダークなカルトのギャップが魅力な話題作

販売元のDevolver Digitalは日本時間の8月12日(金)、『Cult of the Lamb』をNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、GOG.com)向けに発売開始した。 続きを読む >>

バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表 - 週刊アスキーバッファローは、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイントスタンダードモデル「WAPM-AX4R」と専用セキュリティーカバー「WLE-OP-SCD」を発売する。

バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイント「WAPM-AX4R」を発表バッファローは、Wi-Fi 6(IEEE 802.11 ax)に対応した法人向けアクセスポイントスタンダードモデル「WAPM-AX4R」と専用セキュリティーカバー「WLE-OP-SCD」を発売する。

【.biz 】 バッファロー、DFS障害回避機能搭載のWi-Fi 6ルーター ~Wi-Fi 6E対応製品も年内に投入株式会社バッファローは、DFS障害回避機能を搭載した法人向けWi-Fi 6ルーター「WAPM-AX4R」を8月上旬より順次発売する。価格は5万4,780円の見込み。

バッファロー、リモート管理可能な法人向けWi-Fi 6アクセスポイント「WAPM-AX4R」 2022年末には6GHz帯の使えるWi-Fi 6E対応モデルも予定株式会社バッファローは、Wi-Fi 6に対応する法人向けのWi-Fiアクセスポイント「WAPM-AX4R」を8月上旬に出荷する。価格は5万4780円。

バッファローでは、そうした「ひとり情シス」企業のDXを促進するため、特に人材不足の解消、BCP対策、インフラ構築に力を入れて支援していく。 例えば、すでに約5200社が登録しているリモート管理サービス「キキNavi」では、遠隔地にある機器をネット経由で保守・管理が行えるため、保守・管理負担の軽減、情報システム担当者の働き方改革にもつながるという。 「キキNaviは簡易操作機能を有しており、通常であれば現地訪問での対応が必要な再起動やファームウェアアップデートについて、現地訪問せず、キキNaviからリモート対応できるため、訪問工数・訪問費用が不要になる」(バッファロー) 【図3】IT人材不足の解消、BCP対策、インフラ構築を中心に、中小企業のDXをサポートする。 出所:バッファロー発表資料 さらに、機器を開梱することなく登録・設定ができる「キキNavi クラウドタッチ」を今年の冬に提供開始すると発表。BCP対策に関しても、2022年2月に開始した「キキNavi クラウドバックアップ」について、同じく今年の冬にサブスクリプションメニューの提供を始める。 一方、懸念される半導体不足の影響について、石丸氏は相当厳しい状況にあるとしながらも次のように語った。 「部品メーカー、サプライヤーと非常に強い関係性を築いているが、それでも調達できない部品もある。しかし、我々には自社設計をしている強みがある。目的の部品ではないが、近い部品を入手できれば回路変更して使えるようにできる。また、その性能品質を自社でしっかりと評価する体制もある」(石丸氏) (文・ .バッファロー、Wi-Fi 6(IEEE 802.バッファローは6月2日、Wi-Fi 6(IEEE 802.は、DFS障害回避機能を搭載した法人向けWi-Fi 6ルーター「WAPM-AX4R」を8月上旬より順次発売する。価格は5万4,780円の見込み。 レーダー波を検知するための専用アンテナを搭載し、検出した際に干渉しないチャンネルへスムーズに切り替えられる「DFS障害回避機能」を搭載するほか、多台数端末への通信のバラつきを制御する「公平通信制御機能」を備える(後日ファームウェア提供で対応)。 さらに、来客用のWi-Fiを手軽に提供できる「ゲストポート」も備えており、スイッチのVLANを設定することなく端末同士の相互通信を不能にすることができる。 リモート管理サービス「キキNavi」をサポートしているほか、ネットワーク管理ソフト「WLS-ADT」、「WLS-ADT/LW」に対応し、トラブル解析や遠隔監視、メンテナンスの簡易化が図れる。本体の空き端子やリセットボタンを鍵で保護できるセキュリティカバー「WLE-OP-SCD」(4,180円)も同時発売する。 WLE-OP-SCD 通信規格はIEEE 802.