Hypertherm社、倉庫管理の自動化を模索

  • 📰 PRTIMES_BIZ
  • ⏱ Reading Time:
  • 16 sec. here
  • 7 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 27%
  • Publisher: 51%

ビジネス ニュース

Hypertherm社,倉庫管理,自動化

Hypertherm社は、世界中の顧客向けに産業用切断製品とシステムの製造を行うマルチテクノロジー企業です。サステナブル経営の一環として、企業の持続可能な成長や従業員の能力を高めるため、倉庫管理を自動化する方法を模索していました。ラピュタロボティクスとの提携は、米国の製造・倉庫業界における最先端自動化技術の導入における重要なマイルストーンであり、競合他社に先んじるものです。

ラピュタロボティクス のピッキングアシストロボット「ラピュタPA-AMR」は、最適なピッキング作業ルートを計算し、複数のロボットが連携可能な制御技術、またピッキング作業者を最適なルートで誘導するシステム、フリートマネジメントなどの技術を組み合わせています。ピッキングアシストロボットは、ダイナミックな環境をナビゲートし、資材を安全にピッキング・搬送のアシストを行い、既存のインフラにも柔軟になじみ、シームレスに統合するよう設計されています。「 ラピュタロボティクス の「ラピュタPA-AMR」は、 Hypertherm社 が目指している安全で効率的な職場を目指す企業文化にフィットするものであると思っています。 「ラピュタPA-AMR」を活用することで、 Hypertherm社 はこれまで以上に生産性を向上させ、ロボットによる新しい業務構造のあり方を見出す機会を得ることができのではないか、と思っております。」 ラピュタロボティクス は、米国エリアにおける物流現場の課題解決に寄与し、物流DXの推進に尽力してまいります。米国に本社を置く、工業用切断製品とソフトウェアの製造メーカーです。 Hypertherm...

のウォータージェットシステムを含むその製品は、船舶、航空機、鉄道車両の製造、鉄骨建造物の建設、重機の組み立て、風力タービンの建築などを行う世界中の企業により使用されています。切断システムに加え、同社の作成する CNC とソフトウェアはお客様から高い信頼をお寄せいただいており、何十万ものビジネスの生産性と収益性の向上に貢献してきました。 1968 年に設立された Hypertherm は、 100%の株式を社員が保有し、世界各国の操業拠点や提携業務を含めておよそ 2,000人の社員が働いています。ラピュタロボティクスは、アインシュタインをはじめ、数々の著名研究者を輩出しているチューリッヒ工科大学(ETH...

Hypertherm社 倉庫管理 自動化 ラピュタロボティクス 技術

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 115. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。