GoogleがSpaceXのStarlinkと提携、地球上のどこからでもGoogle Cloudプラットフォームへアクセス可能に

  • 📰 gigazine
  • ⏱ Reading Time:
  • 29 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 15%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

Googleが、宇宙企業のSpaceXが展開する衛星インターネットサービス「Starlink」と提携し、世界中に存在するGoogle CloudのデータセンターにStarlinkの端末を設置し、Starlinkのネットワークを使用できるようにする契約を結んだと2021年5月13日付けで発表しました。

Starlinkのメリットは「地球上のどこからでも低コストで高速のインターネットにアクセスできる」という点です。Googleは「公共機関やネットワークエッジに拠点を置く企業、地方や遠隔地で事業を展開する企業など、広い範囲で事業を展開する場合、クラウド上で動作するアプリケーションや、分析・人工知能・機械学習など、クラウドサービスへのアクセスがしばしば必要となります。Starlinkは、国や大陸を越えて散在するチームにデータやアプリケーションを迅速かつ安全に提供するための経路を提供します」と説明しています。

なお、Microsoftが展開するクラウドサービスのAzureも2020年に、Starlinkと提携し、データセンターをStarlinkネットワークと接続する「Azure Space」を発表しています。 Google Cloudのインフラストラクチャ担当上級ヴァイス・プレジデントであるUrs Hölzle氏は「分散した拠点を持つ企業が、SpaceXとの提携により、チームの活躍に必要かつ重要なアプリケーションやサービスに、シームレスかつ安全に素早くアクセスできるようになることを嬉しく思います」とコメントしています。 なお、Starlinkと同様の衛星インターネットサービスプロバイダ事業としては、Amazonが展開している「Project Kuiper」が存在しており、すでに3000基近くの衛星運用を当局から承認されています。

AmazonはProject Kuiperを用いて、自社のクラウドサービスであるAmazon Web Servicesの強化を目指しているといわれています。そのため、今回のGoogle CloudとStarlinkの提携によって、Microsoft Azure・Google Cloud・AWSの競争が宇宙に舞台を広げ、さらに激化すると予想されます。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

これでEd Staffordも無人島から修正してリランできますね。

ikarashi_3613 楽天モバイルもこっちに頼んだ方が・・・👀

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 80. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し