FRB突然のタカ派傾斜、背後で入念な地ならし

FRB突然のタカ派傾斜、背後で入念な地ならし #FRB

Frb, Synd

2021/12/07 9:30:00

FRB 突然のタカ派傾斜、背後で入念な地ならし FRB

講演での発言や最近のインタビューを振り返ると、パウエル FRB 議長による軌道修正は、力強い景気拡大を背景に、インフレ圧力が幅広く高まっていることを示す指標が相次いだここ1カ月に加速したことが見てとれる。

米連邦準備制度理事会(FRB)はたった4週間前、慎重に市場と対話を重ねてきた資産買い入れの段階的縮小(テーパリング)計画を実行に移した。だが、来週開催する金融政策会合では、当初想定していた来年6月ではなく、来年3月の完了に前倒しする方向でテーパリングの加速を議論することになりそうだ。FRBはこの突然の方針転換で、インフレ抑制に向けて、来年の後半ではなく来春にも利上げを開始できる態勢が整う。パウエル議長による急転直下の政策転換は、ジョー・バイデン米大統領が再任を発表した直後のタイミングで起こった。パウエル氏はこれに伴い、雇用を新型コロナウイルス前の水準に戻すことよりも、インフレ抑制を重視することになる。FRBがインフレ指標として重視する個人消費支出(PCE)価格指数は今年跳ね上がっており、10月には前年同月比5%上昇した。財・サービスへの旺盛な需要に加え、経済活動再開に伴うサプライチェーン(供給網)の制約が背景にある。

続きを読む: ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 »

動画【NHK】北京オリンピック・パラリンピック2022

【NHK】北京五輪・パラ|オリンピック・パラリンピックの最新ニュース。日本代表選手の意気込みなどさまざまな動画をまとめてお伝えします。 続きを読む >>