EV電池の中国CATL、納入先の自動車メーカーが競合に

EV電池の中国CATL、納入先の自動車メーカーが競合に

2021/08/01 22:42:00

EV電池の中国CATL、納入先の自動車メーカーが競合に

2011年の創業からわずか6年で電気自動車(EV)向け電池のシェア世界一となった中国・寧徳時代新能源科技(CATL)。世界的な脱炭素の追い風を受けるとの評価から、時価総額は直近で20兆円を超えた。だが、EVに欠かせない電池は自動車メーカーの内製化などの動きもあり、積極的な設備投資がもくろみ通りの成長につながらない懸念も浮上している。CATLは11年、TDKの電池子会社から独立して発足した。供給

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

岸和田 だんじり祭 感染対策とり2年ぶりに実施 大阪 | NHKニュース

【NHK】新型コロナの影響で去年は中止された大阪・岸和田市のだんじり祭が、ことしは見物客が集まらないよう道路に沿って目隠しの幕を設…

日本は特許はあるのに、製造ビジネスでは最下位。! 「CATLは11年、TDKの電池子会社から独立して発足した。」 ほー CATL製の電池は、ワッセナー合意に抵触する電池ですので、要注意です… (重量に対する高エネルギー密度の観点で、ワッセナー合意の閾値を超過しているので、電池単体の取り扱い次第で外為法に抵触する可能性があります。自動車メーカーは大抵ご存知無いようですが…) アタラクシアになったら、みなさん静かで大人しくなる。 たまに幸せな様子をツイートするだけ。