EUが人工知能を規制する新法を議会に提出

EUが人工知能を規制する新法を議会に提出

2021/04/22 9:00:00

EUが人工知能を規制する新法を議会に提出

EUの政策執行機関である欧州委員会が、自動運転車や企業などによる採用試験、入学試験、試験の採点、銀行貸付などの領域において、「人間の安全や基本的権利を脅かす可能性がある」として、人工知能(AI)の使用に制限を課す新法を議会に提出しました。

この新法は、AIが用いられる各分野を「受け入れがたいリスク」「高リスク」「限定的リスク」「最小限のリスク」という4カテゴリに分類し、それぞれのカテゴリごとに異なる制限を適用します。「受け入れがたいリスク」と規定された分野は、全国民をランキング化して管理する中国のに類似する制度や、子どもの危険行為を助長するようなAIアシスタントなどの「EU市民に対する明らかな脅威とみなせるもの」で、全面禁止の対象。「高リスク」は、市民の生命と健康を危険にさらす可能性のある輸送などのインフラストラクチャや、教育や職業訓練、試験の採点などの進路を左右する可能性のある進学関係、雇用・労働者管理などの労働関係や、移民・国境管理などの広範にわたっており、運用開始前だけでなく運用開始後も注意深く評価が続けられるとのこと。

声優の小山力也「最後の大老」役で大河ドラマ「青天を衝け」に出演へ - ライブドアニュース 販売再開の「ネスレ ミロ」が好調 供給安定しアレンジメニュー人気に - ライブドアニュース 皆藤愛子が突発性難聴の診断「少しの間治療と療養に」 - ライブドアニュース

「限定的リスク」とされた分野は、チャットボットなどの情報に基づく意思決定を支援するシステムで、最小限の透明性に関する義務が課されます。「最小限のリスク」はビデオゲームやスパムフィルターなどのアプリケーションに用いられるAIで、このカテゴリは制限の対象とならないそうです。この新法「European approach for Artificial Intelligence」は、以下からダウンロードして閲覧可能です。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

ウクライナの地下鉄通路で出産 通りがかりの警官らが介助 - BBCニュース

ウクライナの首都キーウ(キエフ)の地下鉄(メトロ)駅へ続く地下道で、赤ちゃんが誕生した。

( ̄ー ̄)にやり