DX担い手、米の1割 AIに必須「STEM」人材へ投資急務

DX担い手、米の1割 AIに必須「STEM」人材へ投資急務

2021/09/25 22:07:00

DX担い手、米の1割 AIに必須「STEM」人材へ投資急務

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に不可欠な先端IT(情報技術)人材の育成が遅れている。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTなどを扱える人材は2030年に27万人不足する見通しだ。だが「STEM」と呼ばれる数学や科学分野の卒業者数は米国の10分の1にとどまり、DXの担い手を十分に育成できていない。人への投資を積極化する必要がある。「AIによる商品の需要予測システム

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

【詳しくわかる】昭和の戦後まもない頃の衆院選はこうだった | NHK政治マガジン

詳しくわかる シリーズ「投票に行こう!衆院選」今回は、戦後まもないころの衆議院選挙を振り返ります。「日本の民主化が果たしてできるか、できないか、新しい日本の運命を決する日」終戦の翌年。昭和21年4月の戦後最初の衆院選のニュース映像です。GHQが...

今からキャッチアップみたいな話は無意味だと思います。 当面はDXの遂行は海外人材の採用で補うことにして、日本政府は彼らとうまくコラボできる人や組織を作っていくことを考えるしかないと思います。 ITの4世代 {数学、数値プログラミング、システムエンジニアリング(業務適合力)}==お金になる リカレント教育 米国は公立高校でも、必修科目のほか、自分で好きに選べる選択科目がある。また優秀な生徒を集めた進級コースでは、大学1年と同様なレベルの教育を高校でしています。 高校から専門家を育てている米国と差が出るのは当然でしょう。