Discordがサーバーの収益化が可能になる「プレミアムメンバーシップ」をテスト中

Discordがサーバーの収益化が可能になる「プレミアムメンバーシップ」をテスト中

2021/12/08 6:12:00

Discordがサーバーの収益化が可能になる「プレミアムメンバーシップ」をテスト中

1億5000万人の月間アクティブユーザーを抱えるコミュニケーションツールのDiscordが、サーバーを収益化できるようにする新しいプレミアムメンバーシップ機能のテスト開始しています。

プレミアムメンバーシップの会員は、クリエイターが投稿するオリジナルのコンテンツを閲覧したり、サーバーに参加しているメンバーとコミュニケーションを取ったりすることが可能になる模様。プレミアムメンバーシップは記事作成時点では約10人のクリエイター向けにテスト提供されており、実際の画面は以下の通り。プレミアムメンバーシップはクリエイターが設定した異なる価格帯ごとに、別々の報酬を得られるようになっていることがわかります。DiscordのエンジニアリングディレクターであるSumeet Vaidya氏は、「プレミアムメンバーシップなどの機能を通じ、Discordはより多くのクリエイターやコミュニティの本拠地になることを想定しています」「コミュニティクリエイターがお金を稼ぐことができるツールを提供することで、より多くのクリエイターが長時間にわたり健全なエンゲージメントのあるコミュニティを運営できるようになります」と語り、Discordのプレミアムメンバーシップがクリエイター主導コミュニティの運営の手助けになるとしました。

DiscordはすでにPatreonやYouTube、Twitchといった他プラットフォームのサブスクライバー向けに特典や特権を提供するというサービスを提供していますが、プレミアムメンバーシップは完全にDiscordオリジナルの収益化機能となります。Discordはクリエイター側との収益配分を1対9としているため、クリエイター側は売上の9割を手にすることが可能です。Vaidya氏は「我々はクリエイターができるだけ多くのお金を稼げるようにしたいと同時に、クリエイターが成功した場合、Discord側もある程度お金を稼ぐことで、我々も一緒に成功したいと考えています。収益分配率は、我々が考え得る中でも両当事者が長期的な成功を確実にするための最良の数字だと思います」と語りました。

ただし、ユーザーがモバイルアプリ経由でDiscordのプレミアムメンバーシップを利用している場合、収益配分がどのようになるかは明らかではありません。なお、記事作成時点ではDiscordはデスクトップ版およびブラウザ版でのみプレミアムメンバーシップを有効にしています。なお、Discordのプレミアムメンバーシップに加入することで得られる特典は完全にサーバーを運営するクリエイター側に委ねられており、加入者がアクセスできるサーバー内のコンテンツはクリエイター側が自由に設定できます。Vaidya氏は「プレミアムメンバーシップはクリエイターから最も要望の多かった機能のひとつです。(プレミアムメンバーシップは)多くのクリエイターがすでにサードパーティーのサービスを通じて行っていることですが、Discordでネイティブに行えるようになるのはこれが初めてです」と語りました。 headtopics.com

グラフィックボードの価格 5~10%下落していると海外報道 - ライブドアニュース

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

動画【NHK】北京オリンピック・パラリンピック2022

【NHK】北京五輪・パラ|オリンピック・パラリンピックの最新ニュース。日本代表選手の意気込みなどさまざまな動画をまとめてお伝えします。 続きを読む >>