高校野球, Kokoyakyu, 春季大会, 春季高校野球大会, 春季奈良大会, 高校野球, 高校野球, 春季奈良県大会, 高田商

高校野球, Kokoyakyu

DeNA三浦監督母校の高田商は惜敗 「番長イズム」で夏に雪辱だ - 高校野球 : 日刊スポーツ

DeNA三浦監督母校の高田商は惜敗 「番長イズム」で夏に雪辱だ #高校野球 #kokoyakyu #春季大会 #春季高校野球大会 #春季奈良大会

2021/05/03 13:52:00

DeNA三浦監督母校の 高田商 は惜敗 「番長イズム」で夏に雪辱だ 高校野球 kokoyakyu 春季大会 春季 高校野球 大会 春季奈良大会

高田商 は「番長イズム」で夏に挑む。御所実に先発の安井直斗投手(3年)は3回に2点を失ったが、伸びのある速球やカーブを駆使して9回無四球2失点と好投。それでも接… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

高田商は「番長イズム」で夏に挑む。御所実に先発の安井直斗投手(3年)は3回に2点を失ったが、伸びのある速球やカーブを駆使して9回無四球2失点と好投。それでも接戦で敗れた。同校OBにはDeNA三浦監督がいる。右投手の安井も現役時の動画を参考。「制球もいい。緩急も使われています」。赤坂誠治監督(44)も「野球が終わった後のことを考えようと(生徒に)言っている。三浦さんの人柄や気遣いなど僕が会って感じたことを伝えています」と話す。人格形成などで手本にする。 続きを読む: 日刊スポーツ »

踏切で“待っていた”だけなのに…死亡事故はなぜ起きたのか | NHKニュース

【NHK】他人にとって この上なく迷惑な“歩きスマホ”の行為。操作する本人も気付かないうちに命の危険にさらされるおそれがあります。

センバツV東海大相模が決勝進出 先発大森幹大は6回途中4失点&ソロ弾 - 高校野球 : 日刊スポーツ今春センバツ優勝の東海大相模が決勝進出を決め、関東大会出場を確定させた。決勝は4日に行われ、準決勝第2試合の横浜対桐光学園の勝者と戦う。先発の大森幹大投手(3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

常総学院が逆転サヨナラ4強「チーム一の真面目な男」中村蒼が決めた - 高校野球 : 日刊スポーツ今春、センバツ出場の常総学院が逆転サヨナラで明秀日立を破り、4強入りを果たした。チーム一、真面目な男が勝利を決めた。2-3で迎えた9回裏、常総学院は一死一、二… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

愛工大名電が愛知大会V プロ注目の田村&野崎ら躍動で夏にはずみ - 高校野球 : 日刊スポーツ愛工大名電が春の愛知を制覇した。最速145キロ左腕でプロ注目の田村俊介投手(3年)が先発。130キロ台後半の速球と精度の高いカーブなどを駆使して3回を1失点に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

明桜・風間球打5回無失点8奪三振、最速151キロ「8割で」大台4度計測 - 高校野球 : 日刊スポーツ今年の東北NO・1投手だ。春季 高校野球 秋田県大会中央地区予選2回戦が3日、秋田市内で行われ、ノースアジア大明桜が秋田西を4-1で破った。ドラフト候補の最速15… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)