Chromeブラウザー、ユーザーの嗜好を分析し始めた

  • 📰 nikkei
  • ⏱ Reading Time:
  • 8 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 6%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

米グーグルのウェブブラウザー「Chrome(クローム)」のユーザーに、良いニュースと悪いニュースがある。2021年3月にリリースした「Chrome 89」では、メモリー管理の仕組みを刷新することでメモリー使用量が22%も減少し、Chromeが軽快に動作するようになった。その一方でユーザーの嗜好を分析する人工知能(AI)である「FLoC(フロック)」が一部のユーザーの環境で稼働し始めた。まずは

2021年3月にリリースした「Chrome 89」では、メモリー管理の仕組みを刷新することでメモリー使用量が22%も減少し、Chromeが軽快に動作するようになった。その一方でユーザーの嗜好を分析する人工知能(AI)である「FLoC(フロック)」が一部のユーザーの環境で稼働し始めた。.

2021年3月にリリースした「Chrome 89」では、メモリー管理の仕組みを刷新することでメモリー使用量が22%も減少し、Chromeが軽快に動作するようになった。その一方でユーザーの嗜好を分析する人工知能(AI)である「FLoC(フロック)」が一部のユーザーの環境で稼働し始めた。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

こいつら、知らない間に個人情報を良いように使ってるよな。

■Googleの検索結果操作っぷりは予想をはるかに上回る… 「msnニュース」ギズモード(2019/11/19)

こんなの、とっくにやられてるでしょ(笑)

さあ来いRakuten Browser

解約時には返してね

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 135. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し