「発達障害」増加の裏で教師の休職続出が止まない | 「発達障害」は学校から生まれる

2022/04/04 23:21:00

【「発達障害」増加の裏で教師の休職続出が止まない】 精神疾患の休職者は1990年から20年間で5倍に #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, 東洋経済

【「発達障害」増加の裏で教師の休職続出が止まない】 精神疾患の休職者は1990年から20年間で5倍に 東洋経済オンライン

――発達障害が学校現場で問題となるようになった背景は?教育現場で「発達障害」が問題になったきっかけは、2つあります。1つは、1998年から問題となった「学級崩壊」。当時は1997年の山一証券倒産に象徴されるよ…

この時期は、教師の指導力不足や母親のしつけが問題視されていた頃でもあります。発達障害、つまり「脳機能の障害」が原因だとされたことは、教師や親からしても、ある意味ほっとする都合の良い事実だったとも言えます。「脳の障害」は仮説に過ぎない発達障害は個々の診断で脳を調べるわけではなく、子どもの行動の現れを医師が聞き取りをして、その行動について診断名をつけています。脳に何らかの機能障害があるというのは仮説であり、環境的な要因による障害と定義すべきだという医師もいます。ところが、法律で「脳機能の障害」と定義されたことと、学級崩壊や少年犯罪というセンセーショナルな話題が結びついたことで、一気に発達障害が浸透していきました。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

道内各地で大雨 函館市1万世帯に避難指示 道南は9日も警戒:北海道新聞 どうしん電子版

道内は8日、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、大気の状態が不安定となり、日本海側を中心に、各地で大雨に見舞われた。道南には8日夜、雨雲が次々にかかり、いたるところで道路が冠水。道によ... 続きを読む >>

結果しか伝わらない 不適切な指導がニュース 悪いことをし指導 何もしていないのにすぎた指導 様々 故意に怪我をさせるほど または精神的に 追い込む愛情なき指導はいきすぎ 悪いことをし指導された側が 訴える世 社会常識的に不思議な現象 善悪すら学べない過保護も ある意味 虐待か 大変やし先生 To 's EmiEgusa-san 私見、記事カバー内容、学校組織の上層部と教職員間は本来は共同意思決定 Informed Consent;説明と同意 的であったが、現在“学校教育法の改正”が悪い方向性を示し、時代逆行、意思の一方通行&権力独占 Paternal-ism;父権主義 的化した問題提起は特筆に値する印象です。