竜王戦, 観る将が行く, 豊島将之, 羽生善治, 万松寺, 名古屋市, 読売新聞, 万松寺, 羽生, 野月浩貴, 豊島竜, 竜王戦

竜王戦, 観る将が行く

[観る将が行く]重要な対局初日の夜、棋士はどう過ごしているのか? : 竜王戦 : 囲碁・将棋 : ニュース

今から25年以上前のこと。当時、高校3年生だった記者はその日、宿泊先のホテルで一人、悶々(もんもん)と眠れぬ一夜を過ごしていた。 志望大学の入試1日目を終えた夜だった。 「いかに翌日に向けて心と体を準備できるか。2日制

2020/10/21 4:29:00

竜王戦 七番勝負全局をリアルタイムで速報する 読売新聞 オンライン。 第2局が明日、始まるのを前に「観る将記者」による現場リポート[ 観る将が行く ]がアップされました。 今回のテーマは、対局初日の夜について。 豊島将之 羽生善治 万松寺

今から25年以上前のこと。当時、高校3年生だった記者はその日、宿泊先のホテルで一人、悶々(もんもん)と眠れぬ一夜を過ごしていた。 志望大学の入試1日目を終えた夜だった。 「いかに翌日に向けて心と体を準備できるか。2日制

志望大学の入試1日目を終えた夜だった。「いかに翌日に向けて心と体を準備できるか。2日制の試験では初日の夜が重要」。何度言われてきたことだろう。ただ、いざ本番となると、これがなかなか難しい。特に初日の数学で失敗をやらかしてしまったという後悔に不安と緊張でほとんど一睡もできず、2日目もボロボロ。その結果、涙の不合格という苦い経験が残った。竜王戦七番勝負と、自身の大学受験を比べるとは何事か、とお叱りを受けそうな気がしないでもないが、大学入試で、自分の気の小ささを実感した身からすれば、2日がかりの決戦に臨む対局者が、初日の夜にどう過ごしているかは、かなり気になる。

新型コロナウイルス関連 特設サイト・特集 リンク一覧 | NHKニュース 【ブラックフライデー2020情報】銀だこ初の食べ放題を、全国のイオンモール11店舗で楽しめる! - ライブドアニュース 横浜市内ホテルでコロナ療養中の男性が無断外出 マスクもせず - ライブドアニュース

しかも、対局が始まれば、電子機器類はすべて係員に預けるのが決まり。普段、スマホを四六時中いじっている記者なら、きっと時が過ぎるのを異様に長く感じることだろう。というわけで、検討室にいる人たちに話を聞いてみることにした。まずはおしゃべり好きの読売新聞のベテラン記者・T編集委員。「対局者って1日目の夜は、どんなふうに過ごしているんですか?」「意外と普通だよ。夕食も基本、みんなで食べることが多いし」なんと!! Tさんによると、対局1日目の夕食は特段の事情がない限り、対局者に立会人、関係者みんなで会食するという。

しかも、対局者は立会人を挟んで左右に座るのが慣例。まさに呉越同舟だ。もちろん会食中には対局の話は一切、NG。将棋を愛している人たちが集まっているのに、昼間の熱戦を語れないこと自体、ちょっとつらそうだけど……。「中には眠れない、という人もいるが、羽生さんなんかは自然体だよ。1局目の夕食も普通に笑顔で雑談していた」と、Tさんは振り返った。では、部屋に戻った後はどうか。1局目の副立会人を務めた野月浩貴八段によると、対局者は自室でテレビを観(み)ることはできるという。「ほかには、気分転換をするために、本を持ち込んで読む棋士もいるみたいですね」

なるほど。棋界の頂点に君臨する人たちも、気持ちを切り替えるため、いろいろ工夫しているということか。「封じ手は、歩を取るか、桂を取るか、あの局面はどっちに行くか悩みました」豊島竜王が勝利した竜王戦七番勝負第1局。終局後のインタビューで羽生九段は1日目の最後、封じ手の場面をそう振り返った。対する豊島竜王は2日目の朝、羽生九段の封じ手▲2七同飛に対し、相手陣に攻めかかる△4五桂と迷わず応じた。封じ手には様々な候補手があったはずだが、夜のうちにそれぞれの候補手の先の先まで考え抜いていたのだろう。悩んで、悩んだ末に決断した夜。

翌朝に相手の決断を迎え撃つ夜。それぞれどんなふうに過ごしたかは、本人に直接聞かないとわからない。ただ、2人の様子からすれば、やはり1日目の夜は、とてつもなく濃密な時間であったに違いない。竜王戦七番勝負は全体で見ても、2か月ちょっとで最大7局を戦うハードスケジュールだ。両棋士にはここでも、短時間での心の切り替えと周到な準備が求められる。竜王戦七番勝負史上最短の52手での決着となった衝撃の第1局から10日余り。この間、豊島竜王と羽生九段はどのような時を過ごしたのだろう。少しだけ2人の気持ちを想像して思う。

竜王戦七番勝負はやはり、とてつもなく胆力が問われる人間ドラマだ。 続きを読む: 読売新聞オンライン »

茨城県で震度5弱 津波の心配なし | NHKニュース

【NHK】22日午後7時6分ごろ地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震源地は茨城県沖で震源の深さは40キロ、地…

大一番へ、最高級素材使い駒を新調[万松寺の決戦・上] : 竜王戦 : 囲碁・将棋 : ニュース将棋界の最高棋戦・第33期 竜王戦 七番勝負( 読売新聞 社主催)の第2局が22、23日、 名古屋市 中区の 万松寺 で開かれる。愛知県一宮市出身の 豊島将之 竜王(30)に、前人未到のタイトル通算100期を懸けて 羽生善治 九段(50)が挑 ginnan81 駒の良し悪しはよくわかりませんが、 中継があるのだから、テレビ画面上で駒に書いてある文字がはっきり読める駒がいいです。検分でも中継局が意見を述べてテレビ的に見やすい駒が使われるようになってほしいです。

第33期竜王戦七番勝負第1局:読売新聞 竜王戦 七番勝負の第2局は22、23日、 名古屋市 万松寺 で開かれます。 シリーズの流れを左右する大一番を前に、 竜王戦 七番勝負史上最短決着という歴史的な戦いとなった第1局を写真でまとめました。 第2局を前に、あの激闘を振り返りましょう!

世界のカエル大図鑑 ティム・ハリデイ著 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・三中信宏(進化生物学者) 全世界の代表的なカエル600種を集めた大図鑑。みごとなカラー写真の数々と解説文はカエルに対する先入観を打ち砕くのに十分だ。 日本産の多くのカエルは地味で目立たない保護色だ。しかし、南米産の

仏具とノーベル賞 京都・島津製作所創業伝 鵜飼秀徳著 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・通崎睦美(木琴奏者) 島津製作所といえば、最近は新型コロナウイルスのPCR検査事業で話題に上る。2002年当時、同社ライフサイエンス研究所主任だった田中耕一さんが43歳の若さでノーベル化学賞を受賞し「ドッキリかと思

水は海に向かって流れる 1~3 田島列島著 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・苅部 直(政治学者・東京大教授) もう二十年以上も前のことになるが、漫画は複雑な心理を表現するのにむいていない、と有名な漫画家が発言し、物議を醸したことがあった。これはもちろん失言と呼ぶべきだろう。人が心の奧に抱え

内なる町から来た話 ショーン・タン著 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・南沢奈央(女優) これはだれかに贈りたくなる本だ。実際私も、25ある話のうちまだ半分も読んでいないというのに、新たに本書を購入し、「とりあえず何も聞かずに開いてみて」と友人に渡した。読んでいる最中から、だれかに教え