[社説]新興企業を強くする海外マネー

[社説]新興企業を強くする海外マネー

2021/09/20 13:19:00

[社説]新興企業を強くする海外マネー

米決済大手ペイパル・ホールディングスによる後払い決済サービス会社ペイディ(東京・港)の買収は、日本のスタートアップを扱う資本市場の国際化を象徴している。国内の投資家を鍛え、新興企業の成長力を高める効果を期待したい。昨年から米セコイア・キャピタル、同ベインキャピタルなどファンド勢が国内スタートアップへ相次いで投資している。今年はグーグル、ペイパルと、事業会社による戦略的買収も目立ってきた。日本で

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

大阪 USJでトラブルか ジェットコースターがコース上で停止 | NHKニュース

【NHK】NHKのヘリコプターが午後1時40分頃に撮影した映像によりますと、大阪・此花区にあるテーマパークUSJ=ユニバーサル・ス…

社説:コロナ対策とリーダー 危機対応のまずさ反省を | 毎日新聞この1年半、新型コロナウイルスへの対応は政治の最重要課題だった。 国のリーダーには重い責任が課せられた。だが、菅義偉首相も安倍晋三前首相も期待に応えられず、国民の信頼を失った。 アフォらしいので記事も読みませんが、変態毎日新聞さんの言う通りであるなら、世界中の首脳が反省して辞任でもすべきなんですかねw 日本より感染者数・死亡者数が多い国 いったいどれだけあることやら。 ちなみに日本は、 人口は世界11位だそうです。 地球はウィズ コロナの時代へ突入。 世界はウイルスともに歩んでいくことてなる。国の借金を減らし議員定数を減らす党 衆院選小選挙区一票を これだけ国民の自由を保ちつつ感染を抑え込めてる国なんて他にないやろ。

社説:中国のTPP加入申請 自由化の理念共有は遠い | 毎日新聞日本など11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に、中国が加入を申請した。 中国は当初、米国主導の対中包囲網と見なし、警戒していた。だが、トランプ前米政権が離脱を表明したことで態度を一変させ、習近平国家主席の肝煎りで申請準備を加速した。 河野太郎氏はすぐOK🙆‍♂️しそう😱

社説:自民総裁選の討論会 危機感が伝わらなかった | 毎日新聞自民党総裁選の候補者討論会(日本記者クラブ主催)がきのう、開かれた。河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏が臨んだ。 岸田さんに質問が集中し、危機感の高い高市さんに質問がなかったからや。毎日新聞 国民の危機管理も出来ない国会議員等一般国民の税金で生活の面倒見る必要無い、全員辞職した方がいい、お馬鹿議員一人の給料で生活弱者を50人は救える、仕事しない国会議員100人首切れば5千人の国民の命が助かる、 ほぼ河野さんと岸田さんにしか質問しなかった毎日朝日さんらによると、このお二人からはと言うことですね。

社説:町田小6いじめ自殺 端末利用の再点検が急務 | 毎日新聞東京都町田市立小学校の6年生だった女児が昨年11月、同級生からいじめを受けていたと訴える遺書を残して自殺した。両親が記者会見して明らかにした。 他の同級生の証言によると、授業中にタブレット端末のチャット機能で悪口が書き込まれ、本人も目にしていたという。

[社説]宿泊拒否には明確な基準を発熱、せきなどの症状から新型コロナウイルス感染が疑われる人の宿泊をホテルなどが拒否できるようにする法改正が進んでいる。現行法では施設側はこうした客も宿泊を断れず、他の客や従業員への感染拡大が懸念されていた。コロナ対策は喫緊の課題であり改正の方向は妥当といえる。ただし宿泊拒否は利用者に思わぬ不便を強い、差別につながる場合もある。ルール作りや運用では明確な基準と丁寧な対応が必要だ。現在の旅館業法 過去のGoToはワクチン接種もなく宿泊、飲食可能だった。今後はワクチン接種の有無でナゼ差別受ける? 入国許可には明確な基準を 不法滞在者には強制退去を ノーマスク、ウレタンマスクも拒否対象に。

[社説]「株主利益が第一」はどこまで変わったか米国で格差に抗議する「ウォール街を占拠せよ」運動が起きて10年が経過した。格差が広がる背景のひとつには、株式保有が富裕層に偏っている問題がある。株主利益を第一に考える企業経営もしばしば批判されてきた。今も世界中の企業が株主と、従業員や消費者を含む広く社会の利益とをどうバランスさせるか、悩んでいる。日本企業も新しい経営モデルを模索し、資本市場に問うべきである。2019年に米経営者団体が「株主利