V候補の設楽悠太「初めて」無念の途中棄権、左足ふくらはぎ痛め20キロで - 陸上 : 日刊スポーツ

V候補の設楽悠太「初めて」無念の途中棄権、左足ふくらはぎ痛め20キロで #設楽悠太 #福岡国際マラソン

設楽悠太, 福岡国際マラソン

2021/12/05 12:18:00

V候補の 設楽悠太 「初めて」無念の途中棄権、左足ふくらはぎ痛め20キロで 設楽悠太 福岡国際マラソン

元日本記録保持者で、優勝候補の筆頭だった 設楽悠太 (29=ホンダ)は、20キロで途中棄権した。15キロまでは先頭集団を引っ張っていたが、15キロ過ぎで遅れ始める… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

<福岡国際マラソン>◇5日◇平和台陸上競技場~香椎折り返し(42・195キロ)元日本記録保持者で、優勝候補の筆頭だった設楽悠太(29=ホンダ)は、20キロで途中棄権した。15キロまでは先頭集団を引っ張っていたが、15キロ過ぎで遅れ始めると、20キロ時点でストップ。大会関係者に両手でバツを示し、棄権を告げた。レース後、主催者を通じてコメントを出し、痛めたところは「左足ふくらはぎです」。今まで痛めたことがあるところか? との問いには「いいえ」とコメントした。また、棄権は「初めてです」とのことだ。

続きを読む: 日刊スポーツ »

堂安律、ブンデスリーガ復帰決定! EL出場のフライブルクへ移籍 | サッカーキング

フライブルクは5日、PSVから日本代表MF堂安律が加入することを発表した。なお、契約内容は開示しないことで合意しているとフライブルクは合わせて発表している。 ··· 続きを読む >>

【福岡国際マラソン】設楽悠太が20キロで棄権、足に違和感の素ぶり見せる - 陸上 : 日刊スポーツ今年を最後に75回の歴史に幕を閉じる 福岡国際マラソン で、優勝候補の 設楽悠太 (29=ホンダ)が途中棄権した。先頭集団を快調に走っていた設楽が、アクシデントが起き… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【福岡国際マラソン】パリ五輪への第1歩、23年秋MGC進出へ3つの条件 - 陸上 : 日刊スポーツ今年を最後に75回の歴史に幕を閉じる 福岡国際マラソン が午後0時10分、スタートした。今大会は24年パリ・オリンピック(五輪)に向けた第1歩となる。日本陸連は、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

細谷恭平が日本人最高2位「パリへ第1歩」MGC出場権獲得 福岡マラソン - 陸上 : 日刊スポーツ75回の歴史に幕を閉じる大会で、フルマラソン3回目の細谷恭平(26=黒崎播磨)が、2時間8分16秒で日本選手最高の2位に入った。head--【最後の福… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

黒木瞳もオーラ感じた谷口さん、水着は「清水の100倍舞台から飛び降り」 - 芸能写真ニュース : 日刊スポーツ第12回国民的美魔女コンテストの最終選考会が3日、都内で行われ、ファイナリスト10人の中から神奈川県在住の谷口のぶえさん(54)がグランプリに輝いた。紹介制ト… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

乃木坂星野みなみ来年2月ごろめどに卒業、芸能界引退へ「また違う場所で」 - 坂道写真ニュース : 日刊スポーツ乃木坂46星野みなみ(23)が3日、公式ブログを更新し、グループからの卒業を発表した。来年2月頃をめどに卒業する予定という。head--【コメント全文… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 心機一転頑張るんちゃうかったん? なんだかなぁ。 タイミング逃した感じで、ふぅ~んって所でしょうか??卒コンは無さそうだ 【コメント全文】乃木坂星野みなみ 卒業発表、芸能界引退へ 乃木坂46 星野みなみ 芸能界引退 みなみちゃん

ワクチン接種済みの施設待機者を一部自宅に 水際対策強化で施設不足の恐れ - 社会 : 日刊スポーツ後藤茂之厚生労働相は3日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の水際対策強化で検疫の指定待機施設が不足する恐れがあるとして、施設待機3日間の対象国から来… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

スタートをきる設楽悠太(右端)ら選手たち(撮影・岩下翔太) <福岡国際マラソン>◇5日◇平和台陸上競技場~香椎折り返し(42・195キロ) 元日本記録保持者で、優勝候補の筆頭だった設楽悠太(29=ホンダ)は、20キロで途中棄権した。 15キロまでは先頭集団を引っ張っていたが、15キロ過ぎで遅れ始めると、20キロ時点でストップ。大会関係者に両手でバツを示し、棄権を告げた。 レース後、主催者を通じてコメントを出し、痛めたところは「左足ふくらはぎです」。今まで痛めたことがあるところか? との問いには「いいえ」とコメントした。また、棄権は「初めてです」とのことだ。 Sponsored