OPECプラス、生産計画を維持…オミクロン株による需要低迷に備え : 経済 : ニュース

OPECプラス、生産計画を維持…オミクロン株による需要低迷に備え #経済

ロンドン, ロシア

2021/12/02 18:25:00

OPEC プラス、生産計画を維持… オミクロン株 による需要低迷に備え 経済

ロンドン 池田晋一 石油輸出国機構OPEC )加盟国と ロシア など非加盟産油国による「 OPEC プラス」は2日、オンラインで閣僚級会合を開き、従来の生産計画を維持することで合意した。新型 コロナ ウイルスの新しい変異株「オミ

OPECプラスは今年8月から毎月、原油需要の回復に合わせて日量40万バレルずつ産油量を増やしてきた。2日の会合では、1月も前月比で40万バレル増産し、OPECプラスで世界の原油需要の4割を占める日量4050万バレル規模を生産することを決めた。原油価格は11月上旬、代表的指標のテキサス産軽質油(WTI)の先物価格が1バレル=84ドル台をつけるなど、約7年ぶりの高値水準となった。日米などはOPECプラスに対し、価格を抑えるため、一層の増産を求めていたが、OPECプラスは11月の閣僚級会合でこれに応じず、日米などは需給緩和のため石油備蓄を放出する異例の決定に踏み切った。

足元では、「オミクロン株」の感染拡大への懸念から原油価格は下落している。WTI先物価格は1日、1バレル=65ドル台まで下げた。原油価格の高値を維持したいOPECプラスにとって、追加増産は選択肢ではなかった。一方、予定通り増産を続けることで、消費国に一定の配慮を示したとみられる。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

3対3で楽しめる新感覚スポーツゲーム『ローラーチャンピオンズ』の正式サービスがスタート。トラックコースを誰より早く駆け抜け、奪いあったボールをゴールへ投げ入れろ

ユービーアイソフトは5月25日(水)、3対3で楽しめる対戦型スポーツゲーム『ローラーチャンピオンズ』について、Xbox One/Xbox Series X|SとPS4/PS5およびPC(Ubisoft Store)向けの正式サービスを開始した。 続きを読む >>

NYダウ終値、461ドル安の3万4022ドル…「オミクロン株」確認発表で売り膨らむ : 経済 : ニュース ニューヨーク =小林泰明】1日の ニューヨーク 株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比461・68ドル安の3万4022・04ドルだった。前日に大幅に値下がりした反動で一時は500ドルを超える値上がりとなった。 た

日経平均、一時300円安…米オミクロン感染確認懸念 : 経済 : ニュース2日の東京株式市場は、売り注文が優勢となっている。日経平均株価(225種)の下げ幅は一時、前日終値比で300円に迫った。午前の終値は184円95銭安の2万7750円67銭だった。 米国内で新型 コロナ ウイルスの新たな変異

沖縄産の泡盛やビールの酒税軽減、32年までに廃止へ…政府・与党方針「そろそろ自立が必要」 : 経済 : ニュース政府・与党は、沖縄県産の泡盛やビールに適用されている酒税の軽減措置について、2032年までに廃止する方針を固めた。来年5月に本土復帰50年を迎えることから、復帰以来の優遇をやめて自立を促す。9日にもまとめる与党の税制改 財源?増税でまた不況やん🤢

三菱UFJの半沢頭取、全銀協会長に就任で調整…みずほがシステム障害で固辞 : 経済 : ニュース全国銀行協会は、高島誠会長(三井住友銀行頭取)の後任に、三菱UFJ銀行の半沢淳一頭取を選ぶ方向で調整に入った。みずほフィナンシャルグループから選出する予定だったが、相次ぐシステム障害で金融庁から2回の業務改善命令を受け

産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く 米国などが協調して石油備蓄の放出方針を決めたが、その直後には新型 コロナ ウイルスの新たな変異株「 オミクロン株 」の出現で原油市場が動揺し、価格は一転して下落。 需給動向や消費国との関係をにらんだ神経戦が続きそうだ。

OPECプラス、原油増産ペースを維持へ 1月も(写真=ロイター)【カイロ=久門武史】 石油輸出国機構 (OPEC)と ロシア など非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」は2日、現行の原油増産を2022年1月も続けると決めた。ロイター通信が伝えた。毎月日量40万バレルずつ増産する従来の方針を維持する。 ニューヨーク 市場の原油先物は同日、需給の緩みを警戒した売りで一時、前日比5%下落した。新型 コロナ ウイルスの変異型「オミクロン型」による需要減を警戒し増産を停止する 結局、世界の需給バランスのギャップを過剰に膨らます先物取引マネーが流入しているから、末端の消費者への価格負担が大きくなる。この世界でだぶついている投資マネーは銭儲けの臭いを金融から物資先物で徘徊して投機マネーに変身するからたちが悪い。また輪をかけてパニック事象の情報操作して先物

クロン株」の検出で見込まれる原油需要の低迷に備える。 OPECプラスは今年8月から毎月、原油需要の回復に合わせて日量40万バレルずつ産油量を増やしてきた。2日の会合では、1月も前月比で40万バレル増産し、OPECプラスで世界の原油需要の4割を占める日量4050万バレル規模を生産することを決めた。 原油価格は11月上旬、代表的指標のテキサス産軽質油(WTI)の先物価格が1バレル=84ドル台をつけるなど、約7年ぶりの高値水準となった。日米などはOPECプラスに対し、価格を抑えるため、一層の増産を求めていたが、OPECプラスは11月の閣僚級会合でこれに応じず、日米などは需給緩和のため石油備蓄を放出する異例の決定に踏み切った。 足元では、「オミクロン株」の感染拡大への懸念から原油価格は下落している。WTI先物価格は1日、1バレル=65ドル台まで下げた。原油価格の高値を維持したいOPECプラスにとって、追加増産は選択肢ではなかった。一方、予定通り増産を続けることで、消費国に一定の配慮を示したとみられる。 決定が伝わると、2日のニューヨーク原油先物市場では、WTIが一時、前日終値と比べ約3ドル値下がりし、1バレル=62ドル台に下落した。