OPECプラス、来年1月の原油増産維持を決定 価格下落局面でも

OPECプラス、来年1月の原油増産維持を決定 価格下落局面でも

2021/12/03 5:08:00

OPECプラス、来年1月の原油増産維持を決定 価格下落局面でも

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月も従来の計画どおり増産すると決定した。原油価格は最近、供給過剰の懸念から急落している。

続きを読む: cnn_co_jp »

トンガ支援へ 海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」呉基地を出港 | NHKニュース

【NHK】海底火山の大規模噴火で被害を受けたトンガに支援物資を届けるため、防衛省が派遣を決めている輸送艦「おおすみ」が24日、広島… 続きを読む >>

OPECプラス、増産計画を維持 - Yahoo!ニュース【OPECプラス、増産計画を維持】 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月の生産規模を巡る閣僚級会合を開き、協調減産の幅を日量40万バレル縮小すると決めた。消費国による追加増産の要請には今回も応じなかった。 内容が読み切れん 増産はするが減産幅は縮小する? 分かりずらい記事を書くなよ(笑)

産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く産油国、新変異株や需給動向にらみ神経戦続く 米国などが協調して石油備蓄の放出方針を決めたが、その直後には新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現で原油市場が動揺し、価格は一転して下落。 需給動向や消費国との関係をにらんだ神経戦が続きそうだ。

OPECプラス、段階的な増産方針を維持 原油相場は下落石油輸出国機構(OPEC)とロシアを中心とする非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、段階的な増産方針を維持することで一致した。

OPECプラス、現状維持を決定 オミクロン株の影響見極め | 毎日新聞石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月の生産規模を巡る閣僚級会合を開き、協調減産の幅を日量40万バレル縮小すると決めた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面、

OPECプラス、生産計画を維持…オミクロン株による需要低迷に備え : 経済 : ニュース【ロンドン=池田晋一】石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」は2日、オンラインで閣僚級会合を開き、従来の生産計画を維持することで合意した。新型コロナウイルスの新しい変異株「オミ

OPECプラス、原油増産ペースを維持へ 1月も(写真=ロイター)【カイロ=久門武史】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」は2日、現行の原油増産を2022年1月も続けると決めた。ロイター通信が伝えた。毎月日量40万バレルずつ増産する従来の方針を維持する。ニューヨーク市場の原油先物は同日、需給の緩みを警戒した売りで一時、前日比5%下落した。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」による需要減を警戒し増産を停止する 結局、世界の需給バランスのギャップを過剰に膨らます先物取引マネーが流入しているから、末端の消費者への価格負担が大きくなる。この世界でだぶついている投資マネーは銭儲けの臭いを金融から物資先物で徘徊して投機マネーに変身するからたちが悪い。また輪をかけてパニック事象の情報操作して先物