カルチャー, 紙面掲載記事, 芸術・文化, 本・書評, 夕刊文化, Interview

カルチャー, 紙面掲載記事

Interview:貴志祐介さん 「時間」が宇宙の支配者 短編集『罪人の選択』を刊行 - 毎日新聞

作家の貴志祐介さんが短編集『罪人の選択』(文芸春秋)を刊行しました。新型コロナウイルスの脅威にさらされた現代社会を連想させる短編では、あらわになった人間の本性を描いています。

2020/04/09 9:20:00

作家の貴志祐介さんが短編集『罪人の選択』(文芸春秋)を刊行しました。新型コロナウイルスの脅威にさらされた現代社会を連想させる短編では、あらわになった人間の本性を描いています。

作家の貴志祐介さんが短編集『罪人の選択』(文芸春秋)を刊行した。未知なる生物によって引き起こされる不治の病を題材にしたSFや、デビュー前に初めて雑誌掲載された作品など30年にわたって書きためられた4編を収録。「時間」を軸にした貴志ワールドが堪能できる一冊だ。

収録作のうち、唯一のミステリーである表題作については「SFからもっとも遠いように思われるかもしれないが、SF的な感覚や雰囲気が色濃くある作品だと思っている」と解説する。そして、「時間」が物語に効果的に作用している。 続きを読む: 毎日新聞 »

Interview:福田圭吾 自粛を糧に成長 バレエを続けられる「奇跡」 - 毎日新聞新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、興行の自粛が続いている。新国立劇場バレエ団は、2月22日から5回予定の「マノン」公演を、同26日の3回目までで打ち切った。続く「DANCE to the Future 2020」(3月27~29日)は中止、山形市での「白鳥の湖」(4月4日)は延期に。はつらつ 社会が不安な時こそエネルギーを届けるのが、芸術家本来の役割なのに」と、もどかしさを訴える 我々がウイルスを知らなければ,流行病ては踊ったり祈ったりしてもらい,芸術や宗教からエネルギーをもらえるのだろうが,より効果的な科学的防御策を知っている。 エネルギー貰う前にウイルスもらっちゃうからね。(´・ω・`)ショボーン amneris84 神話の時代から歌と踊りは災厄を打ち払うための祈りには書かせない存在感でしたからね。 むしろ歴史の浅い医学と科学とかいうものより、天の岩戸の昔から災厄を払うための切り札であった「芸能」こそ、最優先の国家的事業として優先されるべき

Interview:村井國夫 芝居で元気を届けたい デビューから54年目、紀伊国屋演劇賞 - 毎日新聞2019年の紀伊国屋演劇賞を受賞し、今年1月に紀伊国屋ホール(東京都新宿区)であった贈呈式のスピーチでは思わず声を詰まらせた。デビューから54年目で初めての受賞。「新劇を志した者にとって、やっぱり特別な賞ですから。いろいろな思いが重なってね」。涙のわけをそう語る。 おめでとうございます💐

東京都、借り上げたホテルで軽症者受け入れ開始 最大1000人程度受け入れへ - 毎日新聞新型コロナウイルスの感染者急増で病床数が逼迫(ひっぱく)しているため、東京都は7日、借り上げたホテルで無症状・軽症者を受け入れ始めた。病床は重症患者らの受け入れに絞り、医療機関のパンクを防ぐ。都は宿泊施設の確保を進め、最大1000人程度の受け入れを目指す。

ORICON NEWS:NHK、人の移動を伴う収録を当面見合わせ 緊急事態宣言に伴う対応 - 毎日新聞

「在庫はある。宣言出ても食に困ることはない」 江藤農相が表明 - 毎日新聞江藤拓農相は7日の閣議後記者会見で「コメや小麦も十分在庫がある。食品メーカーも生産を増やしており、食品の供給力、在庫は通常以上にある。緊急事態宣言が出ても消費者が食に困ることはない」と話し、過度な買いだめを行わないよう呼び掛けた。 緊急事態宣言 普段食べないものまで 買うなよと言うことだね あれだけ自信たっぷりにマスクは増産できる様になったと言いながら、いまだにあの布マスクさえ届かない。政府の安心してくださいと言う言葉を信じられないから、多くのひとが買いだめしたくなる。 年寄りには「配給」以外は欲しがるな…とでも言っておいたらどうか。

トヨタが医療用防護マスク生産へ 軽症者の移送支援も「医療現場を支援」 - 毎日新聞トヨタ自動車は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月から医療用フェースシールド(防護マスク)を生産すると発表した。人工呼吸器など医療機器の増産支援や軽症感染者の移送支援に乗り出すことも検討している。トヨタは「医療現場を支援したい」としている。 TOYOTAはアメリカでトランプに命令され防護マスクを作ってるんではないか・・?人工呼吸器も・・? たしかGMが嫌がってたケド・結局作るようになったのか? すごいなトヨタ。いろんなもの作れる。