<コンゴ鉱山事件>なぜ海外で中国人労働者の拉致が多発するのか

<コンゴ鉱山事件>なぜ海外で中国人労働者の拉致が多発するのか

アフリカ, コンゴ民主共和国

2021/12/03 17:20:00

<コンゴ鉱山事件>なぜ海外で中国人労働者の拉致が多発するのか

<鉱物資源の支配権をめぐって複数の 武装勢力 がしのぎを削っているような場所にも危険...

襲撃の詳細は明らかにされていないが、AP通信によると、中国大使館は南キブ州の鉱山で中国人5人が拉致されたと述べている。WeChatの投稿で、中国大使館は「コンゴ民主共和国在住の全ての中国人及び中国資本の企業」に対し、「地元の状況を慎重に注視し、安全意識を高めて緊急事態に備え、他地域への不要不急の旅行を避ける」よう求めている。大使館はまた、東部3州の在住者には12月10日までに緊急連絡先などを大使館に知らせ、比較的安全な地域への避難を検討するよう呼びかけた。特にイトゥリ州のブニア、ドジュグ、北キブ州のベニ、ルチュル、南キブ州のフィジ、ウビラ、ムウェンガ在住者は直ちに退避するよう命じ、これに従わない者は「その結果について自分で責任を取る」ようクギを刺している。

Such Unluckly Moment Has Never Been Seen! The Scariest Sports Accidents

王毅外相が対処を求めるコンゴ共和国東部では、「ルワンダ解放民主軍」、「マイマイ」、「3月23日運動(M23)」など、複数の武装勢力が鉱物資源の利権をめぐり、しのぎを削っている。レアメタルなどの鉱物資源は武装勢力の資金源となるため、鉱山開発を行えば、武装勢力に狙われるのは目に見えている。だが中国企業は危険をいとわずコンゴ民主共和国をはじめアフリカ諸国に労働者を送り込み、精力的に採掘を進めてきた。パキスタンなどアフリカ以外の国々でも、中国人労働者が武装勢力に拉致される事件は多発している。新華社通信によれば、中国の王毅(ワン・イー)外相は11月29日、セネガルの首都ダカールで、コンゴ民主共和国のクリストファー・ルトゥンドゥラ外相とこの問題について協議した。

中国政府と中国共産党は「国外の中国企業と中国人の安全確保を非常に重視しており、コンゴ民主共和国において中国人を誘拐し殺傷する重大犯罪がこのところ多発していることを極めて憂慮している」と、王は述べ、拉致被害者の解放と「2国間協力の基盤となる安全安心な環境」の担保を、ルトゥンドゥラに求めた。

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

『ハリー・ポッター』のオープンワールドRPG『ホグワーツ・レガシー』は2022年発売、あらためて公式が告知。「2023年に延期か」という憶測を否定 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

Wizarding Worldは、現地時間1月18日に公式サイトを更新し、『ハリー・ポッター』のオープンワールドRPG『ホグワーツ・レガシー』が2022年に発売することをあらためて明言した。