1300年前の「法隆寺裂」、京都・仏光寺で発見…お礼の品か : エンタメ・文化 : ニュース

  • 📰 読売新聞オンライン
  • ⏱ Reading Time:
  • 1 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 4%
  • Publisher: 63%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

1300年前の「法隆寺裂」、京都・仏光寺で発見…お礼の品か カルチャー

縦9・8センチ、横7・5センチで、昨年11月に発見。桐箱に納められていた。法隆寺裂を代表する絹織物の一つ「蜀江錦(しょっこうきん)」とみられ、法隆寺では敷物などに使われていたという。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 19. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

撮影ロケ地、選ばれやすい理由ある群馬…映像業者のために専用サイトも開設 : エンタメ・文化 : ニュース映画やドラマの撮影を誘致する「ぐんまフィルムコミッション(FC)」が、2020年度に受けた相談は3月1日時点で計203件と過去最多だった。実際に撮影や放映に結び付いたのは2番目に多い35件。群馬県は、撮影に適した施設や
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

《ロッテントマト》編集部著 「いとしの〈ロッテン(腐った)〉映画たち」 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース「ロッテントマト」は、英語圏で上映・配信されている映画を対象にした、映画評論家によるレビューをまとめたサイトの名称である。ウェブで映画評をチェックする習慣がない方でも、他の媒体のレビューのなかで、「ロッテントマトで○点
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

熊楠 安藤礼二著 河出書房新社 2400円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・尾崎真理子(早稲田大教授、本社調査研究本部客員研究員) 19世紀末の大英博物館で欧米の先端知識に浸り、帰国すると一転、紀州の森で粘菌の生態から宇宙大の「曼陀羅(まんだら)」を独創した。 その破格の生涯はすでに鶴見和
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

ゼロエフ 古川日出男著 講談社 1800円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・苅部 直(政治学者 東京大教授) 今回の東京オリンピックは、十年前の東日本大震災からの「復興五輪」の名を掲げている。それがもともと開催されるはずだった昨年の夏に、福島県郡山市出身の作家が、県内を南北に歩いて往復する
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

言葉をもみほぐす 赤坂憲雄、藤原辰史著 新井卓・写真 岩波書店 1800円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・長田育恵(劇作家) 民俗学者と歴史学者による往復書簡は、切なる願いに満ちている。2019年6月から20年11月まで毎月交わされた18編は、感染症の流行や日本学術会議の任命拒否などの問題の中で紡ぎ出された言葉だ。これ
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »