11日札幌で女流王位戦第2局 両者現地入り、抱負語る:北海道新聞 どうしん電子版

2022/05/11 1:00:00

きょう札幌で女流王位戦第2局 両者現地入り、抱負語る【動画あり】:北海道新聞 どうしん電子版 #北海道 #女流王位戦 #里見香奈 #西山朋佳

北海道, 女流王位戦

きょう札幌で 女流王位戦 第2局 両者現地入り、抱負語る【動画あり】: 北海道 新聞 どうしん電子版 北海道 女流王位戦 里見香奈 西山朋佳

11日に行われる将棋の第33期 女流王位戦 5番勝負( 北海道 新聞社など新聞三社連合主催)第2局を前に、 里見香奈 女流王位(30)=女流王座、女流王将、倉敷藤花=と挑戦者の 西山朋佳 女流二冠(26)=白玲、女...

同ホテルに到着した2人は、対局室で空調や照明などを入念に確認。駒を並べて感触を確かめた。タイトル防衛に向けて巻き返しを図る里見は「持ち時間が女流棋戦で最長なので体力勝負の面もある。落ち着いて自分の力を出し切りたい」。先勝した西山は道内を訪れるのは初めてで「2局目で早くも佳境だと思っている。結果を求めたいところもあるが、いつも通り指したい」とそれぞれ意気込みを見せた。対局は11日午前9時に始まる。持ち時間は各4時間。同日夜までに勝負が決まる見通し。立会人の屋敷伸之九段(50)=札幌出身=による大盤解説会が行われるが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前応募制となっており、既に締め切られている。

続きを読む: 北海道新聞 »

「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」現役バレリーナ・高鶴桃羽、ロシアから帰国し運命的な抜擢「全く違う世界にいた」<インタビュー連載Vol.5> - モデルプレス

モデルプレスは、8月14日よる10時よりABEMAにて放送開始となるオリジナル恋愛番組「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」メンバーの素顔に迫る個別インタビューを10日連続で公開する。5人目はバレリーナの高鶴桃羽(たかつる・ももは/19)。※毎日正午配信 続きを読む >>

コメの品種にも料理との相性 釧路の米穀店、用途別の「セレクト米」発売:北海道新聞 どうしん電子版おにぎり向きやチャーハン用など、用途に応じてぴったりのコメを選んだ「セレクト米」を、釧路市浪花町9の「舟木米穀店」が発売した。同店では近年、自家焙煎(ばいせん)のコーヒー豆が人気で、豆の品種ごとに相...

竪穴住居に興味津々 北黄金貝塚で縄文人の暮らし学ぶ:北海道新聞 どうしん電子版【伊達】世界遺産「 北海道 ・北東北の縄文遺跡群」を構成する北黄金貝塚(北黄金)で7日、「縄文キッズフェスタ」(市教委主催)が開かれ、子どもたちは当時の人々の暮らしなどを学んだ。...

<道央・こだわりの技>シードル製造・西和夫さん(深川市) リンゴ発酵に杜氏の知:北海道新聞 どうしん電子版手に持ったコップに発泡性果実酒「シードル」を注ぐ。泡の立ち方は十分か。香りはどうか。口に含み、杜氏(とうじ)として磨いてきた五感を総動員して確かめる。「うん、大丈夫だ」。深川産リンゴを100%使った...

農産物直売、愛され10年目 茶志内ふれあい倶楽部が今年の営業開始:北海道新聞 どうしん電子版【美唄】市内茶志内地区の住民でつくる団体による農産物直売所の営業が7日、始まった。地域に商店がなくなったのを機に2013年に開設し、今年で10年目。直売所は地域の人たちにとって欠かせない場所となって...

増毛山道の歴史、常設展示へ NPOが旧増毛小にパネルや写真:北海道新聞 どうしん電子版【増毛】江戸末期に開かれた増毛山道(増毛町別苅―石狩市浜益区幌、約27キロ)の整備を担うNPO法人「増毛山道の会」は本年度から 北海道 遺産指定の旧増毛小で、山道の歴史などを紹介する常設展示施設を整備す...

プラ削減へアメニティー提供見直し 道内ホテル サービスとの両立課題:北海道新聞 どうしん電子版企業にプラスチックの使用削減を義務づける「プラスチック資源循環促進法」が施行され、道内の宿泊施設でくしなどプラスチック製の使い捨て用品(アメニティー)の提供方法を見直す動きが広がっている。客室にアメ...

11日に行われる将棋の第33期女流王位戦5番勝負(北海道新聞社など新聞三社連合主催)第2局を前に、里見香奈女流王位(30)=女流王座、女流王将、倉敷藤花=と挑戦者の西山朋佳女流二冠(26)=白玲、女王=が10日、札幌入りし、対局会場の京王プラザホテル札幌で抱負を語った。 同ホテルに到着した2人は、対局室で空調や照明などを入念に確認。駒を並べて感触を確かめた。タイトル防衛に向けて巻き返しを図る里見は「持ち時間が女流棋戦で最長なので体力勝負の面もある。落ち着いて自分の力を出し切りたい」。先勝した西山は道内を訪れるのは初めてで「2局目で早くも佳境だと思っている。結果を求めたいところもあるが、いつも通り指したい」とそれぞれ意気込みを見せた。 対局は11日午前9時に始まる。持ち時間は各4時間。同日夜までに勝負が決まる見通し。立会人の屋敷伸之九段(50)=札幌出身=による大盤解説会が行われるが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、事前応募制となっており、既に締め切られている。 2人が抱負を語る動画や対局の模様などを伝える「どうしん電子版」の特集ページはQRコードから。(山中龍之助) .コメの品種にも料理との相性 釧路の米穀店、用途別の「セレクト米」発売 05/08 09:17 更新 おにぎり向きやチャーハン用など、用途に応じてぴったりのコメを選んだ「セレクト米」を、釧路市浪花町9の「舟木米穀店」が発売した。同店では近年、自家焙煎(ばいせん)のコーヒー豆が人気で、豆の品種ごとに相性の良いスイーツがあることから着想を得た。釧路和商市場では、名物「勝手丼」用などお土産向けの商品も限定販売している。 セレクト米の発売は、同店の舟木夕紀さん(42)が発案。新型コロナウイルス流行でコメの外食需要が落ち込む中、夫で焙煎士の勇策さん(42)によるコーヒー豆の販売からヒントを得て、目を引く売り方をしようと思いついた。3カ月かけて20種以上の米を炊いて料理を作り、米を選んだ。 残り:.【伊達】世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」を構成する北黄金貝塚(北黄金)で7日、「縄文キッズフェスタ」(市教委主催)が開かれ、子どもたちは当時の人々の暮らしなどを学んだ。 残り:.<道央・こだわりの技>シードル製造・西和夫さん(深川市) リンゴ発酵に杜氏の知 05/08 05:00 手に持ったコップに発泡性果実酒「シードル」を注ぐ。泡の立ち方は十分か。香りはどうか。口に含み、杜氏(とうじ)として磨いてきた五感を総動員して確かめる。「うん、大丈夫だ」。深川産リンゴを100%使った「ふかがわシードル」の製造責任者を務める西和夫さん(80)が週1回、自分の設計図通りにシードルが育っていると確信する瞬間だ。 西さんは北の誉酒造(小樽)、合同酒精旭川工場を経て、1998年から2009年まで旭川の高砂酒造で製造責任者を担当し、日本酒「国士無双」を全国新酒鑑評会で金賞に導いた。 残り:.