Amazonが配送ドライバーを監視するために取り付けた車内カメラが誤作動しまくって給料を下げてくるという報告

Amazonが配送ドライバーを監視するために取り付けた車内カメラが誤作動しまくって給料を下げてくるという報告

2021/09/21 5:37:00

Amazonが配送ドライバーを監視するために取り付けた車内カメラが誤作動しまくって給料を下げてくるという報告

2021年初頭、Amazonがアメリカ国内で働く配送ドライバーを監視するためにAI搭載の車内カメラを順次取り付け始めました。このAI搭載車内カメラによって監視されているドライバーから「他の車に割り込まれるたびに『適切な車間距離を保っていない』と誤診断して給料を削ってくる」という報告が上がっています。

Netradyne製AI搭載車内カメラは、脇見運転などの「イベント」を感知するたびに警告を発します。しかし、サイドミラーなどの確認なども脇見運転として分類するなど、安全運転に必須な行為ですら違反行為として判断してくるという声が上がっています。この種の誤検知の中でも最も頻度が高いのが一時停止関連で、一時停止の標識でちゃんと停止してから曲がる直前に左右確認のために再度停止すると警告してくる他、優先車線側に車両が来ている場合のみ停止義務が発生する「YIELD」標識を一時停止標識と誤認するケースもあるとのこと。

【海外発!Breaking News】ドローンによるフードデリバリーの悲劇 置かれたコーヒーで外に出られず(米) - ライブドアニュース 安倍元首相がYouTubeチャンネルを開設「やはりSNSを活用しなければ」 - ライブドアニュース コミュニケーション不足解消に“自販機” - ライブドアニュース

AI搭載車内カメラによる診断はスコア化されて給与査定に影響します。しかし、ドライバー側がどの行為が違反として判断されたのかを教えて欲しいと求めても、Amazon側は一切応答しないとのこと。ドライバーは1日中監視を受けていることに対して「安心だと思えなくなった」と語り、配達会社に録画映像の監視という業務を増やしていると指摘しています。Amazonの広報担当者は、Netradyne製AI搭載車内カメラを搭載して以来、事故が48%減、停止線や信号の違反が77%減、シートベルト着用義務違反が60%減、車間距離保持義務違反が50%減、不注意運転が75%減になったと主張。これに対して警告音声の煩わしさからスコアを無視して「ステッカーを貼ってレンズを隠す」という対策や、脇見運転監視を回避するために「サングラスをかける」という対策をとるドライバーが出てきているとのことです。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。