Amazonが流通の大混乱を回避した「戦略」とは?

Amazonが流通の大混乱を回避した「戦略」とは?

2021/12/06 5:34:00

Amazonが流通の大混乱を回避した「戦略」とは?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴いショッピングサイトの利用が増加したことで、アメリカ・カリフォルニア州の港では船舶やコンテナが大混乱し、流通が数週間単位で遅れるという事態に陥っています。そんな中スムーズな配送を実現しているAmazonは、一体どのような方法を取っているのか、ニュース放送局のCNBCが迫っています。

アメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルス港とロングビーチ港では、入港待ちになっているコンテナ船が過去最多となり、流通が滞る原因となっています。これはCOVID-19のパンデミックにより外食や旅行への人々の支出が減った一方で、電化製品などの支出が増加したためだとみられています。米西海岸の主要港で混雑続く、過去最多のコンテナ船が入港待ち | ロイター流通が混乱し、製品の到着遅れが発生する中で、「翌日配達」といった迅速な配達を実現し続けているのがAmazonです。Amazonはこれまでできる限り多くの製品を配送するために投資を続けてきました。2019年にはAmazonが配送に当てるコストは380億ドル(約4兆3000億円)でしたが、2021年にはそのコストが610億ドル(約6兆9000億円)に増加。またコンサルティング企業のSJ Consulting Groupによると、Amazonが扱う荷物のうち、サードパーティーを経由せずAmazonから配送される荷物は2019年の47%から大きく増加し72%に上っているそうです。

Amazonの配送戦略の1つは、「中国で独自の貨物コンテナを製造する」ということにあります。配送遅れの原因として世界的なコンテナ不足が指摘されており、コンテナ価格はパンデミック前の10倍にあたる2万ドル(約230万円)にまで上昇しています。Amazonは過去2年間で5000~1万個のコンテナを中国で製造し、アメリカへと持ち込んだとのこと。2021年10月5日には、Amazonのコンテナを大量に積んだ貨物船Star Lygraがテキサス州・ヒューストンに到着したことがわかっています。Amazonは2015年には独自の海上貨物事業について調査していたとみられています。そして2017年にAmazonは、中国で

を広めるため、中国の子会社を通じてグローバルな貨物輸送業を開始しました。もともと貨物輸送業の船舶は材木・貨物・穀物・農産物を運ぶための多目的船でしたが、コンテナ不足や流通の悪化を受けて、Amazonはこれをコンテナ船として利用しだしたそうです。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

自転車で爆走して料理を届ける出前ゲーム『フードデリバリーバトル』のNintendo Switch版が​​2月3日に配信を開始 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

STP WORKSは1月27日(木)、爆走フードデリバリーゲーム『フードデリバリーバトル』において、Nintendo Switch版を​​2月3日(木)に配信すると発表した。 続きを読む >>

これは、アレだな:/61 寂聴さんとアレ=高橋源一郎 | 毎日新聞瀬戸内寂聴さんが亡くなられた。満九十九歳、大往生といっていいだろう。お正月には、ラジオに出演していただいて、元気なお声を聞いたばかりだった。生前、寂聴さんには、ほんとうにお世話になったので、とても悲しい。追悼の文章は、ほかの所で書かせていただいたので、この欄で、深い敬意をこめて、寂聴さんの「アレ」

抜け落ちた当事者目線 UDタクシーの苦い「記憶」とは | 毎日新聞障害者雇用のために設立されたトヨタ自動車の特例子会社「トヨタループス」は、コロナ禍による業務激減のピンチを、自動車の生産ラインという「本業」への参加でチャンスに変えた。連載の1回目では、その舞台裏を明らかにした。ただ、それが実現できたのは、共生社会の実現に向けてトヨタ自体が試行錯誤を繰り返してきた