80年代好きライターの純喫茶巡りVol.5 東京の門前町、池上の「エノモト」で幻のフルーツサンドを | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE

昭和の喫茶店を紹介しつつ、その店をイメージして聴きたくなる80年代の名曲を80s好きライターの水原空気がレコメンド。

2022/01/15 3:00:00

東京の門前町、池上の「エノモト」で幻のフルーツサンドを召し上がれ😋 【80年代好きライターの純喫茶巡りVol.5】

昭和の喫茶店を紹介しつつ、その店をイメージして聴きたくなる80年代の名曲を80s好きライターの水原空気がレコメンド。

「エノモト」の灯籠は昭和から年月を重ねてここに。見所満載の池上エリア。「欧風菓子エノモト」が佇むのは池上駅前。路面電車のような東急池上線にカタコト揺られて駅を降りると、左手に品のあるブルーグレーの店構えが。戦後まもなくパン店として開業し、1955年に洋菓子作りと喫茶をスタート。1993年に改装されるまで木造3階建てだった店の名残は、今も中庭に伺うことができます。灯籠が正面に見える大テーブルは、まさに特等席。緑を眺めながら過ごすひとときは、どこまでもゆったり。

続きを読む: GINZA »

大型オーディション経て誕生したZILLIONのリーダー・リオン「みんなが意見を言いやすい環境を作るのが自分の役割」

動画ニュース| YouTubeで展開されたオーディション番組『ONEinaBillion』シーズン2で結成された男女混成9人組ダンスボーカルグループ・ZILLION。16~22歳のZ世代で構成されるメンバーを牽引するリーダーを任されているのが、冷静沈着な19歳リオンだ。 「スタッフさんから『リオンにリーダーをやってもらいます』と伝えられたときは、戸惑いも少しありました。だけど昔から学校でもリーダー的な役割をやることが多く、オーディションに合格したときから『この個性的なチームをまとめてみたい』と密かに思っていました(笑)」。 グイグイと引っ張るよりは、一歩引いて見渡すタイプのリーダーと自己分析する。「メンバーの中でも私はちょうど真ん中の年齢。年長の声を尊重しながら、年少の子が意見を言いやすい空気を作るのが自分の役割だと思っています」。メンバーは9人、9通りの意見を集約するのは大変だが、ZILLIONを向上させたいという共通の想いがある。ぶつかるたびに時間をかけて話し合い、そのたびに絆が深まるのを実感しているという。 続きを読む >>

Olive、POPEYE、ananのロゴも手がけた堀内誠一さん。その画業を回顧する展覧会が開催 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTUREananやBRUTUS、Olive、POPEYEなど、マガジンハウスが発行する多くの雑誌のロゴを手がけた堀内誠一さん。そんな堀内さんの画業全般を回顧する展覧会「堀内誠一 絵の世界」が大丸ミュージアム〈京都〉で開催。

蕎麦店「手打ちそば屋 かんだた」|レトロで新しい長野街歩きガイド vol.4 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE【長野街歩きガイド】落ち着いたら遊びに行きたい! 蕎麦店「手打ちそば屋 かんだた」小さな看板が目印。丹精込めたそばは細くてしなやか!

デザイナーの愛読書から名言集まで。まとめて読みたい『デザイナーたちから言葉の贈りもの』 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | CULTURE『デザイナーたちから言葉の贈りもの』デザイナー本人から発せられた珠玉のフレーズには、クリエイションを理解するヒントが隠されている。モードとは、スタイルとは、人生とは。

ごちゃごちゃ解消!料理上手の引き出し整理術 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | LIFESTYLE料理研究家・植松良枝さんの自宅のキッチンの引き出しを拝見!プロならではの整理術を教えてもらいました。 「キッチンで

焼きチョコトースト 西村隆ノ介/くらちなつき「22時の冷蔵庫」vol.9 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FOODチーズの塩気、苺の酸味と甘み、とろりと溶けた焼きチョコがトリプルパンチでたまらない。乗せて焼くだけなのにこんなに幸せな食べ物があるなんて……〈焼きチョコトースト〉22時の冷蔵庫

ヤン ヤンのニットカーディガン|GINZA編集部の、これ欲しい!547 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報春が待ち遠しい🌸鮮やかなパイピングが可愛い〈ヤン ヤン〉のニットカーディガンは、ロンTにさらっと羽織っても、ボタンを締めて一枚主役に着ても! 【GINZA編集部の、これ欲しい!547】

1276年に建立された池上本門寺。その門前に栄える池上の町は江戸幕府よりも歴史が古く、参道には古き良き菓子店などが並びます。さらに本門寺に向かって96段の石段を登ると、そこには麗しき五重の塔が。さながら時空を超えていにしえの日本へと瞬間移動したかのよう。 「エノモト」の灯籠は昭和から年月を重ねてここに。見所満載の池上エリア。 「欧風菓子エノモト」が佇むのは池上駅前。路面電車のような東急池上線にカタコト揺られて駅を降りると、左手に品のあるブルーグレーの店構えが。戦後まもなくパン店として開業し、1955年に洋菓子作りと喫茶をスタート。1993年に改装されるまで木造3階建てだった店の名残は、今も中庭に伺うことができます。灯籠が正面に見える大テーブルは、まさに特等席。緑を眺めながら過ごすひとときは、どこまでもゆったり。 老舗ですが製菓機材は常に最新のものにアップデート。ショートケーキも甘さ控えめのふわりとした大人味。