7月開始の「月9」舞台は公取委

2022/05/15 23:37:00

7月開始の「月9」舞台は公取委

ニュース, 速報

7月開始の「月9」舞台は公取委

俳優坂口健太郎(30)と杏(36)が7月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)でW主演を務めることが明らかになった。坂口は今作が月9ドラマ初主演...

中日スポーツ ) 俳優坂口健太郎(30)と杏(36)が7月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)でW主演を務めることが明らかになった。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は2015年1月期の「デート~恋とはどんなものかしら~」以来、7年ぶりの月9主演。2人の共演は16年公開の映画「オケ老人!」以来、6年ぶり。ドラマでは初共演となる2人の舞台はこれまでドラマで描かれることのなかった公正取引委員会だ。 .声優の入野自由が、16日に放送されるフジテレビ系ドラマ『元彼の遺言状』(毎週月曜21:00~)の第6話に出演する。 入野自由=フジテレビ提供 第6話は、ナンバー1ホスト・織田信長の死を巡る戦慄のミステリー事件を放送。殺害容疑をかけられたナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)の弁護にあたる麗子(綾瀬はるか)がたどり着く衝撃の真実とは。 入野が演じるのは、被害者、容疑者と同じホストクラブで働く人気ナンバー3ホスト・柴田勝家。彼らが働くホストクラブ・戦国を訪ねてきた麗子を、入野演じる勝家が応対することになる。勝家は信長や蘭丸の近況や彼らの関係性などを麗子に伝える。すると、信長が蘭丸のことを実の弟のようにかわいがっていたことが分かって…。 入野は「久しぶりのドラマ出演だったので、撮影前はとても緊張していましたが、綾瀬はるかさんをはじめとするドラマチームが作り出すすてきな現場の空気のおかげで、リラックスした状態で臨むことができました。ホストの宣材写真を撮る際に参考資料で見させていただいた写真は狩野英孝さんでした。さて、どんなホストなのか。ぜひご覧ください!」と話している。 (C)フジテレビ.が、7月スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にい異例のケースとなる。.ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 JASRAC許諾番号:9009642142Y31015 / 9009642140Y38026 | JRC許諾番号:X000003B14L | e-License許諾番号:ID26546 このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。.

続きを読む:
gooニュース »

乃木坂46田村真佑、前向きになれた久保史緒里からの言葉 “卒業”への思いと先輩から受け継ぐ姿勢<「たぶんこれ銀河鉄道の夜」インタビュー> - モデルプレス

2023年3月より開幕するオールナイトニッポン55周年記念公演「たぶんこれ銀河鉄道の夜」に出演する、乃木坂46・4期生の田村真佑(たむら・まゆ/23)。彼女は今回、メンバーがいない環境で初めて舞台に挑む。モデルプレスでは、舞台決定時の心境や先輩メンバーからのアドバイス、さらには大きな変化を迎える乃木坂46への思いまでたっぷりと聞いた。 続きを読む >>

入野自由がホスト役で月9出演 参考資料の写真は「狩野英孝」 - ライブドアニュース【月9】入野自由、ホスト役で16日放送の『元彼の遺言状』に出演 入野が演じるのは被害者、容疑者と同じホストクラブで働くナンバー3ホスト・柴田勝家。ホストの宣材写真を撮る際に、参考資料として見た写真は狩野英孝だったそう。 織田家老みたいな名前してんな 誰?だから? チョイ役で狩野英孝出てきたら笑う

坂口健太郎&杏“月9”でW主演 公正取引委員会が舞台で凸凹公取委バディに【コメント全文掲載】俳優の坂口健太郎と杏が、7月スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にい異例のケースとなる。 ui_ponco704 なんでかと思ったらww どうしよう見ようかなwww

綾瀬はるか、大泉洋の肩にもたれかかる“ラブラブショット”「素敵なカップル」「羨ましいぞーー!!」フジテレビ系“月9”『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)の公式インスタグラムが13日に更新され、主演する俳優・綾瀬はるかと、大泉洋のオフショットが公開された(一部ネタバレあり)。 「元彼の遺言状 5話のオフショットをお届けします」とし、綾瀬が大泉の肩にもたれかかり笑みを浮かべる“ラブラブショット”が掲載された。

入野自由『元彼の遺言状』でホスト役「宣材写真は狩野英孝さんを参考に」俳優・綾瀬はるかが主演し、大泉洋と共演する、フジテレビ系“月9”ドラマ『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)の第6話(16日放送)に、声優で俳優の入野自由が出演することが14日、決定した。 原作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解ミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。 第6話は、ナンバー1ホスト・織田信長の死を巡る戦慄のミステリー事件を放送。殺害容疑をかけられたナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)の弁護にあたる麗子がたどり着く衝撃の真実とは。弁護士、ホスト、神父が絡み合う複雑な人間模様と震撼必至の結末に注目だ。

中日スポーツ ) 俳優坂口健太郎(30)と杏(36)が7月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)でW主演を務めることが明らかになった。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は2015年1月期の「デート~恋とはどんなものかしら~」以来、7年ぶりの月9主演。2人の共演は16年公開の映画「オケ老人!」以来、6年ぶり。ドラマでは初共演となる2人の舞台はこれまでドラマで描かれることのなかった公正取引委員会だ。 .声優の入野自由が、16日に放送されるフジテレビ系ドラマ『元彼の遺言状』(毎週月曜21:00~)の第6話に出演する。 入野自由=フジテレビ提供 第6話は、ナンバー1ホスト・織田信長の死を巡る戦慄のミステリー事件を放送。殺害容疑をかけられたナンバー2ホスト・森蘭丸(味方良介)の弁護にあたる麗子(綾瀬はるか)がたどり着く衝撃の真実とは。 入野が演じるのは、被害者、容疑者と同じホストクラブで働く人気ナンバー3ホスト・柴田勝家。彼らが働くホストクラブ・戦国を訪ねてきた麗子を、入野演じる勝家が応対することになる。勝家は信長や蘭丸の近況や彼らの関係性などを麗子に伝える。すると、信長が蘭丸のことを実の弟のようにかわいがっていたことが分かって…。 入野は「久しぶりのドラマ出演だったので、撮影前はとても緊張していましたが、綾瀬はるかさんをはじめとするドラマチームが作り出すすてきな現場の空気のおかげで、リラックスした状態で臨むことができました。ホストの宣材写真を撮る際に参考資料で見させていただいた写真は狩野英孝さんでした。さて、どんなホストなのか。ぜひご覧ください!」と話している。 (C)フジテレビ.が、7月スタートのフジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)でW主演を務めることが決定した。坂口は今作が月9ドラマ初主演。杏は『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年1月期)以来、7年ぶりの月9主演となる。坂口と杏の共演は、2016年公開の映画『オケ老人!』以来、6年ぶり、ドラマでの共演は今作が初。 舞台は、今までドラマとして描かれることがなかった『公正取引委員会』。原作は、4月から放送がスタートした月9ドラマ『元彼の遺言状』(宝島社)の原作者であり、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新進気鋭の作家・新川帆立氏が、『小説現代』(講談社)で連載し、5月9日に発売された待望の最新刊『競争の番人』(講談社)。同じ原作者の作品を2クール連続で放送するというのはフジテレビ史上過去にい異例のケースとなる。.ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 JASRAC許諾番号:9009642142Y31015 / 9009642140Y38026 | JRC許諾番号:X000003B14L | e-License許諾番号:ID26546 このサイトでは Cookie を使用して、ユーザーに合わせたコンテンツや広告の表示、ソーシャル メディア機能の提供、広告の表示回数やクリック数の測定を行っています。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。.