5万人超が集まったアニメイベントの参加者がアメリカで2件目のオミクロン株の感染者だったことが判明

5万人超が集まったアニメイベントの参加者がアメリカで2件目のオミクロン株の感染者だったことが判明

2021/12/03 4:25:00

5万人超が集まったアニメイベントの参加者がアメリカで2件目のオミクロン株の感染者だったことが判明

アメリカの保健当局が、ミネソタ州在住の男性が新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株に感染した同国2件目の事例であると発表しました。アメリカにおけるオミクロン株の1件目の感染事例は海外渡航者によるものだったのですが、2件目の事例は海外渡航者ではなく、参加者数5万3000人を記録したニューヨークで開催されたアニメコンベンション「Anime NYC」の参加者でした。

MDHおよびアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の発表によると、男性は新型コロナウイルスワクチンを2度接種したのち、2021年11月19日から開催されていたAnime NYCに参加するためニューヨークを訪れていた模様。この男性は2021年11月22日に軽度の症状を発症し、24日に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染しているかどうかを確かめるためのPCR検査を実施しています。なお、記事作成時点ではCOVID-19から回復しています。Anime NYCの公式Twitterアカウントによると、2021年開催のAnime NYCの参加者数は5万3000人にもおよびます。Anime NYCは「すべてがはるかに詰め込まれていました」「それがなぜかというと、我々は何人のファンがイベントに集まるかを過小評価していたからです」と記しており、会場に人が溢れていたとしており、海外メディアのArs Technicaは同イベントを通してオミクロン株の感染者が拡散している可能性を危惧しています。

なお、Anime NYCのでは参加者にワクチン接種およびマスクの着用を義務付けています。ただし、ワクチン接種については「FDAまたはWHOによって承認されたCOVID-19ワクチンを少なくとも1回接種したことを証明する必要があります。あなたは1回目のワクチン接種の直後からAnime NYCに参加することができます」と記されており、2回接種前の段階からイベントに参加できるようになっていた模様。これについてArs Technicaは、「ワクチンを接種してから防御免疫応答を促進するには数日から1週間以上がかかります。また、ワクチンの1回接種だけではデルタ変異株に対する十分な免疫は獲得できません」と記し、Anime NYCの健康と安全に関するポリシーは間違ったものであったとしています。

ミネソタ州のティム・ワルツ知事は、オミクロン株の感染者が同州で発見されたことについて「懸念事項ではあるものの、驚くべきことではない」「新型コロナウイルスは感染力が高く、世界中で素早く拡散していくことを我々はすでに知っています。ミネソタ州はワクチンを入手し、検査を受け、屋内でのマスク着用を推奨し、ブースター接種を推進するなど、州民を安全に保つために何をすべきか理解しています」と語っています。なお、MDHがオミクロン株の感染者を発表してから数時間後に、ニューヨーク当局もオミクロン株の感染者を5件確認したと発表しています。発表によると、オミクロン株の感染者はニューヨークロングアイランドのサフォード郡で1件、クイーンズで2件、ブルックリンで1件、マンハッタンで1件確認されています。ニューヨーク市保健委員のDavid Chokshi氏は、今回のオミクロン株の感染者増について「時間の経過とともにこれらの傾向が把握できるようになるでしょう」と言及しつつも、「これは公衆衛生上の危機ですが、即座に都市封鎖につながるような危機ではありません」と語りました。 headtopics.com

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

オミクロンなんて大丈夫だよ。 そんなに心配なら、重症化対策に重点を置こう。 「GoTo禁煙」「GoToスポーツジム」だよ。