4WDに限らない「雪道の危ない走り方と予防方法」 - 自動車情報誌「ベストカー」

2022/01/28 3:00:00

毎日の通勤や仕事に買い物にと、クルマが必須の環境で生活していると、雪が降ったから車に乗るのはやめよう、というわけにはいかないもの。そこで氷雪路を普通に走って生活している雪国のドライバーの運転から氷雪路を安全に走る方法を考える。

毎日の通勤や仕事に買い物にと、クルマが必須の環境で生活していると、雪が降ったから車に乗るのはやめよう、というわけにはいかないもの。そこで氷雪路を普通に走って生活している雪国のドライバーの運転から氷雪路を安全に走る方法を考える。

毎日の通勤や仕事に買い物にと、クルマが必須の環境で生活していると、雪が降ったから車に乗るのはやめよう、というわけにはいかないもの。そこで氷雪路を普通に走って生活している雪国のドライバーの運転から氷雪路を安全に走る方法を考える。

まずは運転するための準備やクルマの使用についてだ。スタッドレスタイヤを履き、金属チェーンも携行し、スピードは出来る限り落として(周囲に迷惑が掛からない程度で)、急の付く操作は避けて慎重な運転を心がけることが、基本的な氷雪路の走り方だ。アイスバーンに特化したスタッドレスでは新雪には弱いこともあるし、アイスバーンの性能もスパイクタイヤほどではない。路面の状況に応じて、早めにタイヤチェーンを巻くことが大事だ。どの場所でも停めて装着していい訳ではないので、他車に迷惑がかからない(自分にとっても危険だ)場所を選ぶ必要があるので、まだスタッドレスだけでイケると思っても、装着できる場所を見つけたら迷わずに停めてチェーンを装着することだ。

前述のように北海道など厳寒の地では、軽自動車やコンパクトカーが雪道をものともせず、軽快に走っている。それは毎年のことなので、豊富な経験値から言わば「慣れ」によって気持ちに余裕が生まれる。実は通常の範囲であれば、この「慣れ」というのは非常に有効なものとなる。というのも、氷雪路での運転は注意深く走行する必要はあるが「リラックスした状態で走る」というのも大事なことだからだ。なぜなら氷雪路でのクルマは自分の想像とは違った動きをすることがある。ツルッと滑って大きく揺れたり、急にクルマの向きが変わったりすると慌てたり緊張してしまうドライバーも少なくないが、これがハプニングを起こす原因になる。

続きを読む: ベストカー »

「悪魔の詩」作者ラシュディさん、講演中に刺される - BBCニュース

小説「悪魔の詩」を執筆後、長年にわたり殺害予告を受けてきた英作家サルマン・ラシュディ氏が12日、米ニューヨーク州での講演中に首などを刺された。 続きを読む >>

エクシーガ、オーリス、ミラージュ…不人気だったからこそ今が買い!! 不死鳥の中古車5選 - 自動車情報誌「ベストカー」中古車購入の決め手は人それぞれだけど、好コンディション&高年式にもかかわらずお手頃なのが不人気車であることは誰もが知るところ……って不人気車とひと口に言っても、それはあくまでも世間の評価。むしろ、それが個性だと思えるようなポジティブ・シン…

日本車が一番輝いていた時代の旗印「フラッグシップスポーツ」とは何だったのか - 自動車情報誌「ベストカー」バブル期、日本メーカーは持てる技術の粋を駆使し、世界に誇る「フラッグシップスポーツ」を続々と世に送り出した。日本が誇った「フラッグシップスポーツ」たちを今一度振り返る。 R32型 GT-R GTO NSX ユーノスコスモ RX-7 乗って楽しい時代だったなぁ〜

トヨタEV大攻勢!! 登場確実「bZシリーズ」で気になる大きいSUVと小さいSUVの行方 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年12月のトヨタの「バッテリーEVに関する説明会」で公開されたバッテリーEVは16車種。トヨタはそれらを大きく3つのブロックに分けていた。その3ブロックのうち、トヨタの新しいEVブランドとも言えるbZシリーズを掘り下げて見てみよう。

【車名当てクイズ】この名車、珍車、ご存じですか? 第80回 - 自動車情報誌「ベストカー」【車名当てクイズ】初代エルグランドより、ちょっと前に活躍したミニバン。人気グレード「ハイウェイスター」を日産車で初採用したクルマです。 ラルゴ🤔❓ ラルゴ懐かしい😂 日産ラルゴ

4月から二輪車高速料金の半額実現へ! 三原じゅん子・新PT座長が料金制度に攻めの姿勢 「顔はヤバいよボディをやんな!」 - 自動車情報誌「ベストカー」バイクの高速料金制度にメスが入る!? 自民党二輪車問題プロジェクトチームの新座長に三原じゅん子議員が就任。「“高速道路の二輪料金が軽自動車と同じ”というのは、誰に聞いても“理解できない”と言われる。これが普通の感覚です」とコメント!

小さなボディに400psエンジンを秘めて NEWアウディRS3スポーツバック/セダン試乗 - 自動車情報誌「ベストカー」2021年11月27日に日本で発表された新型アウディRS3。アウディA3をベースにしたスポーツバージョンだ。そのRS3にギリシャで先行試乗! EVシフトが進むアウディが送り出すエンジン搭載のスポーツモデルの実力は?

雪国のドライバーは氷雪上の運転に慣れている。慣れはリラックスにつながる。もちろん慣れや不慣れに関係なく、スタッドレスタイヤを履くことは大前提(kelly marken@AdobeStock) まずは運転するための準備やクルマの使用についてだ。スタッドレスタイヤを履き、金属チェーンも携行し、スピードは出来る限り落として(周囲に迷惑が掛からない程度で)、急の付く操作は避けて慎重な運転を心がけることが、基本的な氷雪路の走り方だ。 アイスバーンに特化したスタッドレスでは新雪には弱いこともあるし、アイスバーンの性能もスパイクタイヤほどではない。 路面の状況に応じて、早めにタイヤチェーンを巻くことが大事だ。どの場所でも停めて装着していい訳ではないので、他車に迷惑がかからない(自分にとっても危険だ)場所を選ぶ必要があるので、まだスタッドレスだけでイケると思っても、装着できる場所を見つけたら迷わずに停めてチェーンを装着することだ。 前述のように北海道など厳寒の地では、軽自動車やコンパクトカーが雪道をものともせず、軽快に走っている。 それは毎年のことなので、豊富な経験値から言わば「慣れ」によって気持ちに余裕が生まれる。実は通常の範囲であれば、この「慣れ」というのは非常に有効なものとなる。というのも、氷雪路での運転は注意深く走行する必要はあるが「リラックスした状態で走る」というのも大事なことだからだ。 なぜなら氷雪路でのクルマは自分の想像とは違った動きをすることがある。ツルッと滑って大きく揺れたり、急にクルマの向きが変わったりすると慌てたり緊張してしまうドライバーも少なくないが、これがハプニングを起こす原因になる。 滑っても緊張しないためには、低μ路などでの練習が必要だ。緊張して身体がガチガチになって、ステアリングやペダルの操作がスムーズでなくなると、それがスピンを誘発することになる。 クルマの姿勢をコントロールするための操作も、緊張してしまうと思考停止に陥ってそのまま何もできずに雪の壁に突っ込んでしまったり、側溝に脱輪するなんて羽目に遭う。 .スズキ スプラッシュ(2008年10月発売、中古車平均価格:30万円前後) 2代目スイフトと同じ1.昭和から平成に変わった時期、ニッポンはバブルの真っ只中にあり、自動車業界は元気いっぱいだった。もはや欧米へのコンプレックスはなく、自信に満ちあふれている。 だからニューモデルに新しいメカニズムを積極的に採用し、パワー競争にも参戦した。そして多くの自動車メーカーから、魅力的なフラッグシップスポーツが次々に誕生したのだ。 当時の日本車としては最強スペックで、世界的に見ても高性能が際立っている。この直後に、日産は第2の刺客を放った。今も高い人気を誇るR32型スカイラインGT-Rだ。 こちらはRB26DETT型と呼ぶツインターボを搭載した2.こちらはプリウスに置き換わる車種の可能性が高い。ただ、プリウスはすでにトヨタを代表するビッグネームとして君臨しているので、プリウスと併売され、やがて新世代のファミリー向けセダンになるということではないだろうか。 そして、海外戦略上必要なのがスバルだ。このbZ SDNは海外、特に北米ではインプレッサに対応するサイズ感で、ソルテラ同様、スバル流の4WDシステムを使ったEVとして投入される可能性もある。 さらにスバルと共同で開発されると思われるのがbZ Large SUVだ。こちらはスバルの方が大きなマーケットを持っている、北米や中国向けのアウトバックの後継車としてみると、ちょうどいいサイズに見える。 システム的にも4WDに対応しているEVということから、グローバルで見るとそうした展開が予想される。もちろんトヨタのbZブランドでも市販されるだろうが、こちらはFFをメインとした車種構成になるかもしれない。 プレゼンテーションを行う豊田章男社長の真後ろという目立つ位置にある上に、赤いボディカラーがひときわ目をひいたbZ Small Crossover。次期パッソクラスではないかと言われている 最後に、「バッテリーEVに関する説明会」で豊田章男社長のプレゼンテーションの真後ろにあった赤いコンパクトカー、bZ Small Crossover。サイズ感から行って次期パッソクラスではないかと言われる。実際スモールクラスはダイハツと共同で開発される。 このあたりについてトヨタ関係者は、以下のように語る。 「このbZ Small Crossoverは、以前、アイゴのデザインコンセプトとして制作されたものではないか」 確かにほかのbZシリーズに比べデザイン的に共通性がない。とはいえこのモデルが今後、小さいSUVのひとつのデザイン指標になる可能性はあるという。 2021年11月に公開されたアイゴクロス。欧州市場向けのクロスオーバーだ。bZ Small Crossoverのデザインは元々アイゴのデザインコンセプトとして制作されたものではないかとの見方もある また、このコンパクトクラスのEV化はすぐにでもできるが、(今回発表された5台の「bZシリーズ」のなかでは)市販は最後のほうになるのではないか、とも語った。 理由は価格。現在ヤリスやパッソ、アクアも含め、100万円台でエコノミーなHV車が買えるなか、補助金があるとはいえ200万台後半から300万円台のコンパクトカーを売るのは相当難しい。 2021年11月、ダイハツは軽自動車クラスのEVを2025年までに100万円台で売ることを明らかにしたが、そのあとに同じシステムを使ってリッターカークラス、bZ Small Crossoverなどが完成することになりそう。 この3台についてトヨタ関係者もどんな計画を練っているのかは不透明としているが、いずれ登場してくる車種なのは間違いないとしている。.