文化・芸能, 舞台・演芸

文化・芸能, 舞台・演芸

35年抱いた夢かなえ「連獅子」 77歳の仁左衛門、孫の千之助と:朝日新聞デジタル

35年抱いた夢かなえ「連獅子」 77歳の仁左衛門、孫の千之助と

2021/10/27 9:04:00

35年抱いた夢かなえ「連獅子」 77歳の仁左衛門、孫の千之助と

片岡仁左衛門が11月の東京・歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」で、孫の千之助と「連獅子」を踊る。77歳の喜寿での親獅子は、本興行では最高齢だ。「35年間抱いていた願いがかなった公演です」と仁左衛門は語る…

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

【動画】大掃除でのけがに注意! 掃除中の事故は12月が最多 | NHKニュース

【NHK】12月に入り年末の大掃除をしようという人も多いと思いますが、東京消防庁によると掃除中にけがをして搬送される人は12月が一…

警察署キャラ、名前と見た目のギャップが話題 考案した副署長も驚き:朝日新聞デジタル奈良県警吉野署オリジナルのマスコットキャラクターがツイッターでちょっとした話題だ。「ヨッシーくん」と「さくらちゃん」というかわいらしい名前に対して、見た目のギャップが関心を呼んでいるようだ。 9月か… なんだか怖い…

スズメやツバメ減少 外来種は増加 約20年ぶり「野鳥の国勢調査」:朝日新聞デジタル国内で繁殖する野鳥の分布などを調べる約20年ぶりの全国調査で、スズメやツバメといった身近な鳥が1990年代に比べて減る一方、ペットとして持ち込まれたガビチョウなどの外来種が増えていることがわかった。… 雀はめちゃくちゃ減った 以前は家の前の電線に鈴なりだったのに全く来ない それとセミが減った 鬱陶しいくらい鳴いてたニーニーゼミがいつの間にかいなくなり、次はアブラゼミがいなくなり、ついに今年はツクツクボウシっとクマゼミがほぼいなくなった 九州の田舎で3m先が森なんだが日本大丈夫か 確かに、若いツバメは見なくなった。

日本一広い衆院選挙区、オホーツク海沿い駆け抜ける候補者たち:朝日新聞デジタル衆院選は24日、選挙期間中で唯一の日曜日を迎えた。北海道内は好天に恵まれ、オホーツク海沿岸で、日本一広い選挙区として知られる北海道12区の候補者たちは、選挙区内を駆け抜けるように遊説した。 北海道1…

「息子は間違いなく即戦力」公募で決まったが…世襲議員なぜ多い?:朝日新聞デジタル「国会議員にいわゆる『世襲議員』が多いのはなぜですか?」。SNSで情報交換しながら取材する「ニュース4U」の「教科書で学べない政治教室」に、福岡県の60代男性から寄せられた疑問。背景を探った。 菅直人の息子のことですか? 政治家として優れた人間がたまたま息子だった 世襲議員なぜ多い?→別に悪い事でもないんじゃない?タレント議員は、なぜ多い→有名人だから。 いわゆる「三バン」があるからでしょ? 「売名行為の排除」とそれらしい理由を挙げてるけど不確定要素に立候補して欲しくないからだよね? 「供託金」のOECD加盟国では飛び抜けて断トツの金額。 これを捨てる経済的余裕があり、かつ、投票数も読め、選挙経験者の後援会も付くとなれば当然の結果。

「人生を母には捧げない」それでも…離れてケアする23歳の迷い:朝日新聞デジタル昼夜を問わず届いていたLINEが、ここしばらく完全に途絶えている。 「今回は長くなりそう。いつ退院できるのかな」 愛知県内に住む女性(23)はスマホを見つめた。 「自分の人生、すべてお母さんに捧げる… 頑張って。

BTSも読んだベストセラーの著者が語る韓国社会 若者は変わった?:朝日新聞デジタルイラストレーターで作家のキム・スヒョンさん(34)は5年前にエッセー「私は私のままで生きることにした」を出版。若者の人生観や悩みをつづり、厳しい競争を強いる韓国社会に一石を投じました。BTSのJUN… 記事は全部読めませんが、筆者の考え方自体が韓国を映す鏡のようですね。 そんな反日国家の事なんて報道せんでええ!興味なし! そういった成功を手にするのは、韓国で5%に過ぎないと書いてありました。では、95%は敗者なの? 95%の人が「敗者」になってしまう社会構造のほうがおかしい。 そもそも'政治'はそういう社会にならないために存在するのだ