2週間天気 あす6日以降 気温高く 北ほど高温が顕著に(気象予報士 青山 亜紀子)

あす6日(月)以降、気温は北日本を中心に平年よりかなり高くなる日も。本格的な冬の到来は、まだ先に。

2021/12/05 0:08:00

【2週間天気 あす6日以降 気温高く 北ほど高温が顕著に】 あす6日(月)以降、気温は北日本を中心に平年よりかなり高くなる日も。本格的な冬の..

あす6日(月)以降、気温は北日本を中心に平年よりかなり高くなる日も。本格的な冬の到来は、まだ先に。

最低気温、最高気温ともに平年より高い所が多く、平年より5℃以上高い所も。北の地域ほど、気温の高さが顕著です。きょう5日(日)にかけては、北日本を中心に平野部でも雪の積もっている所があります。屋根から落ちる雪やなだれにご注意ください。また除雪作業をする際は、必ず2人以上で安全に行いましょう。後半:13日(月)~18日(土)後半の期間は、太平洋側は晴れる日が多いでしょう。北陸から北の日本海側は、曇りや雨の日が多くなりそうです。14日(火)に前線が通過した後は、強い寒気が流れ込む予想で、札幌は15日(水)以降、雪の降る日が続くでしょう。18日(土)は西日本を中心に雨が降りそうです。

気温の傾向は15日(水)頃を境に変わるでしょう。15日(水)頃までは北日本を中心に気温は平年より高い日が多く、仙台では最高気温が15℃近くまで上がる日もあるでしょう。16日(木)は一転して、北陸や東北、北海道の最高気温は、平年より低くなり、札幌は最高気温が0℃未満の冬日の予想です。関東から西では、極端な寒さはないものの、日ごとの気温差が大きくなるでしょう。

続きを読む: tenki.jp »

「ミスターモデルプレス」初代グランプリ・森田悠斗さん、人気配信者の一面 7年の活動背負い最後の挑戦<「モデルプレス連載」Vol.1> - モデルプレス

モデルプレスが次世代のスターを発掘する「ミスターモデルプレス」(※「ミスモデルプレス」も同時開催)で初代グランプリに輝いた、鹿児島県出身の森田悠斗(もりた・ゆうと/23)さんの連載がモデルプレスでスタート。全6回、半年にわたって展開される同連載の「Vol.1」では、受賞直後の様子とともに、彼の人となり、グランプリの心境、夢を叶える秘訣などを聞いた。 続きを読む >>

週末 北日本を中心に雪 晴れても寒い 来週は高温傾向に(気象予報士 青山 亜紀子)【週末 北日本を中心に雪 晴れても寒い 来週は高温傾向に】 この先1週間の天気と気温の傾向。週末は北日本を中心に雪。晴れる地域も冬の寒さ。来..

2週間天気 あす4日と5日は師走らしい寒さ その先は気温が高めの傾向に(気象予報士 戸田 よしか)【2週間天気 あす4日と5日は師走らしい寒さ その先は気温が高めの傾向に】 あす4日と5日は、全国的にこの時期らしい寒さに。その先はしばらく気温が平年より高..

【気象予測】この先、春と秋がなくなる?!【2週間天気】今年は10月でもすごく暑くて、一度片づけた夏服を引き出しから引っ張り出した人も多いのではないでしょうか?(私もその一人)「夏の取り組み」として実施されているクールビズも、実は、2020年までは「9月30日まで」と環境省が定めていたんですけど、今年からは実施期間を定めず、ひとりひとりの判断に任せられるようになったそ... ヨ ッ シ ー の た ま ご

「道路影響予測」4日(土)は冬型の気圧配置 北海道から北陸で雪や雨 車の運転注意(気象予報士 吉田 友海)きょう4日(土)は冬型の気圧配置になるでしょう。北海道や東北は日本海側を中心に雪が降り、局地的に降り方が強まりそうです。北陸は大気の状態が非常に不安定に。雨や雷雨で、山沿いを中心に次第に雪に変わるでしょう。

土日の関東甲信 日差しのもとでも空気は冷たい 山沿いは雪の降ることも(気象予報士 戸田 よしか)【土日の関東甲信 日差しのもとでも空気は冷たい 山沿いは雪の降ることも】 関東甲信は、平地では土日とも広く晴れ。ただ、昼間も空気は冷たいままとなりそう。山..

長野県で震度3の地震 津波の心配なし(気象予報士 日直主任)4日午前7時29分頃、長野県南部を震源とするマグニチュード2.8の地震が発生し、長野県で最大震度3を観測しました。この地震による津波の心配はありません。 続きますね・・・

あす6日(月)の日本付近は高気圧と高気圧の間、気圧の谷に。近畿や東海、北陸は昼頃から雨の降る所が多いでしょう。関東甲信も夕方以降は局地的に雨が降りそうです。7日(火)から8日(水)にかけては、東北南部でも雨が降るでしょう。9日(木)と10日(金)は全国的に晴れますが、11日(土)は再び気圧の谷が通過。北陸や東北、北海道の日本海側は曇りや雨となり、一時的にザッと雨脚が強まることもありそうです。その後は、一時的に寒気が流れ込んで、北海道は平地でも雪の降る所があるでしょう。 最低気温、最高気温ともに平年より高い所が多く、平年より5℃以上高い所も。北の地域ほど、気温の高さが顕著です。きょう5日(日)にかけては、北日本を中心に平野部でも雪の積もっている所があります。屋根から落ちる雪やなだれにご注意ください。また除雪作業をする際は、必ず2人以上で安全に行いましょう。 後半:13日(月)~18日(土) 後半の期間は、太平洋側は晴れる日が多いでしょう。北陸から北の日本海側は、曇りや雨の日が多くなりそうです。14日(火)に前線が通過した後は、強い寒気が流れ込む予想で、札幌は15日(水)以降、雪の降る日が続くでしょう。18日(土)は西日本を中心に雨が降りそうです。 気温の傾向は15日(水)頃を境に変わるでしょう。15日(水)頃までは北日本を中心に気温は平年より高い日が多く、仙台では最高気温が15℃近くまで上がる日もあるでしょう。16日(木)は一転して、北陸や東北、北海道の最高気温は、平年より低くなり、札幌は最高気温が0℃未満の冬日の予想です。関東から西では、極端な寒さはないものの、日ごとの気温差が大きくなるでしょう。 あさって7日(火)は二十四節気の大雪(たいせつ)。平地にも雪が積もり、本格的な冬を迎える頃と言われます。実際には、まだ日差しのもとでは暖かさも感じられる日もあり、季節の進みはゆっくりになるでしょう。