格闘技

格闘技

17歳で父になり、コンビニの廃棄弁当を食った「全てをかけていた」:朝日新聞デジタル

17歳で父になり、コンビニの廃棄弁当を食った「全てをかけていた」

2021/09/23 1:34:00

17歳で父になり、コンビニの廃棄弁当を食った「全てをかけていた」

世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトル戦が22日、京都市体育館であり、同級1位の矢吹正道(29)=緑=が、王者の寺地拳四朗(29)=BMB=を10回2分59秒TKOで下し、新王者になっ…

勝敗を分けたのは、執念の差だけだった。「この試合で死んでもいい」。矢吹はそう思っていた。その気迫が、4年以上もタイトルを守った寺地を崩した。8回終了後の公開採点はジャッジ3者とも矢吹を支持。9回、いつもは涼しい顔の寺地が鬼の形相で前に出てきた。よろめき、ゴングに救われた。「あきらめそうにもなった」。10回、頭をつけて打ち合い、最後は寺地をロープに釘付けに。新王者が誕生した。のように打っては離れ、相手に触れさせない寺地に対し、野性味で対抗した。空振りしても、連打しながら距離を詰める。「不細工でいい」と思っていた。ポイントで優位に立ち、結果的に自分が得意とする打ち合いに相手を引っ張り込んだ。「この試合に全てかけていた。これで引退してもいいと思っている」。真顔でそう言った。

厚さ7センチまで投函OK 新ポスト登場 - ライブドアニュース アイマス声優の成海瑠奈が「サンドリオン」脱退「活動困難となった」 - ライブドアニュース スターバックス新作チルドカップ「メルティチョコレートラテ」濃厚チョコ風味×まろやかミルク - Peachy - ライブドアニュース

家庭の愛に恵まれず、荒れた少年時代を過ごした。だからこそ、若くして築いた自分の家族を大切にした。長女の夢月さんが生まれたのは17歳の時で、妻の恭子さんは16歳だった。いつも金銭的に苦しく、矢吹はコンビニの廃棄弁当をもらって食べたこともある。昨年、日本王者になってからも建築業を続け、バスでジムに通った。試合直前、家族の写真を見てリングに上がった。本名は佐藤。リングネームは漫画「あしたのジョー」の主人公・矢吹丈にちなんだ。名前を売り、金を稼ぐためだ。大振りを続けたことでスタミナは尽きたが、「何とか耐えていたら、最後にチャンスが来た」。家族が見守る前で、夢をかなえた。

続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

ロシア大使、追放されたBBC特派員のモスクワ帰還に条件示す - BBCニュース

BBCのモスクワ特派員が今年8月にロシアを追放された問題で、ロシアの駐英大使はBBCに対して、イギリス政府がロシア人記者に査証(ビザ)を発行さえすれば、特派員のロシア帰還を認めると述べた。

元最高裁判事、国会召集先送りは「違憲」 53条訴訟で意見書提出:朝日新聞デジタル憲法53条に基づく野党からの臨時国会召集要求を98日間先送りした2017年当時の安倍内閣の対応の合憲性が争われている裁判で、「明白に違憲」とする元最高裁判事の浜田邦夫弁護士の意見書が裁判所に提出され… 朝日新聞の論調に合う人物の意見だけを載せて世論を誘導するな。この件に限らず。 愛読紙は赤い 憲法違反の疑惑を晴らす手段は法的にあるんだろうか? 安価に!

バチカン、入国者に接種証明など義務化 ミサ参加者は対象から除外:朝日新聞デジタルローマ教皇庁(バチカン)は20日、バチカン市国とイタリア国内のバチカン保有施設で、10月1日から新型コロナウイルスのワクチン接種や陰性の検査結果などの証明書の所持を義務づけると発表した。居住者や職員…

NY株、600ドル超の大幅下落 中国の不動産大手の経営危機で:朝日新聞デジタル米ニューヨーク株式市場で20日、主要企業でつくるダウ工業株平均は600ドル超値下がりして取引を終えた。巨額の債務を抱える中国の不動産大手・中国恒大集団の資金繰りへの懸念が中国経済全体の先行き不安につ… 武漢ウイルスの次はバブル崩壊? 中国バブル弾けた(• ▽ •;)日本市場にも影響があるのか 本気で懸念していたらもっと下がるが😓

コスモスの黄色に包まれて 9月いっぱい見ごろ:朝日新聞デジタル茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で、キバナコスモスやパンパスグラスが見ごろを迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休園していたが、県内の医療提供態勢が改善したとして県独自の非常事…

バチカン、訪問者に接種証明など義務化 ミサ参加者は対象から除外:朝日新聞デジタルローマ教皇庁(バチカン)は20日、バチカン市国とイタリア国内のバチカン保有施設で、10月1日から新型コロナウイルスのワクチン接種や陰性の検査結果などの証明書の所持を義務づけると発表した。居住者や職員… 除外対象が有るのって 義務の意味無くない?

低い山でも油断禁物! 登山中の事故増加、「命の綱」の届け出提出を:朝日新聞デジタル埼玉県内で登山中の事故が増えている。今年は8月末現在で昨年同時期より20件多い48件発生し、死者は倍の8人。計画が不十分だったり、装備品不足だったりする人が多く、県警が注意を呼びかけている。