その他のスポーツ

その他のスポーツ

14歳松島が躍動 「ポスト水谷」へ膨らむ期待 卓球Tリーグ | 毎日新聞

14歳松島が躍動 「ポスト水谷」へ膨らむ期待 卓球Tリーグ 東京は14歳の松島輝空と大島祐哉のペアでダブルスの第1試合に勝利し、波に乗りました。

2021/09/18 12:44:00

14歳松島が躍動 「ポスト水谷」へ膨らむ期待 卓球Tリーグ 東京は14歳の松島輝空と大島祐哉のペアでダブルスの第1試合に勝利し、波に乗りました。

卓球のノジマTリーグは18日、大分・杵築市文化体育館で男子の1試合があり、東京が岡山を4―0で降し、開幕2連勝とした。東京は14歳の松島輝空(そら)と大島祐哉のペアでダブルスの第1試合に勝利し、波に乗った。

左利きのプレーは大人びていた。松島は攻撃的なレシーブ「チキータ」を駆使して安定した試合運びを見せ、ミスから崩れることもない。第2ゲームは強烈なフォアハンドで試合を決めた。「1回目の試合で勝てたのは自信になる」と喜んだ。京都出身で小学生の頃から同世代のトップレベルで活躍してきた。6年生で出場した2020年1月の全日本選手権ジュニアの部(高校2年生以下)では、男子シングルスで準優勝した。卒業後、味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)を拠点に有望なジュニア選手を育成する日本オリンピック委員会(JOC)エリートアカデミーで鍛え、20年11月からTリーグに参戦している。

コロナ「デルタ株」の新たな変異 イギリスの感染増加に影響か - ライブドアニュース 『いないいないばあっ!』25周年 年末特番にモー娘。、GReeeeN、チョコプラ出演 - ライブドアニュース 病気休職中にラノベ4冊を出版し320万円の報酬 平塚市職員が停職 - ライブドアニュース

東京オリンピック混合ダブルス金メダリストでチームメートの水谷隼はこの日も出番はなかったが、試合中に松島は「積極的にチキータを出せ」などとアドバイスをもらった。松島は「将来、自分も同じ舞台(五輪)に立てる強い選手になって金メダルを取りたい」。中学2年生は「ポスト水谷」へ意欲を見せた。【吉見裕都】 続きを読む: 毎日新聞 »

ファストファッションの末路……不必要になった衣服の埋め立て地 - BBCニュース

ファストファッションのブランド企業は、現代のトレンドやニーズを満たすため、衣服を過剰に生産している。その結果、西アフリカの国々には毎週、対処しきれない量の古着が輸入され、その一部は埋め立て地へ直行するという。

入管女性死亡「最終報告は納得できない」 真相究明を求め学生ら会見 | 毎日新聞名古屋出入国在留管理局(名古屋市)で3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が死亡した問題で、収容中の監視カメラ映像の全面開示や再発防止策の徹底を求める署名活動をする学生たちが16日、東京・永田町の参院議員会館で記者会見した。約7万7000筆集まった署名の声を紹介した他、第三 こいつらを入官のインターンで受け入れて不法滞在者の相手をさせたら良いんじゃないの 仮放免したら同世代の同姓の子たちにどういうリスクがあるかってことも理解できるようになるだろうし 与党自民党に忖度する入管「自民党の総裁選、いや衆院選が終わるまで、決して監視カメラ映像は開示しません!」 与党自民党「おー、入管の役人ども、良く判ってるじゃんw」

トヨタ渕上、広島・栗林の思い継ぎ、強気の投球 都市対抗東海2次 | 毎日新聞都市対抗野球大会の東海2次予選は16日、愛知・岡崎市民球場で1回戦2試合があり、トヨタ自動車はJR東海に3―2でサヨナラ勝ちを収めた。新人ながらプロ野球界を代表するクローザーになった栗林良吏(広島)からエースの座を受け継ぎ、先発マウンドに立った2年目右腕の渕上佳輝がピンチの場面で強気の投球を披露し

全国で新たに5705人感染 木曜に1万人以下は7月22日以来 | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染者は16日、全国で新たに5705人確認された。木曜日の新規感染者が1万人を下回るのは7月22日以来。重症者は前日から91人減って1743人。死者は63人だった。

福岡市に市立夜間中学が誕生へ 空白地帯に「学びの場」歓迎の声 | 毎日新聞福岡市に2022年春、市立夜間中学が設置される。夜間中学の「公立空白地帯」だった九州・山口・沖縄では最も早い開設だ。さまざまな事情で義務教育を十分に受けられなかった人たちの「学びの場」誕生を関係者は歓迎するが、他の地域ではなかなか設置が進んでいない。

陸上選手を性的目的で盗撮容疑 京都府の迷惑防止条例違反で書類送検 | 毎日新聞陸上競技大会に参加していたユニホーム姿の女子高校生を性的な目的で執拗(しつよう)に撮影したとして、京都府警は16日、京都市右京区の会社員の男性(47)を府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで書類送検した。府警によると、アスリートに対する盗撮被害を巡り、迷惑防止条例違反で摘発するのは異例という。

パキスタンのイスラム武装勢力指導者「タリバンとの強い関係願う」 | 毎日新聞パキスタンのイスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」(TTP)の最高指導者、ヌール・ワリ・メスード師が毎日新聞の取材に応じた。メスード師は、隣国アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが20年ぶりに復権したことを歓迎し「両者の強い関係を願っている」と今後の連携強化に期待を示した。パキスタン政府 武装勢力という表現はテロリストのようだけれど、「勝てば官軍」の言葉通り、政権を握った方の軍隊が正規軍で、それに対峙する軍隊が「武装勢力」だと思う。 或いは、欧米に好意的でない軍隊が「武装勢力」と呼ばれている。アルカイダも米軍に協力してソ連と戦った間は武装勢力とは呼ばれなかった。