14歳の少女が「新型コロナウイルス感染症の治療薬につながる可能性のある分子」を特定して賞金260万円を獲得

14歳の少女が「新型コロナウイルス感染症の治療薬につながる可能性のある分子」を特定して賞金260万円を獲得

2020/10/20 8:00:00

14歳の少女が「新型コロナウイルス感染症の治療薬につながる可能性のある分子」を特定して賞金260万円を獲得

1日の新規感染者数がイギリスで1万人、フランスで3万人を突破し、ヨーロッパで感染が再拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、14歳の女子中学生が「治療薬につながる可能性のある分子」を特定して学生科学コンテストに優勝。2万5000ドル(260万円)の賞金を獲得しました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

トランプ米大統領が七面鳥に恩赦 2年前の感謝祭とは違い…… - BBCニュース

ドナルド・トランプ米大統領は24日、感謝祭(サンクスギビング、26日)で調理される予定だった七面鳥に恩赦を与えた。これはホワイトハウスの恒例行事の一つで、2羽の七面鳥が市民の投票にかけられ、うち1羽が大統領の恩赦を受ける。

日本でもやろうぜ‥… 広範な知識や調査が新たな発見に繋がる良い例。 結果もそうだけど、この過程に価値があると思う 様々な職種のノウハウを知る事とか でも、仕事となると今までのやり方を変える事は好まれない、、 10歳ぐらいサバ読んでない?