1000年前の「黄金のマスク」に人間の血が塗られていたことが判明

1000年前の「黄金のマスク」に人間の血が塗られていたことが判明

2021/10/28 8:00:00

1000年前の「黄金のマスク」に人間の血が塗られていたことが判明

1990年代初頭、南米・ペルーで約1000年前の墓が発掘され、中から黄金のマスクをつけた頭蓋骨が発見されました。この黄金のマスクは赤く塗られており、長らく原料が不明のままだったのですが、最新の分析により、原料に人間の血液が含まれていることが判明しました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

【イチロー氏】「プロの選手の中でも最高」のバットと金言を千葉明徳に贈る - 高校野球 : 日刊スポーツ

イチロー先生が、今度は千葉にやってきた。マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(48)が3日、千葉明徳を訪れた。2日から2日間の指導を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ジョジョの奇妙な冒険(1986〜) 発掘は90年代以降 流石、時をかける漫画家だな