10月の米求人、1103万件 採用数との差は過去最高(写真=ロイター)

10月の米求人、1103万件 採用数との差は過去最高

2021/12/08 20:47:00

10月の米求人、1103万件 採用数との差は過去最高

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が8日発表した10月の雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門の求人件数(季節調整済み、速報値)は1103万3000件で、前月から43万1000件増加した。一方、採用数は減っており、求人数と採用数の差は過去最高に達し、労働市場の逼迫が一段と進んだことを示した。求人件数は7月に次ぐ過去2番目の多さで、5カ月連続で1000万件を超えた。求人率は前月から0.2ポ

求人件数は7月に次ぐ過去2番目の多さで、5カ月連続で1000万件を超えた。求人率は前月から0.2ポイント上昇の6.9%となり、こちらも7月に次ぐ過去2番目の高さとなった。10月は新型コロナウイルスの新規感染者数が減ったため、宿泊・飲食サービスの求人件数が25万4000件増と大きく増えた。また非耐久財製造業(4万5000件増)、教育サービス(4万2000件増)などの増加も目立った。しかし、企業が実際に採用できた数は646万4000人で前月から8万2000人減った。採用率は4.4%で前月から横ばいだった。この結果、求人件数と採用数の差は過去最高の456万9000件となり、雇用のミスマッチが広がっている。新規採用ができず、スタッフの空席を埋められない企業が増え、飲食サービス業や製造業では、営業・稼働時間を短縮しているところもある。

Such Unluckly Moment Has Never Been Seen! The Scariest Sports Accidents

一方、自発的離職者数は415万7000人で、過去最高だった前月からは20万5000人減ったものの、依然高水準が続いた。雇用機会が豊富なため、より良い賃金・条件を求めて転職する人が増えている。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

地震火災 消火器で初期消火 逃げるタイミングも解説【実験動画】 | NHK

【NHK】あなたの初期消火が地震後の大規模火災を防ぐ力に。あきらめて逃げるタイミングも解説

[社説]米ロはウクライナ緊張緩和へ対話継続を(写真=ロイター)米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領がオンライン形式で協議した。緊張が高まるウクライナ情勢について平行線に終わったが、それぞれの担当者が継続して協議することで一致した。両国が話し合いで解決を目指す姿勢を示したことは前向きな兆候だ。一時的とはいえ緊張が和らぐ効果があったことは歓迎する。問題はこれを契機に和平につなげられるかどうかだ。お互いの主張に隔たりは大きい。欧州に火種を抱えたままで

[FT]オミクロン型でキャンセル頻発、英外食業界が悲鳴(写真=ロイター)英国で新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」を巡る政府のメッセージが錯綜(さくそう)している。大人数の会合がまだ許されるのかが不透明になっていることから、飲食店やイベント会場にクリスマスパーティーのキャンセル連絡が相次いでいる。飲食店などが加盟する業界団体、UKホスピタリティーによると、2021年末のパーティー予約は例年の見通しを30%下回っている。11月末にオミクロン型の感染者が国内で初

米国務長官「ジャーナリスト支持」 報道の自由議論(写真=ロイター)バイデン米大統領は9~10日に同盟国や友好国など約110カ国・地域を招いて「民主主義サミット」をオンライン形式で開く。開催に先立つ8日、報道の自由や女性の地位向上などについて議論する関連会合をオンラインで開催した。報道の自由についての会合では、ブリンケン米国務長官が「米国は世界中のジャーナリストたちの勇敢で必要不可欠な仕事を支持し続ける」などと発言した。この会合には2021年のノーベル平和賞

英も外交ボイコット 北京五輪、人権問題で米豪に続き(写真=ロイター)【ロンドン=中島裕介】英国のジョンソン首相は8日の英議会下院の討論で、北京冬季五輪への対応について同国の閣僚や官僚を派遣しない方針を示した。ジョンソン氏は「事実上の外交ボイコットになるだろう」と語った。選手団は予定通り参加させる意向も示した。英首相官邸の報道官は8日、英王室の出席についても「想定されていない」と語った。北京五輪を巡っては、米国に続き、オーストラリアが8日、中国の新疆ウイグル自治 次は日本の番。 日本は、自発的には、賛成も反対もできない。 みんながボイコット、だから私もボイコット。 やはり。アメリカ、オーストラリア、イギリスは同じアングロサクソン人ですからね。

[社説]中国は人権への懸念を深刻に受け止めよ(写真=ロイター)バイデン米政権が来年2月からの北京冬季五輪・パラリンピックに選手団以外の外交使節団を派遣しない「外交ボイコット」を発表した。新疆ウイグル自治区などでの中国の人権弾圧に抗議する姿勢を示す狙いからだ。中国は国際社会の批判を深刻に受け止め、改善に動くべきだ。人権の尊重は普遍的な概念であり、日本も目に見える形で懸念を伝える必要があろう。中国の人権をめぐってはウイグルや香港の情勢に加え、女子テニス選手 朝日と毎日、東京などは中国を擁護してアメリカ批判かな? 中国の人権問題を心配する前にさ、岸田政権下で進んでいるでワクチンによる自国民差別を取り上げろよ。

NYダウ続伸で始まる 上げ幅一時500ドル超(写真=ロイター)【NQNニューヨーク=横内理恵】7日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸して始まり、午前9時40分現在、前日比375ドル27セント高の3万5602ドル30セントで推移している。上げ幅が500ドルを超える場面もあった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」が米景気を悪化させるとの過度の懸念が和らぎ、景気敏感株が買われている。投資家が強きに傾き、主力ハイテク株の一角にも押し目買いが入っている