1/27開催【生損保・証券・銀行 管理者様向けウェビナー】「2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのDX推進ポイント」

1/27開催【生損保・証券・銀行 管理者様向けウェビナー】「2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのDX推進ポ...

1/27開催【生損保・証券・銀行 管理者様向けウェビナー】「2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのdx推進ポイント」 プレスリリース, ニュースリリース

2022/01/24 2:38:00

1/27開催【生損保・証券・銀行 管理者様向けウェビナー】「2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのDX推進ポ...

モビルス株式会社のプレスリリース(2022年1月24日 08時00分)1/27開催 生損保・証券・銀行 管理者様向けウェビナー [2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのDX推進ポイント]

リンクをコピーThe Support Tech Companyとして顧客サポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、2022年1月27日(木)15:30~オンラインセミナー「【生損保・証券・銀行 管理者様向け】2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのDX推進ポイント~変化に乗り遅れないための顧客対応自動化とは~」を開催します。2022年、新型株への懸念によって「対面営業や店舗での顧客サポート」の現状克服のため、20~50%ものコンタクトセンター増員を行う証券企業も出始めています。また、義務化の進む「自転車保険」、災害リスク懸念から高まる「災害保険」、巣籠需要で広がる「ペット保険」など…保険業界では市場ニーズと比例して、問い合わせ量も増加傾向にあります。

急速なネット銀行台頭に伴い、顧客の利便性から満足度、さらには収益化にまでつなげたいというお声も銀行・金融機関からは聞く機会が増えました。その一方で、オペレーターの採用難、多数の電話による応対品質低下、在宅勤務を進めたいものの「情報管理」がボトルネックとなって導入を進められない、結果的に「あふれ呼」が増えて顧客満足度が下がってしまう…など、金融業界では業務フローを自動化しようにも「課題」が山積みなことも確かです。このような中、有人オペレーター対応の限界をサポートするため、テキスト&チャットボット、ボイスボットによる顧客対応業務の自動化が業界各社で進んでいることをご存知ですか?

続きを読む: PR TIMESテクノロジー »

エンゼルス大谷翔平の次戦出場は不透明、菊池雄星との対決は「これから判断する」マドン監督 - MLB : 日刊スポーツ

「スター・ウォーズ・ナイト」の主役が、接戦のクライマックスで登場した。エンゼルス大谷翔平投手(27)が、27日(日本時間28日)のブルージェイズ戦で1点を追う… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

素材をダウンロード リンクをコピー The Support Tech Companyとして顧客サポート支援のソリューションを開発・提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏)は、2022年1月27日(木)15:30~オンラインセミナー「【生損保・証券・銀行 管理者様向け】2022年の金融カスタマーサポートにおける5つのDX推進ポイント~変化に乗り遅れないための顧客対応自動化とは~」を開催します。 2022年、新型株への懸念によって「対面営業や店舗での顧客サポート」の現状克服のため、20~50%ものコンタクトセンター増員を行う証券企業も出始めています。また、義務化の進む「自転車保険」、災害リスク懸念から高まる「災害保険」、巣籠需要で広がる「ペット保険」など…保険業界では市場ニーズと比例して、問い合わせ量も増加傾向にあります。 急速なネット銀行台頭に伴い、顧客の利便性から満足度、さらには収益化にまでつなげたいというお声も銀行・金融機関からは聞く機会が増えました。 その一方で、オペレーターの採用難、多数の電話による応対品質低下、在宅勤務を進めたいものの「情報管理」がボトルネックとなって導入を進められない、結果的に「あふれ呼」が増えて顧客満足度が下がってしまう…など、金融業界では業務フローを自動化しようにも「課題」が山積みなことも確かです。 このような中、有人オペレーター対応の限界をサポートするため、テキスト&チャットボット、ボイスボットによる顧客対応業務の自動化が業界各社で進んでいることをご存知ですか? 顧客接点のノンボイス対応を進めた企業によって成果にも差が出始めており、中には電話チャネル以外でチャットなどの「対応比率が50%」にまで向上し、コストカットにつながっている例もあります。 DX化における変化は、これまで収益とは縁遠いとされたカスタマーサポート部門の概念を変えていきます。