政治, 選挙

政治, 選挙

麻生氏と森氏も火花…半世紀ぶり保守分裂か 自民党員率全国一の富山知事選 - 毎日新聞

自民党員率全国一の保守王国で何が?富山県知事選は、自民県連内で支持が二分し、約半世紀ぶりの保守分裂が確実な情勢です。

2020/10/01 10:40:00

自民党員率全国一の保守王国で何が?富山県知事選は、自民県連内で支持が二分し、約半世紀ぶりの保守分裂が確実な情勢です。

任期満了に伴う富山県知事選(8日告示、25日投開票)は、自民党県連内で支持が二分し、約半世紀ぶりの保守分裂が確実な情勢だ。県連は5選を目指す石井隆一知事(74)=無所属=を推薦するが、高齢や、官僚出身者による多選を嫌う県議や富山市長らが新人の日本海ガス(富山市)前社長、新田八朗氏(62)=同=の支

「知事に年齢は関係ない。能力を買ってください」。自民党の麻生太郎副総理兼財務相は9月26日、富山市で党県連が開いた演説会でこう強調し、高齢批判をよそに石井氏を持ち上げてみせた。富山県知事は1969年の知事選以降、官僚出身者が占めてきた。2004年に就任した石井氏は消防庁長官まで上り詰めた元総務官僚。麻生氏をはじめ永田町や霞が関に豊富な人脈を有する。15年の北陸新幹線の金沢開業などの実績もあり、これまで自民党の支援で4期務めてきた。一方、翌27日に富山市で開かれた新田氏を激励する集会では、隣の石川県出身で新田氏の「長年の友人」という森喜朗元首相が動画メッセージを通じ、支援を明言した。新田氏は祖父が元富山県知事、実姉も北海道知事を4期務めた高橋はるみ参院議員(自民)という政治一家の生まれだ。

〈独自〉中国、尖閣で「領空侵犯」主張 海保機に退去要求 巨人、育成ドラフト6位で坂本勇人を指名 同姓同名の選手が誕生 - ライブドアニュース たくさん食べて体重を増やす! 越冬準備の「エゾモモンガ」(tenki.jpサプリ 2020年10月26日) - tenki.jp

森元首相は官僚出身の石井氏が築いた実績を認めつつも「少しお役所から来た知事を長持ちさせ過ぎるところがある」。さらに保守分裂となった昨年の福井県知事選で敗れた当時の現職に言及し「大変な力で(県を)締め付けていたけれど、県民はきちっと答えを出した」と持論を述べた。 続きを読む: 毎日新聞 »

NHK高知放送局 | いちばん動画

NHK高知放送局のホームページです。おもな番組、イベントなど、さまざまな情報をお伝えします。

年寄りしかいなくて笑った I_hate_camp 利権で食ってくしか生きていく道がないのでしょうね。 まあでもパヨクよりは保守の方がええでしょ

長年のライバルが合併「十八親和銀行」 地域振興にどう貢献? 2トップに聞いた 長崎 - 毎日新聞ふくおかフィナンシャルグループ(FFG、福岡市)傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)と十八銀行(長崎市)が合併した「十八親和銀行」が10月1日、発足する。店舗の統廃合などでコストを削減し生き残りを図るが、両行合わせた長崎県内の貸し出しシェアは7割を超え、新たな収益源の確保が急務となる。人口減などで地元

クックパッドニュース:10分で本格ティラミスも!今すぐ使える「裏ワザ」レシピを集めました - 毎日新聞

「責任あるリーダーシップを」 グテレス国連事務総長、コロナ死者100万人でメッセージ - 毎日新聞米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスによる死者数が29日、全世界で100万人を超えた。国連のグテレス事務総長は動画によるメッセージを公表し、「責任あるリーダーシップ」や「科学」「協力」が重要だと強調。「未来は私たちが結束できるかどうかにかかっている」と訴えた。メッセージは次の うーん、日本がアベノマスク配布などで躍起になっていた際、「布マスクは感染を防ぐ効果が無い」とか当初は国外で揶揄してたのを、日本人としてはまだ忘れられない中での、このコメントですか…

「昼寝用!?」オフィスに横になれるベッドが必要な理由 | 産業医の現場カルテ | 佐藤乃理子 | 毎日新聞「経済プレミア」田島さん(仮名、30代男性)は、従業員数50人超のITベンチャー企業の総務担当者です。私は田島さんから「従業員から気分転換のためのスペースに横になれる場所がほしいといわれたのですが、必ず備えなければならないのでしょうか?」と聞かれました。 毎日新聞さんの社員さん達はどうしているんですか?

メルケルの歩み:サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身 - 毎日新聞その夜、旧東ドイツ・東ベルリンに住む35歳の女性物理学者は、友人と一緒にサウナに入っていた。のちのドイツ首相、アンゲラ・メルケル。当時、彼女にとってサウナは毎週の楽しみだった。だがこの夜、サウナを出ると人々は騒然としていた。様子がおかしい。実は汗を流している間に、東ベルリン市民が西側へとなだれ込ん

公明・山口代表 不妊治療の公的支援「事実婚も対象にすべきだ」 - 毎日新聞公明党の山口那津男代表は29日の記者会見で、政府が目指す不妊治療の公的支援拡大について「不妊治療を行う実態は法律上の婚姻関係にある方とは限らない」と述べ、事実婚の夫婦も支援対象に加えるべきだと主張した。 写真が上目遣い、、、 「二階」を気にしている、と深読みされそうです。 コバンザメ公明党のくだらない主張。15年間無投票で7選の山口代表のどうしようもない存在。