鷹に衝撃、マルティネス退団へ 来季V奪回期す藤本新体制に大きな痛手 - プロ野球 : 日刊スポーツ

鷹に衝撃、マルティネス退団へ 来季V奪回期す藤本新体制に大きな痛手 #npb #sbhawks #ソフトバンク #マルティネス

Npb, Sbhawks

2021/12/03 4:08:00

鷹に衝撃、 マルティネス 退団へ 来季V奪回期す藤本新体制に大きな痛手 npb sbhawks ソフトバンク マルティネス

鷹に衝撃が走った。 ソフトバンク のニック・ マルティネス 投手(31)が今季限りで退団することが2日、決定的になった。この日 NPB から公示された22年の契約保留選手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

日本ハムから移籍1年目の今季は単年契約。球団は来季以降も戦力として期待しており、残留に向けて交渉していたが、合意に至らなかった模様だ。マルティネスは東京五輪にも出場し、米国代表の銀メダル獲得にも貢献。さらに21試合中20試合でクオリティースタート(QS、6回以上自責3以内)を果たすなど、抜群の安定感を誇った。エース千賀と並ぶ投手陣の柱がいなくなるのは大きな戦力ダウン。球団は早急に代役新外国人投手の獲得調査を進める方向だ。一方で若手投手陣の競争、底上げにも力を入れる。藤本博史監督(58)は「ピッチングコーチにも話して、先発候補は多めにする予定です」と話しており、今季中継ぎだった田中、大関らを先発に転向させる方針。プラスに考えれば、若手には大きなチャンスが訪れる。藤本監督も目の色を変えた若鷹台頭を願ってやまないだろう。いずれにせよ、実績十分の千賀、石川、東浜に加え、ベテラン和田や今季開幕ローテーションに入った笠谷らも交えた先発陣の再編は不可欠。来季構想の練り直しが迫られる。

◆ニック・マルティネス 1990年8月5日生まれ、米フロリダ州マイアミ出身。フォーダム大を経て、11年ドラフト18巡目でレンジャーズ入り。14年メジャーデビュー。18年に日本ハム入りし、10勝を挙げるが、19年は右腕などの故障で1軍登板はなく、20年も2勝に終わり自由契約となった。今年1月末にソフトバンク入り。21試合で9勝4敗、防御率1・60。東京五輪では米国代表。185センチ、90キロ。右投げ左打ち。

続きを読む: 日刊スポーツ »

息子はウクライナに派兵されるはずではなかった……ロシアの母親の闘い - BBCニュース

徴兵された兵士はウクライナに派遣しないと政府に約束されていたはず……と、息子たちを取り返すために闘ったロシアの母親に、BBCが話を聞いた。 続きを読む >>

ニックはファイターズに戻ってくると確信している。

楽天オコエ瑠偉が左膝手術、2月の左手首に続き 岩見も右肘手術 - プロ野球 : 日刊スポーツ楽天は1日、オコエ瑠偉外野手(24)が左膝を手術したことを発表した。11月30日に千葉県内の病院で、関節軟骨欠損症の自家軟骨移植術を受けた。今後はリハビリ状況… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

巨人最長タイ、坂本勇人が志願の8年連続主将「たいしたもの」原監督も快諾 - プロ野球 : 日刊スポーツ巨人坂本勇人内野手(32)が来季もキャプテンを継続することが決まった。head--【関連記事】巨人ニュース一覧はこちら―>--https://www.… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 勇人頑張って、来年も読売ジャイアンツを支えて下さい頼みます。 期待しております。 日本一になるまで、主将として頑張って!応援しま~す。

楽天がヤンキース自由契約のギッテンズ獲得へ交渉大詰め 右の長距離砲 - プロ野球 : 日刊スポーツ楽天は1日までに、ヤンキースから自由契約となったクリス・ギッテンズ内野手(27)との獲得交渉が大詰めに入った。ギッテンズは193センチ、113キロの大柄な一塁… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【一覧表】「野球殿堂入り」各部門に新候補 黒田博樹、三浦大輔氏ら追加 - プロ野球 : 日刊スポーツ野球殿堂博物館は1日、「2022年野球殿堂入り候補者」を発表した。プレーヤー表彰では、メジャーや広島で活躍し、日米通算203勝の黒田博樹氏(46)、大洋、横浜… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

DeNA宮国は現状維持 8月に支配下「また来年頑張っていこうと」 - プロ野球 : 日刊スポーツDeNA宮国椋丞投手(29)が2日、横浜市内で契約更改交渉に臨み、年俸840万円の現状維持でサインした。「去年の今ごろは契約更改の場に立てなかったので、幸せな… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【ゴールデン・グラブ賞】パ・リーグ全投票結果 オリックス山本は245票 - プロ野球 : 日刊スポーツ NPB の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデン・グラブ賞が2日、発表された。選考は全国の新聞、通信、放送各社の プロ野球 担当者の投票で行われた。パ・リーグの全投… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 誰だよ紅林に入れた10人と正尚に入れた22人! 確かにオリックスはGGの得票少ないとは言ったけどさぁ、どう考えてもこの二人はGG賞で投票されるのおかしいだろw

鷹に衝撃が走った。ソフトバンクのニック・マルティネス投手(31)が今季限りで退団することが2日、決定的になった。この日NPBから公示された22年の契約保留選手名簿から外れ、自由契約選手として公示された。さらに同日、米メディアでパドレスと契約合意に達したという報道も出た。今季先発で21試合に登板し9勝4敗、防御率1・60と活躍した助っ人右腕の流出は、来季V奪回を期す藤本新体制の大きな痛手だ。 日本ハムから移籍1年目の今季は単年契約。球団は来季以降も戦力として期待しており、残留に向けて交渉していたが、合意に至らなかった模様だ。マルティネスは東京五輪にも出場し、米国代表の銀メダル獲得にも貢献。さらに21試合中20試合でクオリティースタート(QS、6回以上自責3以内)を果たすなど、抜群の安定感を誇った。エース千賀と並ぶ投手陣の柱がいなくなるのは大きな戦力ダウン。球団は早急に代役新外国人投手の獲得調査を進める方向だ。 一方で若手投手陣の競争、底上げにも力を入れる。藤本博史監督(58)は「ピッチングコーチにも話して、先発候補は多めにする予定です」と話しており、今季中継ぎだった田中、大関らを先発に転向させる方針。プラスに考えれば、若手には大きなチャンスが訪れる。藤本監督も目の色を変えた若鷹台頭を願ってやまないだろう。いずれにせよ、実績十分の千賀、石川、東浜に加え、ベテラン和田や今季開幕ローテーションに入った笠谷らも交えた先発陣の再編は不可欠。来季構想の練り直しが迫られる。 ◆ニック・マルティネス 1990年8月5日生まれ、米フロリダ州マイアミ出身。フォーダム大を経て、11年ドラフト18巡目でレンジャーズ入り。14年メジャーデビュー。18年に日本ハム入りし、10勝を挙げるが、19年は右腕などの故障で1軍登板はなく、20年も2勝に終わり自由契約となった。今年1月末にソフトバンク入り。21試合で9勝4敗、防御率1・60。東京五輪では米国代表。185センチ、90キロ。右投げ左打ち。 Sponsored