新型肺炎, 新型コロナウイルス, 国政, 医療・健康・福祉(アピタル), ライフ, 介護

新型肺炎, 新型コロナウイルス

高齢者に忍び寄るコロナ二次被害 新しい生活様式で:朝日新聞デジタル

高齢者に忍び寄るコロナ二次被害 新しい生活様式で #新型肺炎 #新型コロナウイルス

2020/06/04 0:12:00

高齢者に忍び寄るコロナ二次被害 新しい生活様式で 新型肺炎 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス の感染拡大を防ぐために政府が掲げる「新しい生活様式」によって、お年寄りの心身の活力が低下する「フレイル(虚弱)」や要介護度が進むことが心配されている。外出の自粛や人との接触を控える…

男性は10年以上前に脳内出血を起こし、半身まひが残る。週2回、デイケアに通うなどして懸命にリハビリし、団地の3階にある自宅に階段で1人で上り下りできるまでに回復。要介護度も当初の4から3に改善していたところだった。男性の妻は「夫はコロナの余波を受けてしまった」と話す。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

日医会長5期目へ横倉氏が立候補表明 一時は引退検討も:朝日新聞デジタル日本医師会(日医)の横倉義武会長(75)が1日、5期目をめざして会長選挙に立候補する意向を正式に表明した。この日は中川俊男副会長(68)も立候補を表明。選挙は27日にあり、会長やほかの役員が決まる。…

経済回復、世界の先駆けに見えるけど……中国の内憂外患:朝日新聞デジタル■経世彩民 福田直之の目 2月の「経世彩民」で報告した北京市の風景は、 新型コロナウイルス の厳しい感染防止策のなかで、どんよりと沈んでいた。3カ月がたった今、統計上の感染者はほとんど出ておらず、街の様子… アメリカは中国への敵意を顕にした。 中国国民は充分わかっている。戦うしかない。 中国は世界制覇の野心がそもそもありません。アメリカ政府が必要も無い制圧をかけてくる、 トランプ大統領がやくざのような振る舞いをして世界平和を脅かししている。 「経世彩民」って造語が有るんですか?経世済民をベースにどんな意味が付加されているのかな。

琵琶湖に浮かぶ島の5棟 秀吉大坂城の豪華な橋を移築?:朝日新聞デジタル琵琶湖に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)(滋賀県長浜市)の宝厳寺(ほうごんじ)の唐門(からもん)(国宝)など4棟と隣接する都久夫須麻(つくぶすま)神社(竹生島神社)の本殿(国宝)の計5棟が、豊臣秀吉が建て…

消毒液噴霧で「空間除菌」は根拠なし 国「推奨しない」:朝日新聞デジタル 新型コロナウイルス の感染対策として、消毒液を噴霧して「空間除菌」を図ろうとする動きがある。だが拭き取りなどで物品を消毒する効果が確認された界面活性剤を含め、噴霧によって空間を消毒・除菌する方法は確立… 新型コロナ 感染症対策 あたりまえ。 それと紫外線照射についていえば、効果は消毒液噴霧よりもあるだろうけど、その代わり人に向けてやったら絶対ダメ。 人の居ないところで時間をかけて行わないと。百害あって一利なし。 祈祷しかないな… 体に悪そう

「アメトーーク!」に「逃げ恥」 バーチャル背景ブーム:朝日新聞デジタル「アメトーーク!」に「半沢直樹」、「ちちんぷいぷい」――。テレビ各局が、人気番組の画像を使った「バーチャル背景」を次々と無料で公開している。コロナ禍で急増したリモート会議だけではなく、オンライン飲み… 今日やで!ちゃんと報道しろよ

感染者と接触、アプリで通知 自由の国フランスでも承認:朝日新聞デジタルフランスの上下院は、 新型コロナウイルス の感染再拡大を防ぐため、感染者と接触した人を追跡するためのスマホ用アプリの導入を賛成多数で5月27日に承認した。今月2日にも運用が始まる見通し。英国も同種のアプ… 朝日新聞の大好きな韓国は、携帯電話の電波から感染経路を特定しているぞ。他の国でも感染を防ぐために自由を一部制限している。だけど朝日新聞は何も批判しない。何故なら朝日新聞が嫌いなのは日本とアメリカだけだからだ。