高校野球:国学院栃木 攻めの継投 智弁和歌山の連覇阻む

2022/08/13 23:15:00

国学院栃木 攻めの継投 智弁和歌山の連覇阻む #スポーツ

国学院栃木 攻めの継投 智弁和歌山の連覇阻む スポーツ

全国高校野球選手権大会は13日、2回戦4試合が行われた。国学院栃木(栃木)は4投手の継投で大会連覇を狙った智弁和歌山(和歌山)に逆転勝ちして、初の2回戦突破。敦賀気比(福井)は市船橋(千葉)の追い上げをかわして、3大会

連続の3回戦進出となった。新型コロナウイルスの集団感染により、抽選会で第8日に割り振られた4校の対戦では、浜田(島根)が有田工(佐賀)に競り勝ち、九州学院(熊本)は猛打で甲子園初勝利を目指した帝京五(愛媛)を退けた。 国学院栃木は1点を追う六回に平井と長田の適時二塁打で逆転し、八回に平井がソロ本塁打。智弁和歌山はスクイズなどで手堅く攻めたが、相手の小刻みな継投に強力打線が力を発揮できなかった。 奇策にも見える小刻みな継投を、国学院栃木の 柄目(つかのめ) 監督は「受け身ではない、全員を使うため攻めた采配」と胸を張った。4投手をつぎ込む先手必勝のリレーで、夏連覇を狙った智弁和歌山を春夏の甲子園での対決3度目にして初めて撃破した。 先発は背番号11の左腕・中沢。得意のスライダーを軸に2回を2失点と粘り、三回は三塁手の平井が1回を無失点。四回からは1メートル86の長身右腕・中川が、直球を軸に押して2回を無失点と、五回までに3投手をつぎ込んで2失点に抑えた。同点で折り返す「理想以上の展開」(柄目監督)で流れをつかんだ。 六回のマウンドには、1回戦で完投した背番号1の盛永が満を持して登板。立ち上がりに1点を失ったが、七回以降は得点を許さず勝ち切った。和歌山大会5試合計45得点の打線が機能せず、智弁和歌山の中谷監督は「継投は予想していたが、対応できなかった。相手の気迫に負けた」と脱帽するしかなかった。 八回にソロを放って投打で活躍した平井は「チャレンジャーとして攻めきれた」と振り返った。しかし、すぐに「強豪に勝ったのは自信だが、智弁和歌山に勝つのが目標ではない」と力を込めた。目指すは春夏の甲子園での最高成績であるベスト4。そして、その先へ。37年ぶりとなる夏で、まだまだ暴れるつもりだ。(永井順子) 前回王者の智弁和歌山が、国学院栃木の4投手をつぎ込む継投策の前に、まさかの初戦敗退を喫した。中谷監督は「狙い球の徹底など、僕の指示不足」と肩を落とした。8安打を放ったが、2点を挙げた二回以外に連打はなく、強打が看板のチームには珍しく長打も九回の山口の二塁打1本に終わった。4打数無安打に封じられた4番岡西は「どの投手も制球がよく、やりにくかった」と脱帽。連覇を絶たれ「自分たちの実力が足りなかった」と唇をかんだ。 国学院栃木・柄目監督「継投は計画通り。全員で攻めるという選手起用だった。点を取られたら取り返すイメージで戦えた」 智弁和歌山・中谷監督「(連覇がならず)いろいろなものを選手に背負わせすぎた。監督の責任を感じる」.有田工-浜田、九州学院-帝京五、智弁和歌山-国学院栃木、敦賀気比-市船橋/甲子園速報中 [2022年8月13日8時15分].[%=update_time.国学院栃木は昨年優勝の智弁和歌山(和歌山)に5―3で競り勝った。2―3の六回に4連打で逆転。4投手が小刻みに継投し、初の16強入りを決めた。 浜田は有田工(佐賀)を5―3で破った。同点の六回に3点を奪い、終盤の反撃をしのいだ。九州学院は19安打を集め、初出場の帝京五(愛媛)に14―4で快勝した。 第4試合は敦賀気比(福井)―市船橋(千葉)。.

続きを読む:
読売新聞オンライン »
Loading news...
Failed to load news.

有田工-浜田、九州学院-帝京五、智弁和歌山-国学院栃木、敦賀気比-市船橋/甲子園速報中 - 高校野球 : 日刊スポーツ甲子園大会第8日は2回戦4試合。第1試合は有田工(佐賀)-浜田(島根)、第2試合は九州学院(熊本)-帝京五(愛媛)、第3試合は智弁和歌山-国学院栃木、第4試合… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【甲子園】智弁和歌山「魔曲」ジョックロック発動にネット歓喜「本家本元」「耐えた国栃すごい」 - トピックス|Infoseekニュース◆第104回全国高校野球選手権大会第8日▽2回戦智弁和歌山―国学院栃木(13日・甲子園)智弁和歌山のアルプスでは2【トピックス】

国学院栃木、昨年王者破る 浜田、九州学院も3回戦へ―全国高校野球:時事ドットコム第104回全国高校野球選手権大会第8日は13日、甲子園球場で2回戦が行われ、国学院栃木(栃木)、18年ぶりに出場の浜田(島根)、九州学院(熊本)が3回戦に進んだ。

【夏の甲子園】夏連覇を目指す智弁和歌山がまさかの初戦敗退 中谷監督「連覇を背負わせてしまった」「彼らと戦うことができて、幸せでした」【夏の甲子園】夏連覇を目指す智弁和歌山がまさかの初戦敗退 中谷監督「連覇を背負わせてしまった」「彼らと戦うことができて、幸せでした」 日テレNEWS 夏の甲子園

国学院栃木、浜田が3回戦へ 九州学院、敦賀気比も―全国高校野球:時事ドットコム第104回全国高校野球選手権大会第8日は13日、甲子園球場で2回戦が行われ、国学院栃木(栃木)、18年ぶりに出場の浜田(島根)、九州学院(熊本)、敦賀気比(福井)が3回戦に進んだ。

高校野球:浜田 攻守で底力 守りで流れ「いつも通り」全国高校野球選手権大会は13日、2回戦4試合が行われた。国学院栃木(栃木)は4投手の継投で大会連覇を狙った智弁和歌山(和歌山)に逆転勝ちして、初の2回戦突破。敦賀気比(福井)は市船橋(千葉)の追い上げをかわして、3大会