鉄道, 兵庫

鉄道, 兵庫

駅に咲いた、ことばのサクラ きっかけは2人の若手駅員:朝日新聞デジタル

駅に咲いた、ことばのサクラ きっかけは2人の若手駅員

2021/04/20 4:50:00

駅に咲いた、ことばのサクラ きっかけは2人の若手駅員

満開の「桜」が、今も駅の構内で咲いている。「みんなに明るい春が来ますように」「新生活、頑張るぞ! あきらめない!」。花びらを模した紙に、思い思いのメッセージがあふれる。 兵庫県加古川市にあるJR加古…

2人は勤務時間の合間を見つけて桜の花びらをつくった。一枚一枚手作業で切る姿を見て、同僚たちも次々に加わった。駅職員約40人、みんなで協力して仕上げた。隣の宝殿駅で倉庫に眠っていた黒板を引っ張り出し、3月31日の夜、メッセージが書かれた花びらを丁寧に貼り付けた。4月1日の朝、メッセージで満開になった桜が駅にお目見えした。黒板には、白のチョークで「この現状がいつまで続くかわかりませんが、つらい経験はいつか人生の糧になります」。駅員代表としての内山さんの言葉だった。「同じような経験をした人の言葉なら伝わるはず」と大西さんが頼んだ。

愛知、福岡の緊急事態宣言は12日から - ライブドアニュース 酒・カラオケ店の休業要請継続へ 緊急事態延長、7日最終判断 - ライブドアニュース 文明堂がスポーツのために開発 バータイプの「補給食用カステラ」発売 - ライブドアニュース

駅利用客らが足を止め、写真を撮り、SNSでも瞬く間に広まった。「心温まりました」「粋な計らいですね」「素敵な企画をありがとう」――。感謝を伝える書き込みであふれていた。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

米西部に暮らすノマドたち アカデミー賞3冠「ノマドランド」の世界 - BBCニュース

アメリカ西部には、車やキャンピングカーで旅をしながら暮らすノマドのコミュニティーがある。同地域を放浪するホームレス女性を描き、アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞を獲得した映画「ノマドランド」は、そうしたノマドの暮らしを参考にしている。